目の前の人は自分の鏡 負の無限ループの脱出法

岡山ママブロガーのマイコです。

納税額日本一の実業家:銀座まるかんの斎藤 一人さんが好きです。

  • 目の前の人は自分の鏡
  • そのままで大丈夫

という言葉が、すごく印象に残ったのでメモ投稿です。

目の前の人は自分の鏡

ジャンガリアンハムスターのチっ君

私にとって必要な人が、いつも私の目の前にいます。

私にふさわしい、適切な人が配置されています。

一緒にいてネガティブな感情を生む人は、私のために嫌な役を引き受けて、私が学ぶべきことを自分に教えてくれている人。

目の前の人は自分の鏡。

起きる出来事は必要だから起きる。

すべてが用意されている。

避けられないし、作れない。

職場を変えても、環境を変えても、自分の課題が終わらない限り同じような人に出逢い、同じような目に合う。

周りのせいにしている限り、負の無限ループからは抜け出せない…。

無限ループからの脱出法

Embed from Getty Images

この人さえいなければ平和なのに…。

何だか気に入らないな。

もし、そんな人に出逢ったら、この人が教えてくれていることはなんだろう…。

そういう発想の転換をしてみるといいそうです。

例えばあまりに理不尽な扱いを受けている場合は、我慢ばかりせず、自分の主張を相手にできるようになることや、自分を自分で守れるようになることが今の課題。

今の状況から自分の乗り越えるべき課題に気づけたとき、その人や同じような出来事からは解放され、また一つ次のステップに進めるようになります。

さらに一連の出来事に感謝までできたとき、そのまた一つ先の段階へ進める自分になれます。

「そのままで大丈夫。」という言葉は、実に深い言葉だなぁと思います。

自分の思い通りになることが必ずしもいいことではない。

心地いい結果ばかりがいいということではない。

失敗は素直に反省して今できることにベストを尽くす。

因果の法則を自覚し、すべて分を改革するための教えに変換する。

それが、負の無限ループからの脱出法。

すごく素敵な人に会えた時、自分もそういう人に近づけている証拠。

どんな人にも感謝して生きる。

エゴを手放し、今に集中できた時、すべてはうまくいっていることが確信できるのかも…。

私にふさわしい、必要な出来事が、今この瞬間もいつも起こってる。

頭を打ちながらも、学んでいきたいな。

New!