爺の爺による爺のための日本

爺の、爺による、爺のための政治。

80過ぎた世襲爺どもが牛耳る国、日本。

そのまた上にはアメリカの爺どもがいる。

アメリカを牛耳っているのは軍事産業の爺だろう。

 

利権、恫喝、拝金主義。

カルトを利用し利用され、

公金私物化当然。

 

マスコミは政府と支持団体に不都合なことは言わない。

気に入らないものは排除する。

言葉一つをとっても世論操作に余念がない。

中でもNHKは本当にひどい。

 

TVや新聞をうのみにしてはいけない。

なんであんなに韓流が流行っているのか。

答えは壺の中。

created by Rinker
¥850 (2023/01/28 19:38:44時点 Amazon調べ-詳細)

正体不明のワクチンを子どもにまで勧める。

昨今の情勢をみれば、現実の結果としてワクチンに予防効果はないんじゃない?

自分で情報を集めていけば、ワクチンそのものの後遺症の方がよっぽど怖いと分かる。

 

コロナ関連で医療関係者は大儲け中らしい。

実際、私は喘息持ちでコロナにかかったけど、検査して結果を聞いただけ。

自費で買った漢方薬を飲んで自宅で寝てれば治った。

そうじゃない人もいるだろうけど、それは普通の風邪だって同じことだろう。

 

要は食生活と生活習慣を整え、自己免疫力をあげることが一番の予防策だ。

でも、そんな当たり前なことは言わない。

 

補助金でひと財産築いた人もいるらしい。

国からのお金はみんなが収めた税金が元手。

それだけ分のお金は、現役世代とその子どもたちが背負うことになる。

爺には関係のない話。

 

こんなお金儲けの茶番に加担して、そういうお金をもらって、いったいどんな気持ちで生きてるんだろう。

「コロナは危険だ!」

初期の3年前ならともかく、真偽の分からない大義名分を振りかざし、未だに英雄気分で正気を保っているんだろうか…。

 

今の日本は食べ物だって、信用できないからたまらない。

訳の分からない薬品や添加物。

病気になったら薬漬け。

西洋医学に染まった価値観で家族を狼狽させ、自然死さえさせてもらえない。

本当に必要なことなのかどうか、疑問すら持たない人が多いからやりたい放題だ。

※もちろん誠実な方までもを批判する意図はない。

 

最近、子どもたちの変化にハッと気がついた。

コロナ以前のように踊らない、歌わない。

ノリが悪い。

以前の子どもたちは、ほっといても踊りまくって収集がつかないほどだったのに…。

 

考えてみれば感染防止対策のために交流を規制され、歌を禁止され、動けるわけがない。

幼児期の自然内発的なものを全部抑え込んできたんだから。

マスク、黙食、休校、試合や行事の中止。

大人が子どもに押し付けてきたことは何だったのか。

 

コロナでマインドコントロールしやすいことが実証された日本人。

軍事増税、憲法改正、先制攻撃。

戦争をしたくてたまらない人たちの声が大きくなってきた。

戦地に行くのはもちろん爺ではない。

 

「2023年は新しい戦前になる。」

賢い爺だってもちろんいる。

賢い爺たちは、ひるまずにもっともっと声をあげてほしい。

 

拝金爺どもは、きっと、今世をそうやって生きざるを得ないんだろう。

自分とは関係のない多くの人々や、地球そのものがどうなろうと知ったこっちゃない。

ごまかすのに必死で、そもそもそんなこと考えられない。

一時的に得をした気になり、誰にもバレずに済んだとしても、事実は己の魂にしっかりと刻まれる。

塊の重さに、もう自分自身と対峙する気力も失ったんだろう。

 

「いかに生きるか」という最も大切な課題から目を背け、自分自身の無価値観から他への力の証明に走る。

良心の声を無視し続けた結果、とうとうエゴの声しか届かなくなった憐れな爺。

自分を守るのに必死でなりふり構っていられない。

それが拝金爺の人生の集大成期。

力の魔力に引きずり込まれて抜け出せない。

奴隷船の船長が「Amazing Grace」という詩を書いたように、過ちを認めれば、いくらかは心穏やかに生きられるのに。

 

悪をなしたなら、善を行え。

 

ヒトラーでさえ、賛同するものが誰もいなければ何もできなかったはず。

先日の首相訪米によるアメリカへの忠犬っぷりにとうとう中国が明確に苦言を呈してきた。

情報を選別し、地球人としていかに生きるかを考えなけば、取り返しのつかない事態はもう目の前に迫ってきている。

過去の教訓を現代に生かせるかは、一人一人の小さな行動、生き方の信念にかかっている。

憎しみを拡げても意味がない。

 

一人一人の力は小さくても、私たちにはまだできることが残されている。

選挙だ。

みんな絶対、選挙へ行こう!

国政でも地方でも、とにかく選挙へ行き、投票率をあげないことには世間の声なんて聴かない。

議員たちに落選の怖れがない限り、今の好き放題な圧政は変わらない。

現役世代が選挙に行かないから、組織票の影響が選挙結果に色濃く出る。

格差社会が拡がったのも、カルトが簡単に国を牛耳れたのも、投票率の低さのせいだ。

投票率が上がれば、組織票の影響が薄くなる。

今の世の中がイヤな人は、お上のいうことを疑いもせず素直に聞くのをやめ、必ず毎回選挙へ行き、ちゃんと自分自身で選んで投票しよう!

民主主義はもう虫の息…。

第二の香港になるのは、日本かもしれない。

created by Rinker
岩波書店
¥1,870 (2023/01/29 03:40:48時点 Amazon調べ-詳細)