え!雲って消せるの!?『宇宙の根っこにつながる生き方』天外伺朗著

星空を見上げる人


こんばんは。

本気で雲を消そう頑張った、Maikoです。

夕焼けともも子

雲を消すってまたあんた。って感じですよね(笑)

この本読んだら、絶対あなたもやりたくなること間違いなし

昔、ドラゴンボール見て、カメハメ波、出そうとしませんでしたか!?

そんなあなたは必見です!

「想念」が実現する。

雲も消せる!!

雲

今日、私が雲を消そうとしたのは、書いてあったことを、実験したかったからです。今日は絶好の実験日和でした。

あまり高いところにある雲はなかなか消せませんが、低い雲(綿雲)なら消せます。もちろん、雲に向かってただ「消えろ消えろ」と言っても消えません。雲がほんの少しぼんやりと隙間ができて消えていくさまをイメージするのです。そうすると、調子のいい時にはイメージしたとたんに消えはじめ、約10分ほどで完全に消えてしまいます。

ただし、面白いのは、「雲を消す?そんなばかな」という人が一人でもいると、とたんに雲は消せなくなることです

著者の天外さんが、ある講演会で会場の人に雲が消せるか聞いてみたところ、1000人中300人が消せると答えたらしい!!すんごい確率でいるじゃん(笑)しかも、「雲を消すのはそんなに難しい事ではない、少し練習をすれば誰にでもできるのではないでしょうか。」なんて書いてある!!

マジか!!やってみるっきゃない!

ってんで、幼稚園のお迎え中に1人でこっそりやってみました(笑)

結果、

マジで消せちゃった(‘ω’)ノ

誰だ!?嘘つきって言ったのは!!

信じなくてもいいよ(笑)ホントに消えました。ただし、う~すい、綿雲。雲の輪郭に漂ってるようなやつ。小心者だから、いきなり大物にはトライしなかったおかげかもね。

大学時代からこういうスピリチュアル系な本を何故だかやたら読んでいたから、自然に信じてて、できたんだと思います。

昔、ドラゴンボールの武空術を会得したくて気をコントロールして疲れたことを思い出したよ(笑)ちなみに空は飛べませんでした。

↑こんなのあった!!気になる(笑)

余談だけど、旦那は、かめはめ波を出そうとして気絶したことがあるらしい(笑)自分では「出した」って言ってたけどね…。小さい宇宙人が本棚登ってるのも観たことあるらしい(笑)この一家、ヤバイ!それが今ではすっかりリアリストになっちゃって。

スーパーサイヤ人ドラゴンボールZのためのフォトエディタ:マンガコスプレ
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

 

書いててほんと、変な人(笑)

本田健さんお勧めの本『宇宙の根っこにつながる生き方』

天外伺朗さんは、元ソニー上席常務の工学博士。CDや犬型ロボット「AIBO」など、先端科学技術の開発に携わってきた方です。

決して宗教の本ではありません。

こういう内容がすべて「宗教」といって毛嫌いされるところに、現在の問題があるような気がします。分からないものをそのままにしていい領域だと認識され、正しい知識が得られない。知らないものは、怖い。怖いから余計避ける。

トランプ大統領と同じかな(笑)

アメリカの風車

はっきり言ってよく分かんなくて怖い!!でも、影響は避けられない。ただ混乱するか、分かろうとして自分で考えるか。信じる信じないは別として、毛嫌いせずに知っておいて損はないと思います。

科学と心理学、仏教、アボリジニの生き方など、科学者が幸せな生き方について語った、とても面白い本でした。

宇宙のしくみ「この世」と「あの世」

星空を見上げる人

 はじめに、「この世」と「霊界」と「あの世」がある。「霊界」と「あの世」を合わせて、「あの世」と呼ぶことにする。

「あの世」は一般的に言われている死後の世界ではない。死んでから出かけていく場所ではない。

私たちは、「この世」で生きていながら、「あの世」でも生きている。

人は一番最初に「カルマ」を着、次に肉体を着て生まれてくる。

カルマとは、「行い」「想念」「魂」すべてをひっくるめたもの。カルマを着ることによって、「個」あるいは「自分」が発生する。

人間の個性は、日常どんな行いをし、どんな言葉を発し、どんなことを思っているかで出来上がっている。

「あの世」と「この世」は表裏一体

ちょっと小難しい話です。要は、物理学も心理学も、同じ結論に至ったということです。嫌いな人は飛ばして読んでください。

物理学者のホログラフィー宇宙モデル

デビット・ボームという、物理学者が提唱した仮説。素粒子の不思議な動きを説明するために生まれた物理学上の宇宙モデル。

物質的な宇宙(明在系)を「この世」。目に見えない宇宙(暗在系)を「あの世」と呼ぶ。要は「この世」と「あの世」は別のものではない、両方が合わさって一つの宇宙を形成しているということ。

