子育てバイブル『子どもへのまなざし』佐々木正美

岡山ママブロガーのマイコです。

育児書って、何を参考にしたらいいのか結局よく分からないですよね。

  • Aという本では、褒めるのが一番
  • Bという本では、褒めすぎに注意!!

結局、どっちがいいの(*_*)

って、よく分からなくなっちゃいますよね…。

教育学・心理学・哲学書が大好きで、読んだ本は、数知れず。

とにかく、大好きだから、どんどん読みたくて、暇さえあれば、本を読んでいます。

そんな私が、これは本質だな!と思った、素晴らしい本を厳選して、ご紹介します。

ぜひ、お手にとって、読んでみてくださいね☆

『子どもへのまなざし』 シリーズ

 
50年以上に渡り、児童青年家族の臨床現場に携わって来られた方です。
時代は変わっても、不変の原則は変わらない。
 
そんな、子育てのベースとなる考えが、優しい口調で、しかし、明確に書いてあります。
 
この本に出逢えて、子どもへの関わり方、考え方が変わりました。
 
子育てを建築にたとえ、土台がいかに大切か子どもの心の育ちについて、とても分かりやすく、書いてある本です。
 

Embed from Getty Images

本文より
乳幼児期にやり忘れたから、「手遅れ」などということはありません。
 
何歳からでもやり直すことはできますし、また、そうしなければなりません。
佐々木さんの、あたたかな言葉が届きます。
 
シリーズで、続・完と、3冊あります。
 
 
 
 
手元に置いて、何度も読み返したくなる本です。
created by Rinker
¥5,830 (2019/12/10 01:41:09時点 Amazon調べ-詳細)

『子どもの心の育てかた』

佐々木正美さんは、平成29年6月にお亡くなりになりました。
 
最後の著書です。
 
追悼の意味を込めて購入し、更にまた、深い感動に包まれました。
 
子育て中のお父さん、お母さん、そして、子どもたちの幸せを心から願い、綴られている言葉は、心に染み込んできます。
 
『子どもへのまなざし』気になるけど、ちょっと、全部読むのはしんどいな…。という方には、この本がおすすめです。
 
大切なことが、サクッとまとめて書いてありますよ。
created by Rinker
¥1,430 (2019/12/10 01:41:09時点 Amazon調べ-詳細)