God Speaking Mandisa ゴスペル 和訳

岡山ママブロガーのマイコです。ゴスペルが大好きです。

久しぶりに聞きたくなったゴスペル曲を、和訳してみました。

初めて聴いた時、ただただ、涙が出た曲です。

透明感のある歌声に、深い歌詞。

私なりの解釈を加えて訳してみました。

『God is speaking』

Have you ever heard a love song
That set your spirit free
精神が解放されるような、ラブソングを聴いたことがある?

Have you ever watched a sunrise
And felt you could not breathe
息をするのを忘れるくらいの、朝陽を見たことは?

What if it’s Him
それが、彼だとしたら…。

What if it’s God speaking
神が、あなたに、話しかけてるのだとしたら…。

Have you ever cried a tear that
You could not explain
わけもなく、涙が出てきたことは?

Have you ever met a stranger
Who already knew your name
初めてのはずなのに、すでに、あなたの名前を知っている人に出逢ったことは?

What if it’s Him
それが、彼の仕業だとしたら…。

What if it’s God speaking
神が、あなたに、話しかけてるとしたら…。

Who knows how He’ll get a hold of us
彼が、私たちに、どんなふうに関わろうとしているのか、知っている人はいる?

Get our attention to prove He is enough
私たちに、気づかせようとしてるの。
いつだって、どこにでも、神様は十分にここに存在し、宿っていること。

He’ll do and He’ll use
Whatever He wants to
彼は、何だってできるし、どんなことだって、利用する。

To tell us I love you
私たちに、『愛してる。』と、伝えるために。

Have you ever lost a loved one
Who you thought should still be here
もっと、そばにいてほしかった、愛する人を失った経験は?

Do you know what it feels like
To be tangled up in fear
それは、とにかく怖くて、身動きが取れなくなるほどだってこと、あなたは知ってる??

What if He’s somehow involved
どうにかして、彼があなたに関わろうとしているんだとしたら…。

What if He’s speaking through it all
その全てを通じて、あなたに語りかけているのだとしたら…。

His ways are higher
彼の方法は、いつだって、人智を超えていて…。

His ways are better
いつだって、素晴らしい…。

Though sometimes strange

What could be stranger
Than God in a manger
時々、奇妙に思えたとしても、神様が馬舎に現れたほど、不思議な事なんてない。

God is speaking
神はいつも、話しかけてる。

I love you
あなたを愛してるって。

ゴスペル『I believe God 』by Kurt Carr Singers 歌詞の意味

2019年3月6日
星空

ゴスペル『The prayer 』歌詞の意味

2019年2月23日

ゴスペル『It’s a good day』歌詞の意味と解釈

2018年4月14日

ゴスペル『For Every Mountain』歌詞の意味

2017年7月24日

ゴスペル『Oh Happy Day 』の真意を会得!当たり前じゃないことに気づき、感謝する歌

2017年2月21日