【岡山】【海】【白石島海水浴】リゾート級の透明度☆瀬戸内海の奇跡





岡山ママブロガーの、マイコです。

子育て真っ最中の、アラフォーママです。

 

渋川・牛窓・沙美。

そして今回の笠岡。

 

岡山県内、4大海水浴スポット

すべて行き尽くしました。

 

堂々のおすすめ第1位!

白石島のご紹介です。

まるでリゾート。透明度に感激☆

 

白石島は、笠岡港からで渡ります。

アクセス等、笠岡港の出航までのことは、こちらにまとめています。

関連記事 これであなたは困らない☆笠岡から白石島

県内最高レベル☆白石島で子どもと海水浴

大喜びで遊ぶもも子とうめ子。

伏越港からフェリーで白石島へ!

我が家は笠岡港周辺で遊んだ後、11時伏越港出航のフェリー白石島へ向かいました。

 

白石島から撮影したフェリー

 

船に乗れる!それだけで大興奮の子どもたち、テンションMAXで乗船しました。

 

結構大きくて母もドキドキ

 

汽笛とともに出航!

柵から海を見つめる娘たち。

 

柵に頭がはさがりそうなくらい海をガン見するうめちゃん。

 

テラス席が空いていたので、テラス席に座りましたが、ほぼ立ちっぱなしです。

子どもは海ばっかり、飽きずに見つめていました。

 

フェリーが作った海の道。うねる波が迫力満点。

勝手に命名『まん丸島』

「あ!総社スカイツリー!」もも子発見。神島付近の笠岡諸島最小の島だそうです。

「あ!モアナのテフィティ!」byうめ子。子どもの発想は無限大☆私は恐竜に見えたよ。

船がいっぱい!!数えたら少なくとも18隻☆

 

などなど、フェリーから見える景色に興奮しながら、船旅は進みます。

 

船旅☆フェリーの様子

すれ違ったフェリー

 

フェリーには、開放的なテラス席と、クーラーの効いた室内席がありました。

 

テラス席の様子。相変わらず覗いているうめ子(笑)

 

テラス席は、風を感じて景色を楽しめ、暑くもなく、快適でした。

私的には、テラス席がオススメです。

 

室内席の様子。ゆったりした快適シート。くつろぐ二人。

テレビもありました。左側の甚平着たお兄さんは乗船料金の徴収中。

 

運賃は、船内で支払います。

 

写真左側の船乗りさんが、古めかしい、巨大がま口財布をもって徴収して回ってくれます。

 

そうこうしているうちに、船旅は終わり、白石港へ到着

所要時間:45分間

 

港には、小さなトイレがありました。

このトイレを逃すと、しばらくトイレに困ります。

船内で済ませるか、ここのトイレで済ませておきましょう。

 

白石港へ到着。荷物を持たせようとするもも子。この後、一喝(笑)

 

いざ、白石島のビーチへ!

港から海水浴場へは、徒歩で7分とのこと。

行けば分かると思っていたので、何も調べてませんでした…。

 

ちなみに、タクシーは見かけませんでした。

 

フェリーを降り、船を降りたった、そのままの方向から山沿いに、向かって右手へ進んでいきます。

 

皆さま、徒歩で移動します。

山沿いなので、があり、助かりました。

海水浴場までは、坂道なので、時間はあまりかからなくても、体感的には結構しんどかったです。

 

うめ子の手を引き、ワクワクしながら進みました。

石碑があったので、撮ってみた。

 

道中には、和歌の石碑が!風情がありますね。

 

道中、上から見た海水。水キレイ!

 

キレイな水に感動しながら進みます。

これは期待できそう☆

 

まるでプライベートビーチ!

白石港から、5分も歩くかるかないかくらいのところで、少人数で楽しむ家族連れの姿が!

港から最も近いビーチです。

 

あまりに綺麗でびっくらこ!

 

透明度に感激しました

プライベートビーチみたいです。

岩場日陰もあって、完璧☆

 

整備された海水浴場は、ここからさらに進んだところにあります。

余裕のある方は、ぜひ、海水浴場まで進んでください。

その方が、全体的に快適だと思います。

 

うめ子(3歳)がまだ幼いので、帰り道に歩くことを考慮し、少しでも港に近い、このビーチで遊ぶことにしました。

 

感動ものの透明度☆港から一番近いビーチ

素晴らしい透明度!

瀬戸内海の奇跡って思いました。

瀬戸内海は内海なので、わりに水は汚く、濁っているところが多いんです…。

初めて美しくて色鮮やかな山陰の海を見た時は、海底に絵の具を塗っているのかと親に聞いたくらいです。

 

個々のビーチは、空いてるし日陰があるので、日傘不用です。

混んでたら、日陰を使えない可能性もありますが…。

 

念のため、日よけグッズはある方がいいと思います。

 

 

このビーチは、本当にキレイです!

 

でも、何もありません。

トイレはもちろん、シャワーも売店も一切なし。

※海水浴場まで行けば、すべて完備。

 

いろんな意味で抵抗がある人は、この場所は無理だと思います。

 

私は、シャワーがないことを想定して、500mlペットボトルを持参していました。

 

母子三人、水道水3本分で、ことは足りました。

 

食事・飲み物は持参していました。

 

このビーチで遊ぶ人は、食事・飲み物等、色々と余裕をもって持参してください。

※海水浴場へ行く人は、持参する必要はないと思います。

 

海水浴場には、ちゃんと海の家や旅館がありますよ。

ヤドカリ&高速船の波で大騒ぎ☆

今日は荷物になるので各自浮き輪のみ持参

 

きれいな海に大喜びの二人。

プカプカのどかに浮いていると、遠くからブーンとモーター音が。

 

高速船が通り、「船だったねぇ!」

なぁんてのん気に言ってたら、

 

幸せそうな二人。

 

しばらくして、急に大きな波が到達!

あっという間に、うめ子を飲み込んじゃいました!

 

面白かったので笑ってたら、隣にいた、お母さん達の方が心配w

 

「お母さん、アバウトですねぇ!」

 

会って5分で見抜かれました(笑)

 

浮き輪をまいてるし、大事になる心配はないと思って様子見をしていました。

 

それでも、二人とも初めてのことで、ジッとしたまま、どうしたらいいのか、よく分かってない様子だったので、

マイコ

逃げろー!!

と叫んだら、一気に走り出しました!

波から必死で逃げる二人。

 

逃げた後、もも子は大笑い。

うめ子はしばし戦意喪失

 

結構、何回も繰り返す大波。

おさまるのを待って、二人とも再び参戦。

 

 

うめ子もすっかり海に慣れ、この夏で一気にたくましくなりました。

 

高速船が通ったら、大波が来るのでご注意を☆

 

優しい小学生のお姉さんに遊んでもらったよ。

 

現地で出逢った、小学生のお姉ちゃんたちに遊んでもらいました。

夏の出会いって、特別ですよね。

 

ヤドカリを見つめる二人

 

岩場でヤドカリを捕まえ、観察。

足がもそもそ出てくるのが面白い☆

砂浜を動くと超早くてびっくり!

 

めっちゃ小さいヤドカリ発見!

 

小さいカニ、カモメ、の跳ねるところを見て、砂浜の貝殻拾いに、磯探検。

 

岩で手足を切っちゃうので、サンダルは必須です。

 

岩へ近づくときは、必ず履いておいてくださいね。

 

私は、手足を切って、流血騒ぎに…(/ω\)

磯を探索するみんな。

 

仲良くなった小学生のお姉さんの、コレクションを見せてもらいました。

 

イカの浮袋、右上、お姉さんの命名:眉毛貝

お姉さんの命名:おっぱい貝(笑)

 

面白いものがいっぱいで、あっという間に時間は過ぎていきました。

 

砂浜を歩く二人。バックがキレイだから、絵になる。

 

到着時刻は11時45分頃。

出向時刻は13時35分

 

海は実質1時間半足らずで、まだまだ遊び足りないけれど、これを逃すと、次は16時までフェリーなし!

フェリーは回数が少ないので、時間は必ず事前にチェックしておいてくださいね!

台風接近中で風が強いし、うめ子の体力を考えて、名残惜しいけれど、ビーチを後にしました。

 

白石島ミニ情報☆干潮のお楽しみ!

潮が引くと、島まで歩いて渡れるらしい。

 

干潮になると、写真の小島まで、歩いて渡れるそうです。

 

小学生のお姉さんたちは、それをして帰るとのこと。

 

またお父さんとゆっくり来て、トライしたいな。って思いました。

 

幼い子連れなら、9時台のフェリーに乗って、13時35分で帰る。

 

これがベストと思います。

帰りのフェリーは混みあっていました。

 

フェリーで爆睡する二人。

 

行きは座りもせずに、ずっと海ばかり見ていた二人。

 

帰りは爆睡でした☆

 

マイコ的まとめ

もっとゆっくり海にいたかったけど、笠岡で恐竜見て、

ティラノサウルスとガオー!

 

一面に咲き誇るひまわりを見て、ご当地ジェラートを食べて、

道の駅でヒマワリ見てジェラート食べた図。

笠岡を満喫しました☆

 

結果的には、この行程でよかったのかな…。

 

マイコ

笠岡って、楽しい!

 

次回は、家族みんなで来て、ゆったり遊びたいです。

泊りがけも魅力的ですよね☆

 

以上、白石島レポートでした。

海水浴場の詳細が分からず、ごめんなさい。

 

県内の海水浴場、いろいろ渡り歩きましたが、ぶっちぎりで超おすすめなので、是非、夏の思い出づくりに行ってみてくださいね!!

 

関連記事

【笠岡白石島】☆その1☆白石島アクセス情報まとめ

【笠岡市】恐竜公園☆ド迫力の恐竜に出逢える公園 

【笠岡市】道の駅ベイファームで野菜ジェラート&向日葵

【倉敷市玉島】沙美海岸で海水浴☆

【玉野市】渋川海岸:無料穴場海水浴スポットのご紹介

【瀬戸内市】牛窓海水浴場で泳いだよ。




5 件のコメント