『10年後の仕事図鑑』堀江貴文×落合陽一 著

岡山ママブロガーのマイコです。

自己啓発本が好きで、たくさん読んでいます。

今日は、おすすめの本のご紹介です。

『10年後の仕事図鑑』

ホリエモン×落合陽一さんの2018年3月発売の本です。

AIや未来と聞いて、よく分からいけど、漠然と不安を感じている人におすすめです。

堀江さんの本は大体読んでるし、落合陽一さんの本も3冊読んでいます。

結局どうすればいいのかは、今まで書いてあることと同じだと感じました。

より具体的な仕事名を上げながら、すごく分かりやすくまとめてあるイメージです。

お二人の明るい未来像が分かり「なんだ、いいことなんじゃん!」って思えるようになると思います。

また、本当に変わりたいと思ってる人は、確実に背中を押してもらえると思います。

身近な人に相談するくらいなら、この本を読んだ方がいいと思います。

普通であることの方がリスク

Embed from Getty Images

以下は、本の内容を私流に要約したものです。

 

好きなことに没頭して、自分の趣味を深堀すること。

自分の好き掛け算して、オンリーワンの存在になること。

 

1つの分野で一番になれなくても、好きを掛け合わせることで、あなたにしか提供できない価値を持てる。

 

AIを利用して自分の好きに没頭する時間を作る

AIと共存する思考をもつ。

 

時代はすでに変わっている。

終身雇用、年金、マイホーム、結婚。

今までの『幸福論』は崩壊した。

 

普通の人は、AIに勝てない。

勝てなくてもAIの発達による恩恵をうけ、ベーシックインカム(政府が生活に必要最小限のお金を支給してくれること。

生活できないリスクがなくなり、起業しやすくなる。)が導入されれば、お金の価値が相対的に下がり、働かなくても生きていけるようになる。

結果、2種類の人間が生まれる。

  1. 能動的に生きる人(AIを利用してさらに伸びていく人)
  2. 受動的に生きる人(ベーシックインカムに飲み込まれる人)

これはもうすでに始まっている現象。

2の受動的である利点もある。楽なこと。

やりたいことをやる人間と、楽であること選ぶ人間。

二種類を隔てる壁は、これからどんどん厚くなる。

 

モチベーションが大事。

モチベーションを高められる人はポジションを取れる。

 

AIにはモチベーションはない。

指示待ちしかできず、指示されたことは人間を超えた能力で完璧にこなす。

指示待ち人間はAIを超えることは絶対にできない⇒世の中に必要とされない。

 

『普通』の人であるとみなされることほど、強烈なリスクはない。

あえて変人になれ!

Embed from Getty Images

遊びに没頭し、遊びを極めろ。

自分の好きを掛け算して、オンリーワンの存在になれ。

ホリエモンも、落合陽一さんも、この点については、今も昔も主張は一貫しています。

掛け算できる項目を足していく。

好奇心の向くままに、興味のあることはどんどんやってみて、ベクトルを増やしていくこと。

それを掛け合わせる方法をオリジナルで考えること。

仕事は、自分で作る。

世の中のニーズを意識しながらやっていけば、どんな未来が来ても、人間らしさを最大に活かしたオンリーワンになれる。

 

ぜひ、読んでみてくださいね!

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/12 05:14:49時点 楽天市場調べ-詳細)