reveal the truth あじさいの花との対話

岡山ママブロガーのマイコです。

昨日、お庭のお手入れをしました。

枯れた紫陽花の、茶色くしおれた葉がたくさんぶら下がっていました。

なんだか見た目にも汚らしかったので、葉っぱを取りのぞくことに…。

すると、しなびた枯れ葉の奥に、たくさんの新芽が隠れていました。

寒い寒い冬の間も、植物は春のための準備を着々と進めています。

『re‐veal』明らかにする・反対側に剥がす

美しい花を咲かせ、やがて自ら花を枯らし、葉を枯らし、冬には枝だけ残すあじさい。

冬の佇まいに初夏のような華のある美はありません。

不要なものをすべて脱ぎ捨て、静かに耐えています。

 

英語で「reveal」という単語があります。

日本語の意味は、

  • 明らかにする
  • さらけ出す
  • 映し出す

語源はラテン語で、

  • ベールをはがす
  • 暴露する。

枯れた葉を取り除くまで、そこに在ることすら気がつかなかった新芽を発見した時、この単語が頭にパッと浮かびました。

何か大事なメッセージを受けとった気がしました。

冬の時代は再生への準備期間。

古いものを自ら脱ぎ捨て、新しいものを生み出すために深く潜る。

やがてかならず訪れる開花の時期に向け、着々と準備を進める。

右後)昨年の紫陽花で作ったドライフラワー

過去には過去の美しさが確かにあり、あじさいの花は、枯れた後も美を残していきます。

役目を終え、土に戻る枯れ葉。

しがみつく必要なんてないことを知っているものが持つ潔さ。

枯れ葉を取り除くことで初めて目に飛び込んできた、フレッシュなエネルギーと新しい命。

固く閉じたピカピカの新芽に、強い意志と圧倒的なパワーを感じました。

きっと新芽は、去年の花の美しさを知らない。

それでも、どうすればいいのかは生まれながらに全部知っている。

同じように見えても、その奥の奥のほうで、もしかしたら新しい遺伝子が目覚めているかもしれない…。

 

古いものが役目を終えた時、新しいものがすでに用意されている。

時期が来れば自然と花開き、最高の美しさをただただ表現する。

古いものを削ぎ落したあとに現れる、新しい世界の壮大なビジョン。

あじさいの花がrevealしてくれた事実に、とてもワクワクしています。

New!

Rakuten