ゴスペル「I Call You Faithful 」歌詞の意味と解釈。

アリオ倉敷コンサート


こんにちは。

家族みんな元気で感謝感謝なMaikoです。

もも子(5歳)のインフルA型発症が嘘ように、もも子もうめ子(2歳)も私も旦那も、全員元気です。よかった。

ってことで、今日は土曜日。心置きなく、生きがいのゴスペルに行ってきました。3月18日の倉敷音楽祭水上ステージに向けて、今日から楽譜をとっての本格練習が始まりました。

ソロ決定☆

曲順も決まり、私は「Oh Happy Day」、「I Call You Faithful」、「Seasons of Love」の一部をさせていただけることになりました。嬉しい!頑張るぞ。

私は数いるゴスペルシンガーの中でも、ドニー・マクラーキンが大好きです。初めて聞いた「Agnus Dei」には、心が震えました。あまりの声の深みと暖かさに、涙まで出てきました。神様の声だと思いました。

そのドニーの曲をソロで歌えることは、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。

「I Call You Faithful」はとても気持ちがよく、明るい曲です。私はこういう単純で明るくて前向きな曲が大好物です。Y.Sゴスペルクワイアはバンドがいないので、繰り返しはだいぶ減らします。長々やってると聴いてる方も歌っている方も飽きてきちゃうので。

この曲のソロは、早くから先生にご指名をいただいていました。曲全体を何回も何回も聴いて、使えそうなフレーズを適当に組み合わせて構成しました。元曲の通りは構成上できないし、声質も全然違うので、女性ソロとして曲の流れるような気持のいい雰囲気が出るように考えました。といっても感覚で歌ってるから毎回変わっちゃうんだけど(笑)本番では青空のもと、柳が揺れる春風の中、川の上で歌えるはず★今からとっても楽しみ!絶対、気持ちいい。

↑イントロが抜けてますが、本番に向けて頑張っています。

I Call You Faithful 歌詞と意味

I call you holy, your name is holy.

私はあなたを神聖と呼びます。あなたの名前は神聖です。
You are so holy to me.

あなたは私にとって本当に神聖なんです。
I call you holy, your name is holy.
 Holy you are and holy you’ll be.

あなたはなんて神聖なんだろう。この先もずっと…。
 
Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah.

以降、holy(神聖)の部分が、rightous(正義)、awesome(畏怖)、faithful(誠実)、healer(癒す人)、savior(救世主)、all that(そのすべて)に変わるだけの単純明快な曲です。

私なりの解釈

この曲は直接的には神様のことを言っているんだけど、これって、自分にも言いきかせる曲だな。と思っています。私は無宗教ですが、神様はいると信じています。そして、どんな人でも、自分の中にも神様はいると思っています。宇宙と表現される本を最近たくさん読みましたが、とにかく内側でつながってるんだと思います。

だから、自分自身も「holy」であり、「rightous」であり、「savior」なんだと思います。それを思い出し、信じるということを同時に歌っている曲だと解釈しました。私はそう思って神様と同時に、自分を信じるように想いを込めて歌っています。

ソロと瞑想

先日、瞑想にはじっと静かにしていて入る静的瞑想とマラソンやスポーツの試合中に入るような、動的瞑想があると知りました。

瞑想をするぞ!と思ってしたことないのですが、私は今までのステージでソロを歌ってるとき、さっきまでものすごく寒かったのに、歌い出したらまったく寒さを感じず、声も震えない。歌以外のことは本当に何にもなくなり、歌い終わって気が付くと手足や口元がしびれていることがよくありました。目元がピクピク痙攣しているようなときもあります。

本番のステージ上でしかこの感覚にはなりません。それも、毎回なるとも限らない。本を読んでいてハッと思ったけど、これは動的瞑想の一種なんじゃないかと思いました。ゴスペルは内容が内容だけに、歌詞に集中して入り込んでいるうちにこの状態に入りやすいんじゃないかな。

ゴスペルを始めたばかりのころは恥ずかしさもあって、こんな感覚にはなれなかったけど、思い返せばここ何年か、毎回ステージ上でこの感覚になってる。本当に歌えることが楽しくて楽しくて仕方がない。恥ずかしいとかもうどうでもよくて、歌っていれば幸せ。歌えば歌うほどエネルギーが満ちて来て、明らかに精神も体も元気になるんです。

ゴスペルで瞑想できてるのかも。瞑想についてよくわからないから違うかもしれないけど。

新たな課題。「Oh Happy Day」

今回のステージに向けて、ソロの特訓を自分でしています。先生は基本スパルタなので、いつも次のレベルアップのための課題を出してくださいます。今回の課題は、オクターブの超高音を出すこと。もう、難しいったらありゃしない(笑)音程を絶対外したくないし、大きすぎても気違いじみた感じになる。今はまだまだへたっぴ過ぎてひどいもんだ…。本当に新しい領域に手を伸ばしてる感じです。

ほっぺを上に上にあげ続けていくイメージで出したらいいそうです。一日に何度も練習するのもダメ。のどを痛めるから。

とにかくマスターに向けてチャレンジしています。本番まであと2週間。現状は汚すぎて耳をふさぎたくなるけど、逃げずに絶対マスターしてやる!!!

2017倉敷音楽祭町並みコンサート

倉敷美観地区内水上ステージにて

3月18日(土)14時半から

お暇な方はぜひ、聴きに来てくださいね★

総社ゴスペルもよろしく★   http://sojagospel.com/

関連記事

ホリエモン実験進行中★準備万端なんて存在しない。好きなことを仕事にした人のブログ

ゴスペル「Oh Happy Day」の真意を会得!当たり前じゃないことに気づき、感謝する歌

2017倉敷音楽祭町並みコンサートY.S.ゴスペルクワイア出演決定★

くらしききらめきのみちコンサートY.S.ゴスペルクワイア

アカペラアプリでゴスペル「Lay down my burdens」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

子育てと仕事の最適バランスを求め、 正規小学校教員を退職。 教員の経験と歌の才能を活かし、 平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、 同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。 さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。 1980年生まれ。 5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。 岡山県在住。 趣味はゴスペル、アカペラ、読書。 子育てを中心に、 岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。 ホリエモン・本田健さん大好きです。 自己啓発セミナーにも複数回参加し、 『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、 ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。 斎藤一人さんを初め、 スピリチュアルな話も大好きです。 子育てをしながら、 一人の女性としても自分の世界を持っていたい。 平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!