雨の日の幼稚園登園方法について




岡山ママブロガーの、マイコです☆

 

幼稚園ママです (‘ω’)ノ

 

娘の通う幼稚園では、雨が降ると親も子も レインコート長靴 で通園します。

傘は禁止 なんです…。

特別な理由がない限りは、 歩きが原則 という幼稚園に通っています。

 

雨の日の子どもの登園方法

娘の幼稚園では、園指定 のド定番の黄色い合羽に、普段かぶっている、通園帽子をかぶります。

通園帽子と、カッパのフードをクリップで止めて、顔に雨がかかるのを防止しています。

 

カッパを買うときのサイズは大きめ オススメ です。

長女:もも子は、入園時、120センチを買いました。

※購入当時、普段の服のサイズは95か100でした。

 

何もない限り、3年間買い替えることはないですし、雨が長靴に入るのを防げる からです。手が長いのは折れば大丈夫です

 

洗濯バサミやかわいいクリップ でフードと帽子をとめます。

長靴とクリップは自由でした。

 

長靴 固いとふくらはぎの当たるところが痛いらしいので、少し高くても素材は やわらかい ものが オススメ です。ゴムの滑り止め付なら、さらに安心です。

一回買ったらなかなか買い替えるものではないので、試着して子どもの感想を聞いて選べたらいいですね。

※兄弟での、靴はお下がりできませんでしたが、長靴はお下がりして履くことができました。ご兄弟がいる方は、お下がりを想定して選ぶのもいいですね☆

 

雨の日の幼い兄弟の通園方法

カタツムリをつつく次女(うめ子)

 

兄弟がいると、本当に雨の日が大変です。

次女はカッパ、長靴が大好きなので、手持ちのカッパ(なんでもOK)、長靴で歩いていくこともあるのですが、基本的にはベビーカーに乗せて、レインカバーをかけて通っています。

 

次女は、ベビーカーに乗せてカバーをかけると猛烈に怒るので、ラムネやパンを持たせてごまかしています。

 

レインカバーは頂き物で、透明です。

水滴でどうせ視界も何もあったものじゃないので、柄付のかわいいのでもいいと思います。

子どもは何であれ、100%嫌がります…w

 

自転車の場合、カッパ&ヘルメット&長靴スタイルか、こんないいものもあります。

↓↓↓

Active Winnerレインカバー

うめ子が乗った図。足元が暖かく、終始快適だったみたいです。

子ども用のレインカバーです。

下記リンクに、詳細記事を書いています。

 

レインカバーは、移動中は確かに快適でいいのですが、幼稚園に到着して、自転車からおろしてから、傘がないので、カッパがないと歩けないですよね…。

レインカバーを利用される場合は、長靴を履かせ、ポンチョを一緒に持参して、到着したら、さっと羽織らせるのがいいと思います。

 

親の登園スタイル

自由 なので、みなさん思い思いのものを着用されています。

上から下まで覆う長い合羽、上下分かれた合羽、ポンチョなどなど、どれもフードは必須 です。フードを被っていないと、首元から雨が流れ落ちてきて不快な思いをします。

 

さらにレインハット をかぶれば完璧です。

サンバイザー付きのものは顔の雨よけになります。

 

妊娠中のママは、ポンチョタイプがオススメです。

大きいおなかでも、すっぽり入ってくれるからです。

 

自転車の場合は、ロング丈を着用されている方。

私のように、ショート丈&パンツスタイルの方と、両方います。


長靴
は、ショート、ミドル、ロングと様々です。

自転車 に乗る場合は、私は安全性を重視して、ショート丈の長靴で乗っています。

歩きの場合でも、ショートすぎると雨が入ってくるので役に立ちません。

土砂降りでも容赦なく、歩きなのでw

長靴は、ある程度の丈があるもの オススメ ですよ!

以上、参考になったらうれしいです☆

 

関連記事

雨の日の救世主☆アクティブウィナーのレインカバー

子どもが育った今だからよくわかる、買ってよかった!子育てグッズ