お気楽ポンチは素晴らしい!

ハムスターを描いています。

最近ハマっているハム画

最近、ハムスターの絵を描き始めました。

ひと月ほど前、とあるカフェのカリグラフィー講座に参加したことがきっかけです。

カリグラフィーの練習と先生の作品

はじめて書くカリグラフィー。

黙々と静かに取り組む時間はとても穏やかでした。

カフェの店内には、先生手作りのカリグラフィーをあしらった作品が、所狭しと並んでいました。

店内と先生の作品たち 空間全体がアート

なかでも、絵はがきに目が釘付けになりました。

こんな絵はがきを作ってみたい…。

販売品を何枚か買って帰り、さっそくお家に飾りました。

家に飾っている先生の絵はがき作品

やってみたい、をやってみる。

created by Rinker
ファーバーカステル(Faber-Castell)
¥1,618 (2021/07/31 23:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

『いち日いちハム』を目標に、今、8日間続いています。

昔から絵を描くのは好きでしたが、描けば描くほど楽しくなってきました。

 

描きながら愛ハムの新しい発見があり、描いている時間が好きです。

毛を一本一本描き足し、瞳が完成すると、絵に命が入ったように感じます。

ヘタなりにも習ったカリグラフィーを重ね、自分なりに試行錯誤しています。

だから、何?

左:長女の作品。

何か新しいことや、こういう芸術的なことを始めるとき、

心の中のもう一人の私が、

『だから、何?』

と冷たくつぶやきます。

『そんなことして意味あるの?』


何かを始めようとするとき、一番やっかいなのは、こういう自分の内なる声だなぁと思います。

以前の私は、何か意味のあること、

  • 将来性がある
  • お金になる
  • 仕事につながる
  • 人の役に立つ

など、実益が伴うものでないとやっても意味がない

そんな風に考えていました。

最近は、実益的な意味がないことにこそ(あってもいいけど)価値を感じるようになりました。

カリグラフィー講習には、いつも大切なことを教えてくれる方と一緒にいきました。

先日、ハムスタースケッチブックをみてもらいました。

また、次回のカリグラフィー講習のとき、きっかけになったカフェにも持っていってみてもらおう!と盛り上がりました。

その方に先日教わったことを、みなさまの参考になればなぁとシェアします。

アドバイス

先のことなんて考えないの。

何かにつながれば、みたいな、変な下心は手放した方がいいです。

未来に心を置かないの。

いつも、「今」どこに矢印が向いているのか確認して。

あ、外だったなぁと思ったら、すぐに矢印を自分に戻しなさい。

常に自分自身に一致してるか自分に聞きなさい。

もう一つ、どうしたらいいのか分からなくて混乱している事案について尋ねた時の回答もシェアします。

結局、いつも同じことを言われるのですが、何か方向性に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

アドバイス

制限はないの。

何をやってもいいんです。

枠は外していいの。

自分自身をもっと信頼しなさい。

自分自身が大好きだったら、信頼できます。

自分自身を信頼できないのは、まだたくさん手放すものがあるからです。

自分の中に、あ、これ重たい、というものを見つけたらコツコツ丁寧に手放すことです。

だけど、何であれ、

いつもワクワクから動かないと、

とんでもないドラマチックを結晶化しちゃうよ。

ワクワクかどうか、それだけは本当に気をつけて!

せっかく今まで続けてきたのに、とか、これを失ったらどうなるんだろうとか、世間体が、とか、

そういうのは全部手放して、本当に自分自身がやりたいことなのかどうか。

いつも自分に聞いて、ワクワクキラキラしたエネルギーで、自分と一致して動くことです。

ワクワクから動けば、心配しなくても全ては完璧な配置に整っていきます。

マイコちゃんは、もう少しこの人生で何をして生きたいのか、一回真剣に考えた方がいいかもしれないね。

マイコちゃんはね、いつもちょっと重くなりがちなの。

自分でも気がついてるよね。

重くならないの、お気楽ポンチ♡

ポンチって何??

よくわかんないけど、なんかいいじゃない。

お気楽ポ・ン・チ♡

お気楽なのは本当に素晴らしいことよ!

New!

Rakuten