『10年後の仕事図鑑』堀江貴文×落合陽一 著

こんにちは!

岡山ママブロガーのマイコです。

 

昨日は、岡山まで、リトミック春季特別講習へ行ってきました。

 

リトミック、面白い!

ハマってます。

 

大人にもしたいなぁと思いました。

イベントのエンカウンターに最適☆

SOSŪフェスでやってみようと思います。

 

『10年後の仕事図鑑』読了!

 

ホリエモン×落合陽一さんの2018年3月新刊!

この取り合わせで、私が読まないわけがない(笑)

 

予約購入で早速読了!

リトミック研修への移動時間を利用し、ワクワクしながら読み干しました。

 

隙間時間活用思考は、ホリエモンの徹底した効率化の考え方から学びました。

時間ほどもったいないものはないと感じています。

 

堀江さんの本は大体読んでるし、

落合陽一さんの本も3冊読んでいます。

 

結局どうすればいいのかは、同じだと感じました。

より具体的な仕事名を上げながら、すごく分かりやすくまとめてあるイメージです。

 

AIや未来と聞いて、よく分からいけど、漠然と不安を感じている人におすすめです。

お二人の明るい未来像が分かり「なんだ、いいことなんじゃん!」って思えるようになると思います。

 

あと、本当に変わりたいと思ってる人。

確実に背中を押してもらえると思います。

身近な人に相談するくらいなら、この本を読んだ方がいいと思います。

 

普通であることの方がリスク

Embed from Getty Images

以下は、本の内容を私流に要約したものです。

 

好きなことに没頭して、自分の趣味を深堀すること。

自分の好き掛け算して、オンリーワンの存在になること。

 

1つの分野で一番になれなくても、好きを掛け合わせることで、あなたにしか提供できない価値を持てる。

 

AIを利用して自分の好きに没頭する時間を作る

AIと共存する思考をもつ。

 

時代はすでに変わっている。

終身雇用、年金、マイホーム、結婚。

今までの『幸福論』は崩壊した。

 

普通の人は、AIに勝てない。

勝てなくてもAIの発達による恩恵をうけ、ベーシックインカム(政府が生活に必要最小限のお金を支給してくれること。生活できないリスクがなくなり、起業しやすくなる。)が導入されれば、お金の価値が相対的に下がり、働かなくても生きていけるようになる。

 

結果、2種類の人間が生まれる。

  1. 能動的に生きる人(AIを利用してさらに伸びていく人)
  2. 受動的に生きる人(ベーシックインカムに飲み込まれる人)

 

これはもうすでに始まっている現象。

 

2の受動的である利点もある。楽なこと。

 

やりたいことをやる人間と、楽であること選ぶ人間。

二種類を隔てる壁は、これからどんどん厚くなる。

 

モチベーションが大事。

モチベーションを高められる人はポジションを取れる。

 

AIにはモチベーションはない。

指示待ちしかできず、指示されたことは人間を超えた能力で完璧にこなす。

指示待ち人間はAIを超えることは絶対にできない⇒世の中に必要とされない。

 

『普通』の人であるとみなされることほど、強烈なリスクはない。

 

あえて変人になれ!

Embed from Getty Images

 

遊びに没頭し、遊びを極めろ。

自分の好きを掛け算して、オンリーワンの存在になれ。

 

ホリエモンも、落合陽一さんも、この点については、今も昔も主張は一貫しています。

 

私の場合、

『ゴスペル』×『スピリチュアル』×『英語』×『リトミック』×『ブログ』×『ヴォイスヒーリング』×『気功』×『読書』×『子育て』

 

『ゴスペル』だけでオンリーワンには到底なれない。

『ヴォイスヒーリング』でも無理。

 

でも、『ゴスペル』×『ヴォイスヒーリング』×『スピリチュアル』となると、そんな人材は、日本広しといえど、もしかしたら私だけかもしれない。

 

まだまだ、掛け算できる項目を足していけば、その確率はもっと極まる。

好奇心の向くままに、興味のあることはどんどんやってみて、ベクトルを増やしていくこと。

それを掛け合わせる方法をオリジナルで考えること。

 

仕事は、自分で作る。

 

Embed from Getty Images

世の中のニーズを意識しながらやっていけば、どんな未来が来ても、人間らしさを最大に活かしたオンリーワンになれる。

 

マイコ的まとめ

読んだことを自分に当てはめて考えてみました。

本を読んだときの私のスタンスは、読んだだけで終わらないことです。

どんなにいいことをインプットしても、アウトプットできないと、何も学んでないのと同じです。

 

『行動しないと意味がない。』

『変化はそれを望むだけでは起こらない。』

『行動こそが不安を消す。』

 

この本を読んでいる電車の中で、急にホームステイを受け入れる発想が降りてきました。

 

直感はいつも正しい。

 

こういう時の、フッと沸き上がった心の声は、大事にしようと思っています。

結果は分かりませんが、人生を切り開くカギになる可能性があるからです。

 

やろうと思いました。

 

マイホームを建ててしまった私。

住空間の快適さに価値を感じ、今のところ全く後悔はありませんが、この本によれば、こんなに無意味な投資はないとのこと。

これを読んでへこんでもしょうがない。

どうせならこの環境をもっと活用したい。

 

家には空き部屋がいっぱいある。

私も時間に自由が利く。

 

経験のため、我が子を海外キャンプへいつか行かせたいと常々思っていました。

どうせなら、ホームステイホストになれば、大人も子どもも視野が拡がり、Win-Winになれる。

 

Airbnbという、民泊マッチングサービスを発見!

 

今の時代、ネットをちょっとのぞけば、先例にいっぱい出会えます。

成功例を真似すれば、きっとうまくいく。

 

発想と意欲さえあれば、世界は拡がる。

 

また新しい楽しみが生まれました。

マイコ

何でもやってみる!

この精神で、10年後の仕事がどうなろうと、『今』に没頭して、生きていこうと思います。

 

 

関連記事

『すべての教育は洗脳である』堀江貴文著

『超AI時代の生存戦略』落合陽一著

『多動力』堀江貴文著 思いっきり恥をかこう!

『99%の会社はいらない』堀江貴文著

人生を変える本との出逢い。ホリエモンの本