ゴスペル体験 in ジャマイカ

Jamaican gospel




岡山ママブロガーのマイコです。

無宗教ですが、音楽としてゴスペルが大好きでで、15年くらい歌っています。

ゴスペル 体験 in ジャマイカ

Maiko&Rihanna

今までに、NY、タヒチ、ジャマイカのゴスペルを現地で聴きました。

キリスト教徒の多い国では、生活に根付いていて、ものすごく身近な音楽です。

 

旦那民俗学博士で、ジャマイカの研究をしていました。

ジャマイカに合計で2年住んでいたことがあります。

首都キングストンの中心に住んでいました。

 

結婚直後にジャマイカの西インド大学に留学し、フィールドワーク(現地調査)をしていました。

現地のキリスト教の教会に通ったり、ラスタの集会に行ってみたり、ゴスペルDJにインタビューして回っていました。

 

私も転職の合間に、ジャマイカに1か月滞在しました。

 

ジャマイカの首都キングストンは、町中が一日中騒々しくて音楽にあふれた町でした。

夜中でもジャカジャカおかまいなしです。

 

道路はぼこぼこ穴が開いていて、一昔前のボロボロの日本車がガンガン現役で走っていました。

現地の人は、基本的に自分で車の修理くらい軽くできるそうです。

スチールパン

スチールパン ドラム缶からできています。

 

そのとき、ジャマイカの教会に何度も足を運びました。

ジャマイカのゴスペルレゲエ調やらラップやらガンガン入っていて、声も南国特有の甲高い声で、何とも言えず、魅力的でした。

スチールパンの音も素敵です。

 

コンサート会場を設置した夜間ライブがあったり、日曜日の昼間に教会から出発して町をゴスペルを歌いながら行進したりします。

marching in Jamaica

敬虔なキリスト教徒は毎週日曜日に教会へ通い、ワークショップを受けます。

ゴスペルを歌い、説教を聞きます。

 

会派によるけれど、会場全体で踊りうねる教会もありました。

牧師さんもハンカチをぶんぶん振り回しながらジャンプして叫んでいました☆

 

「精霊が降りてきた」とかいって、痙攣(けいれん)をおこして運ばれるおばあちゃんとかいました。

信徒たちも牧師の説教に「Yeah.」だの「Yes, Lord!」とか、ガンガン答えながら、手のひらを空に向けて聞き入ります。

 

牧師も鼻の穴を大きく膨らませながら「Kingdom First!!」とか叫びまくります。

会場全体が絶頂になったとき、ゴスペルが始まります。

 

本当にすごいエネルギー…。

 

理屈じゃなく、またもゴスペルの虜になりました。

宗教を抜きにしても、伝えたいエッセンスが凝縮された歌詞は、人生に役に立ちます。

 

ジャマイカの陽気なゴスペルをどうぞ

     ↓↓↓

関連記事

Oh happy day 歌詞の意味

For every mountain 歌詞の意味

It’s a good day 歌詞の意味




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください