アロマでコロナウイルス予防☆肺に効果のある精油まとめ

岡山ママブロガーのマイコです。

コロナウイルスの影響がものすごいですね…。

マスコミの煽りも激しいので、情報を仕入れるたびに気がめいってしまいます。

マスコミは不安になればなるほどみんなが情報をクリックしたり視聴率が上がるので、どんどん不安を煽ってきます。

そういうものだと思って、情報は上手に仕入れながら、具体的な対策をする。

できることを一つ一つ実行する。

何が起きても前向きな対策を考えてひたすらに実行する。

それが一番だと思っています。

コロナウイルス予防に、自分でできるアロマ実践法をまとめてみました。

こんな時こそ民間療法!

コロナウイルスに効果があると言い切れませんが、こういう時こそながぁ歴史の中で脈々と受け継がれてきた民間療法が役に立つ時ではないかと考えています。

なにもできないって、不安の原因の一つですよね。

食事や生活習慣を整えて免疫力をアップするのが個人でできる対策ですね。

それともう一つ、コロナウイルスに予防効果が期待できる、基本的に肺機能に効果があるアロマオイルのご紹介です。

私は咳喘息に長年悩まされていて、数年前から日常生活にアロマを取り入れて生活しています。

書籍等で仕入れた知識ですので、専門家ではありませんが、参考になったら嬉しいです。

なぜアロマをすすめるのか。

なぜアロマを勧めるかというと、アロマの芳香成分が、五感を通じて身体全体に吸収されて作用し、身体と心に効果があるからです。

アロマは香りなので、皮膚を通して身体の芯まで届き、心にまで作用します。

コロナウイルスってものすごく小さいんですってね。

マスクをしても意味ないと言われるのは、その間をすり抜けるからとかなんとか…。

私自身、喘息持ちなのでコロナ問題は深刻です…。

肺機能に効果のある精油に的を絞ってご紹介です。

高い抗菌作用が期待でいる精油

風邪と熱によって肺の機能が侵された状態に効果がある精油のご紹介です。

こんな症状のときに...
  • 発熱
  • のどのハレや痛み
  • 黄色く粘っこい痰
  • 鼻づまり
  • 黄色化青色の不透明な鼻水
  • 頭痛
  • 口が乾く
効果のある精油トップ5
  1. サイプレス
  2. ティートリー
  3. ペパーミント
  4. フランキンセンス
  5. レモン など

特に、サイプレスティートリーが効果がありそうですね☆

※『スピリチュアルアロマテラピー辞典p.45より引用

サイプレスの特徴と効能

不安定な感情を勇気づけるヒノキに似たクリアな芳香

身体全体のバリア機能呼吸機能にかかわる肺の気を補う作用がある。

効能
  • バリア機能の強化
  • 免疫力向上
  • 咳を鎮める
  • 喘息症状をやわらげる

【効果的な使い方】

デコルテのオイルマッサージ

【マッサージオイルの作り方】

  • 植物油(ホホバオイルなど)20ml
  • 精油 2~6滴

ビーカーなどの容器に入れ、ガラス棒などで混ぜる。

遮光瓶にいれ、2週間程度で使い切ること。

ティートリーの特徴と効能

低下した気力を回復させるスッキリとしたクールな香気

肺の気を補って、ウイルスなどを撃退。

心を強壮して意欲を高める。

風邪が流行る時季や花粉が飛ぶ時期予防的に空間に香らせるとよい。

効能
  • 呼吸機能や免疫力を高める
  • 強い抗菌・抗ウイルス作用をもつ
  • 血流をよくし、精神的に疲れて無気力な時に神経を強くして刺激を与えてくれる

古くからさまざまな感染症に使用されている。

皮膚への刺激が比較的少ないので、多くの人にとって使いやすい精油。

【効果的な使い方】

  • うがい
  • 芳香浴
  • マッサージ(手・腕)

※マッサージは心の働き低下に効果的。ローズマリーと組み合わせるとよい。

【うがいの仕方】

※材料

  • はちみつ 小さじ1
  • 水 コップ約1/2
  • 精油 2滴程度

※作り方

  1. はちみつに精油を加えてよく混ぜる。
  2. 1で作ったはちみつをコップの水に入れてよく溶かす。

喉から肺までの空気の通り道を殺菌消毒できる。

【芳香浴の仕方】

  1. アロマポットに精油4~6滴を使用する。
  2. マグカップにお湯をはり、精油を2~3滴たらす。
  3. ティッシュや素焼きの焼き物であるテラコッタに精油を2~3滴たらし、揮発させる。
  4. アロマライトの皿の上に精油を1~5滴たらす。
  5. ディフューザーに水を入れて精油を1~5滴たらす。

【マッサージオイルの作り方】

  • 植物油(ホホバオイルなど)20ml
  • 精油 2~6滴

ビーカーなどの容器に入れ、ガラス棒などで混ぜる。

遮光瓶にいれ、2週間程度で使い切ること。

手や腕をマッサージする。

ペパーミントの特徴と効能

清涼感あふれるアロマが煮詰まった心を切り替える

過剰な熱による症状を改善し、頭も冷やして集中力アップ

※サイプレスと組み合わせるとよい。

効能
  • 血管を拡張して発汗作用を促す
  • 発熱性の風邪の初期、熱による呼吸系のトラブルに。
  • 精神的に疲れてくよくよしがちな時の気分転換に。

【効果的な使い方】

上背部、鼻の周りにオイルを塗布する。

【オイルの作り方】

  • 植物油(ホホバオイルなど)20ml
  • 精油 2~6滴

ビーカーなどの容器に入れ、ガラス棒などで混ぜる。

遮光瓶にいれ、2週間程度で使い切ること。

フランキンセンス(乳香)の特徴と効能

様々な痛みをやわらげるほか、集中力が高まり内面と向き合える。

喘息や気管支炎など呼吸器系の不調におすすめの香り。瞑想にも最適。

効能
  • 血流をよくして痛みを止める働きがある。
  • 呼吸機能にかかわる肺の気を補い、呼吸を深めて免疫力を高める
  • 不安をやわらげ、ストレスを軽減する。

呼吸が浅く、皮膚や粘膜が乾燥しがちで元気がなく、すぐに疲れてしまう人や風邪をひきやすい人におすすめ。

【効果的な使い方】

首の後ろ温湿布

【準備するもの】

  • タオル
  • 洗面器
  • 熱めの湯
  • 精油2滴程度
  1. お湯をいれた洗面器に精油をたらしてよく混ぜる。
  2. タオルなどの布をよく浸し、首の後ろにあてる。

アロマでコロナを予防しよう!

以上、肺機能に効果のある精油のご紹介でした。

レモンは、ティートリーと組み合わせて香らせる風邪予防になるとのことです。

頭の中が混乱している時にもスッキリとした香り集中力と決断力を高めてくれます。

 

コロナウイルス、具体的な体調不良も心配ですが、波及的な影響による閉塞感も強敵ですよね…。

アロマは心にも同時に作用してくれるので、上手に取り入れてコロナ騒動を乗り切りたいなぁと思います。

最初にも書きましたが、私はアロマの専門家でも有資格者でもありません。

書籍等からの知識の抜粋ですので、あくまで参考までに☆

もっと詳しく知りたい方は、いろんな症状に対する効能がたっぷり書かれている以下の書籍を一読されるのもおすすめですよ(*´ω`*)