#神田昌典岡山 『2022』講演2018 個性的なポケモンになれ!

岡山ママブロガーの、マイコです。

今日は、友達のめぐちゃんと、

神田昌典さんの講演会へ行ってきました。

めぐちゃんとパチリ。ウッカリ『いいね!』指型プラカード、まさかの裏向き(笑)

 

講演会は、平成30年2月12日(月)

岡山駅西口付近の、

オルガホールにて開催されました。

 

会場には、300名程度の方が集まり、

賑わっていました。

 

ブログ等共有OKとのことで、

思いっきり書かせていただきました☆

 

いつもブログを読んでくださっている方の

お役に立てたら嬉しいです。

 

当てろ!AI到来新時代への生き残り戦略

未来と現実の狭間で

 

未来はどうなるのか 一歩先を予測する。

2020年 憲法改正!?

2025年、大阪万博開催(未定)、夢洲IR 開業

2027年 東京名古屋間 リニア開業

2045年 シンギュラリティ到来

(シンギュラリティとは、人工知能が人間の知能を超える時。どうなるのか予測不可能。)

 

これからは、AIの時代

それは、もう始まっている。

関連記事 シンギュラリティって何!?

 

リーダーはポケモン世代

Embed from Getty Images

次世代リーダー

  • 光本 勇介さん(’86年生まれ) 

        質屋アプリ CASH

  • 前田 裕二さん(’87年生まれ) 

        アイドルアプリ SHOWROOM

  • 佐藤 航陽さん(′86年生まれ)

  (株)メタップス

  • 落合 陽一さん(’87年生まれ)

  (株)ピクシーダストテクノロジーズ

 

ヒーローとは、

今までと全く違う新しい価値観で、

次の世界を切り開いていく人。

 

今の30代から40代は、

ヒーローになれる可能性がある。

 

子どもの頃の遊びは、

価値観の形成に多大に影響する。

 

ウルトラマンや仮面ライダーのように

忍耐敵ありきの世界観の世代。

VS

個性的なポケモンたちが、

それぞれに進化し、共存する世界観。

 

この差は大きい。

オジサン時代の終焉(笑)

 

遊びながら進化していく。

ゲーム感覚で、

第4次産業革命(AI革命)を成し遂げる。

 

これからは、

のインターネットになる。

 

人と人が全世界とつながったように、

今度は、全世界の物同士がネットでつながる。

 

今はすでに、

人と物がつながり始めた時代。

 

 

未来は分かった。じゃぁ、現実どうすればいいのか!

会場で自己紹介タイム。

 

実際にapple phoneや、

スマートスピーカー使ってる人が

何割いるか。

 

本会場でも300人いて7名程度。

 

ということは、

メディアでいくら騒いでいても、

ほとんどの人はまだ使ってない。

 

AI最先端技術に追いついていける人、

その領域でガチで勝負できる人は一握り。

 

今の現実はそこにある。

 

そこで、

 

AIや未来に不安や心配を抱く人に、

何をしてあげられるのか。

 

癒してあげられるサービスは?

現実と未来のギャップをどう埋めていくのか。

自分は未来に似合う活動をしているのか?

 

 

あなたはですか?

看板を外しても、誰だか分かりますか?

最後に残るのは

 

これからは、

『誰が売るか!』がものを言う時代。

 

マドンナやブードゥードーナツのように、

個性的であれ。

 

この講演会のキャッチコピー「当てろ!」マドンナとドーナツ

 

過去から理解して、

未来へ作っていく。

 

オリジナルな存在である自分を評価し、

時を超える自分の良さを見つけなさい。

 

オリジナルを際立たせ、

評価してくれる人を大切に、

ビジネス同盟を組め。

 

  • 3/21  計画共有
  • 6/21  体制構築
  • 9/23  確実な結果
  • 12/22  拡散開始

 

マイコ的まとめ

初めて参加した神田昌典さんの講演会。

何だかボヤッとしていた未来を、

具体的につかめる

いいきっかけになりました。

 

映像を駆使して、

いろんな最先端の未来知識

教えていただきました。

 

先日参加した、

ブロガーの会でも感じましたが、

関連記事 今の若者はスゴイ!

 

今の若者から

いっぱい学ばないといけないな、

って素直に思いました。

 

神田さんが紹介された、

次世代4ヒーロー。

早速、書籍を注文しました。

 

ポケモン世代が何を考えているのか。

ポケモンで遊んだことがない私は、

その世界観を学ぶことから楽しもうと思います。

 

後思ったのは、

本当に好きにやったらいい!ってこと。

 

オリジナルを打ち出すのを、

躊躇してたらダメ。

 

やりすぎぐらいやらなきゃ、

これから生き残れなくなるってこと。

 

オリジナルの何層にもわたる掛け合わせ。

AIにできないのはそれ。

 

AI時代は物語じゃない。

もう現実です。

 

それを知ってるのに、

今のまま安穏としていたら、

どうなるのかは明白です。

 

ポケモン世界には、

敵がいないらしいです。

 

みんな個性を打ち出して進化し、

共存する世界

 

自分らしく生きて、

それが認められる世界。

 

素晴らしいじゃないですか!

 

そんな未来を描きたいな。

 

マイコ
未来は絶対、楽しい!

神田昌典さん、本当にありがとうございました☆

ABOUTこの記事をかいた人

子育てと仕事の最適バランスを求め、 正規小学校教員を退職。 教員の経験と歌の才能を活かし、 平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、 同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。 さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。 1980年生まれ。 6歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。 岡山県在住。 趣味はゴスペル、アカペラ、読書。 子育てを中心に、 岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。 ホリエモン・本田健さん大好きです。 自己啓発セミナーにも複数回参加し、 『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、 ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。 斎藤一人さんを初め、 スピリチュアルな話も大好きです。 子育てをしながら、 一人の女性としても自分の世界を持っていたい。 平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!