「あの世」では、私はあなたであり、彼や彼女であり、同時に石や木であり、ビルや飛行機であり、月や太陽や銀河でもある。それらすべてが溶け合って一体となり、区別できない。時間や空間や精神もすべて叩き込まれている。「あの世」がなければ「この世」は存在しない。「この世」のどんな小さな点にも、「あの世」のすべてが反映する。

ユング深層心理学の「集合的無意識」

「意識」の奥底に普通の状態では存在の全く分からない「無意識」が潜んでいる。

「集合的無意識」は全人類につながっていて、分離できない。

「無意識」は、時間を超越し、未来を予知することができる。

物理学のホログラフィー宇宙モデルと、ユング心理学は、全くアプローチの違う方法で研究され、同じことを言っている

病気も事故も自分が引き寄せている

「この世」の自分と「あの世」の自分が食い違っているから人生が混乱していると感じる。

じゃぁ、どうすればいいか。

いろいろ書いてあったけど、物事をありのままに見て、カルマを外して邪気(人間の否定的感情)を消すというのが一番わかりやすくて実践できそうだと思った。

全ては自分が引き起こしている。現象には本来、いいも悪いもない。起こった現象から気づきを得ること

邪気の外し方

 

  1. 自分の感情を無理に抑え込まない。
  2. もう一人の自分を自覚する。
  3. あるがままの自分を肯定する。
  4. 邪気をはずしつつあると観察する。
  5. 邪気を外すための儀式を考える。
  6. 流れに身を任せる。
  7. わくわくすることをやる。

悪い面に焦点を当てず、何が起きてもいい面を見るようにすること。文句を言わずに感謝することが大事かな。泣きたいときは泣き、自分の直感を大事にする。人のせいにせず、起こった出来事が何を伝えているのか読み取ろうとすること

そういう意味だと解釈した。

このあと、より深く宇宙とつながるために瞑想の具体的な方法が書いてありました。瞑想にもちゃんとやり方があって、基礎を知っておかないと怖いぞ!ってことも書いてありました。

私は怖くて実践できてません。誰か一緒にしてくれる人がいたら、トライしてみたいなって思ったよ。

霊界に入ることがあるんだって。そしたらお化けが見えちゃったりするらしい。何も怖がることはないって、霊界から帰ってくる方法も書いてあったけど、今の私にはめっちゃ怖い。

こんなこと書いてるだけでも怖い(笑)

宇宙の根っことつながる

宇宙の根っこ

トータルですごく引き込まれる本でした。面白いことが盛りだくさん書いてあって、勉強になりました。

本の最初に、母親の胎内にいる胎児は、一番宇宙(「あの世」)に近い状態だって書いてありました。涅槃(ねはん:仏教が説く、究極の心の平安)の状態。

この世に生を受けて、母親と分離する時に涅槃が破れ、苦難に満ちた人生が始まる。多くのつらい経験から鎧を着こみ、どんどん宇宙から遠ざかる。

人はみんな目に見えないへその緒で宇宙とつながっている。つながったへその緒が太くなるにつれ、人生はスムーズになっていく。

邪気を払い、ありのままを受け止めること、わくわくすることを追究することで、そのへその緒を太くすることができるんだと思います。

子育てに応用する

親子の手

母親の無償の愛が宇宙の愛に近いらしい。生まれてすぐから幼児の間は特に、しっかりと子どもの要求に答えてあげることで、このへその緒を太く保ってあげることができるのではないか。と考えた。

俗にいう3歳神話。私は事実だと思う。経済の流れにごまかされてはダメだと思う。情報の裏側にはあらゆる意図が含まれている。社会の流れが必ずしも正しいとは限らない。

生まれてすぐから3歳までの間は特に、母親との愛着形成が必須だと思う。母親的存在でもいい。

発達課題から考えても、まずは母親との愛着形成から始まる。泣いたら抱くから始まり、人格を認め、話を聞いてあげること。認めてあげる事。しっかりと愛を感じさせて育てる事。

そうすることで、求めたら答えてくれるという宇宙への信頼感を持って育ち、自信を持って生きられる人に育てることができる。

そう思った。

↑これも気になる

『宇宙の根っこにつながる生き方』深い本でした。

明日、雲、消してみてね(笑)

関連記事

『サラとソロモン』本田健さんお勧めの本を読んだよ。

『池上彰の世界情勢2017年トランプ政権誕生編』想定外を想定する

『見てる、知ってる、考えてる』中島芭旺10歳の哲学者 親の宇宙を広げる

斎藤一人『変な人の書いた世の中のしくみ』

自己啓発は怪しさとの闘い。行動あるのみ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

子育てと仕事の最適バランスを求め、
正規小学校教員を退職。

教員の経験と歌の才能を活かし、
平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、
同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。

さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。

1980年生まれ。
6歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。
岡山県在住。
趣味はゴスペル、アカペラ、読書。

子育てを中心に、
岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。

ホリエモン・本田健さん大好きです。
自己啓発セミナーにも複数回参加し、
『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、
ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。

斎藤一人さんを初め、
スピリチュアルな話も大好きです。
子育てをしながら、
一人の女性としても自分の世界を持っていたい。

平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!