冬至 この世は夢か、幻か…。

冬の夕暮れ

岡山ママブロガーのマイコです。

スピリチュアル、大好きです。

自分が今まで学んできたことから、書いています。

冬至

冬至

2018年も、残りわずかですね。

平成30年12月22日(土)は、冬至です。

 

1年中で、太陽が最も南に寄り、北半球では、もっとも昼が短い日です。

陰と陽でいうと、陰が極まる日です。

 

そして、スピ界では、冬至はとっても大切な日です。

冬至の前後3日間に、いかに自分の考えをポジティブに置いておくか。

本当に、心から願っている、豊かさに、完全に意識を合わせていられるかが、とても大切な3日間です。

 

そして、その、意識的なポジティブ選択が、これから、2020年8月までとても大切な時期です。

 

毎瞬、毎瞬日々のありとあらゆる、自分自身の選択で、

 

ポジティブを選べば、どんどんポジティブに。

ネガティブを選べば、どんどんネガティブに。

 

今後は、今までの比ではなく、加速度的に現象化していくそうです。

心にまく種

スピを単なる慰めではなく、自己の精神の向上のために、真剣に学んでいる人は、何が起きても、全部、自己責任だと考えて生きています。

葛藤や困難がないという意味ではありません。

困りながら、カルマを解消し、学びを得ていると考えます。

自己責任の範疇は、前世を含みます。

人は生まれてくるとき、肉体を着て、さらに、カルマを背負って生まれてきます。

カルマとは、因果のことです。

原因があって、結果がある。

シンプルな法則です。

 

人が死ぬときも、今世で創造したカルマと、が残ります。

善行を積めば、いいカルマを来世へ繋ぎ、向上した魂として転生します。

悪行を行えば、相応のカルマを、来世への課題として持ち越し、転生します。

 

いかなる現象も、自分自身の投影だと考えています。

心に思い描くものを、映像化し、その通りに経験する。

 

いかに、心に『愛』と『調和』を描くか。

自己否定も、自己嫌悪も、他者への厳しいジャッジも。

全部、自分に、そのまま跳ね返ってきます。

 

先日、『美しく誤解する。』という言葉に出会いました。

『愛とは唯一、理性的な行為である。』という、『モリー先生との火曜日』という本に書いてあった言葉にも、感銘を受けました。

ある現象が起きた時、ポジティブネガティブ、両方の見方が存在します。

そして、自分でいつも、どちらかを選択して生きています。

 

人は、放っておけば、ネガティブに流れます。

危険を避けようと防衛する、生存本能が、人間にはセットしてあるからです。

それを、意識的にポジティブにする。

夢か、幻か。

アゲハ蝶

昔、高校で習った漢詩で、『胡蝶の夢』という漢詩があります。

胡蝶の夢 抜粋訳

夢の中で自分自身は、蝶となり、嬉々として、心赴くままに、楽しく遊んでいた。

自分が荘周(作者)であることは、思い出しもしなかった。

ハッと目が覚めると、荘周(作者)であった。

荘周(作者)が、夢の中で蝶になったのか、はたまた、蝶が、荘周(作者)になる夢を見ている、最中なのか。

いずれが、本当の自分なのかは、分からない…。

しかし、主体はいつも、確かに自分である。

変化とは、かくなるものだ。

あなたは、どんな未来を生きていたいですか??

そこには、誰がいますか?

何をしていますか??

現状や常識は、少し、よそに置いておいて、何も制約がなかったとしたら…。

あなたが本当に望む未来を、心の中で創造してみてくださいね☆

私自身にとっても、大切なチャレンジです。

いつもブログをお読みくださっている皆様にとって、有益な情報となりますように。

祈りを込めて、投稿します。

New!