乳腺炎になる前に☆ピジョン『さく乳器』おすすめです!




岡山ママブロガーの、マイコです。

 

長女:もも子(2011年生)と、次女:うめ子(2014年生)のアラフォー母です。

ちょっと子どもが育った今だからこそよく分かる買ってよかったなぁ、と心から思っている子育てグッズを紹介しています。

 

今回は、【ピジョン】さく乳器のご紹介です。

出すぎて困るママたちの必需品 【ピジョン】さく乳器

 

この商品は、お乳が出すぎて困っているお母さんたちには、とっても役に立ちます。

というか、私の必需品でした。

見つからないと、泣きそうになるくらい、授乳生活の欠かせないアイテムでした。

 

おすすめポイント
  • すべて、煮沸消毒できて清潔
  • 哺乳瓶として、そのまま使える
  • 自分で圧力やペースをコントロールできる
  • 持ち運びできるので、外出先でも使える。

 

さく乳機は、手で絞るより確実にです。

そして、あちこち飛び散らないので、お部屋が汚れません。

 

お出かけすると、なかなか授乳できない時がありますよね。

私は、間隔があきすぎると、あっという間にお乳が固まり始め、調子を崩すので、外出先にも持参し、授乳室が見つからない時は、トイレ車の中でも使っていました。

 

私の授乳スタイルは、愛着形成を最優先し、欲しいときに欲しがるだけあげるスタイルでした。

授乳スタイルにも、いろんな意見がありますよね。

どれも正解はなく、ご本人のお考えや生活スタイルに合わせて、合ったスタイルを見つけてくださいね☆

 

私は、仕事に復帰しなかったので、卒乳は、2歳頃、本人があまり欲しがらなくなってきたころにしました。

比較的ゆったりとした生活スタイルで、完全母乳だったので、さく乳器は、赤ちゃんにあげるため、ではなく、自分のお手入れのために使っていました。

 

使ったきっかけは、繰り返す乳腺炎。

赤ちゃんが生まれて、一番びっくりするのは、自分の体の変化ですよね…。

 

毎日、仕方ないから、とにかく必死でついていく。

自分の体なのに、全く思い通りにならない。

 

昼も夜も、相手の都合なんてお構いなしの赤ちゃんと一緒に、自分の体の変化まで重なって…。

授乳期のお母さんたちは、心身共にheavyな毎日をお過ごしかと思います。

 

本当に、おつかれさまです。

 

私は、一人目の時は、出産で貧血になり、産後二日間全く授乳できず、38度の熱とカテーテル付きの生活で、泣いてばかりでした。

次女の時は、初授乳の後、張れがひどくて岩のように固まり、とにかく、お乳が痛くてたまらない入院生活でした。

 

出産後も痛いばっかりなんて、聞いてないよぉ、って思ったのを覚えています。

 

お乳が出ないのも本当につらいお悩みだと思いますが、出すぎるのも本当につらいですよね…。

 

私は、出すぎるタイプだったので、しょっちゅうお乳が岩のように固まって大変でした(*_*)

乳腺炎になって、助産院に駆け込み、めちゃくちゃ痛いマッサージでなんとか復活する…。

そんな、ツライ授乳生活を繰り返していた時期があります。

施術料金は、保険適用外だから、金銭的にもキツイ…。

 

悩んだ末、買ったのが、ピジョンのさく乳器です。

もっと、早く買えばよかったと本当に思いました。

 

カチコチに固まってしこりになった部分を、拳で押さえながら圧を加えて搾乳することで、ずいぶんとに抜けるようになりました。

 

さく乳器を買って以来、ちょっと違和感を感じたら、すぐに使うようにしていました。

そうすることで、ずいぶんとトラブルは減りました。

 

母乳は血液。乳腺炎にならないために

乳腺炎の防止には、食生活の改善も効果があります。

母乳は血液なので、甘い食べ物カレーグラタンなど、血がドロドロになる食べ物を控えるのが大切です。

私はどれも大好物ばかりで、本当につらかったです。

根菜をたくさんとり、和食中心の食生活にシフトすると、サラサラした母乳になります。

詰まりの防止になり、赤ちゃんにとってもおいしいそうですよ。

マイコ的まとめ

授乳期は、夜はよく眠れないし、本当に大変な時ですね。

3か月くらいたてば、赤ちゃんの成長とともに自分の体も慣れてきて、新生児期のつらさはずいぶんと和らぎます。

そして、卒乳してから、本当に楽になりました。

 

この記事を書いたきっかけは、新生児ママのツイッターです。

 

一番大変だった時期を過ぎた今、私の知っていることが、困っているママさんのお役に立つといいなぁと思いました。

 

卒乳までの間、子育てグッズを上手に使って、ご自身を大切にがんばってくださいね。

 

もしこれを読んでいるお父さんがいたら、可能な限り、ママ1人の時間を作ってあげてくださいね☆

結局それが、一番うれしかったです。