【公文】図形キューブ積木 買ってよかった知育おもちゃ

スポンサーリンク




岡山ママブロガーのマイコです。

 

長女:もも子(2011年生)と、次女:うめ子(2014年生)のアラフォー母です。

 

ちょっと子どもが育った今だからこそよく分かる買ってよかったなぁ、と心から思っている子育てグッズを紹介しています。

 

今回は、知育おもちゃの紹介です。

 

積木は 公文『図形キューブつみき』がいい!

おすすめポイント
  • 色が鮮やか
  • つまみやすい
  • お勉強にも使える
  • 全部同じサイズ&形

 

色が鮮やかで分かりやすい

この積木は、なんといっても、色が鮮やかです。

 

積木の色
  • 黄色
  • オレンジ

 

基本の5色10個づつ合計50個入っています。

 

幼いうちは、赤・黄・青でしっかり遊ぶのをおススメします。

子どもに分かりやすいし、色の名前を覚えると、生活に役立ちます。

信号の色と同じだからです。

 

成長に合わせて、緑、オレンジと、だんだん、色を増やしていくといいですね。

 

大きさがちょうどいい

3歳児検診の時の積木のサイズは、3㎝

3歳の子供に、一番つまみやすいサイズだからです。

 

つまむという行為は、とても大切な筋肉運動です。

生後8か月くらいから、三指(親指・人差し指・中指)でつまむことができるようになります。

三指つまみは、やがてハサミ、お箸、鉛筆を使う動作へと発展していきます。

 

この積木は、2.5㎝

少し小さいですが、3歳以降も長く使うことを考えたら、すごくいいサイズだと思います。

木製だけど、とても軽いので、子どもにとってつまみやすいです。

 

図形の勉強になる

 

セットの中には、パターンカードが入っています。

平面立体の、18 枚 36 例 あります。

 

小学1年生の、長女:もも子が喜んで遊んでいます。

絵では見えないところにも、積木キューブがあることがよくわかり、算数の勉強に役立ちます。

 

数がたくさんあるので、足し算、引き算の勉強にも使えます。

具体物操作って、算数の概念を理解するのに、とっても大事です。

 

4歳の次女うめ子は、平面図形にチャレンジしています。

立体は、姉の様子を見ながらできたりできなかったりしています。

 

自由に遊べる

全部同じサイズなので、遊びに幅ができます。

長女:もも子は、ぬいぐるみのお部屋ソファー立体的に作って遊ぶのが好きです。

 

うめ子は、いちごみかん見立てて、よくおままごとをしています。

同じサイズのものが、大量にあると、子どもの創造力を存分に生かして遊べるので、すごくいいなぁと思って眺めています。

 

マイコ的まとめ

 

今まで、いただきものも合わせて、いろんな積み木で遊んできました。

お米でできた積木、三角や球体のもの、顔がついた積木など…。

 

どれも喜んで遊んでいましたが、子どもの様子を見ていて、一番遊びに広がりがあるのは、この積木です。

これから始める、リトミック教室でも活用しようと思っています。

 

私的には、この積木が一番おすすめなので、お子様へのプレゼントやお祝いに、選んでみてくださいね!