避難所のトマト 支援者の想い

岡山ママブロガーの、マイコです。

西日本豪雨発生以降、一ヶ月間、仕事を休み、ボランティアに没頭しています。

 

子どもが夏休みに入り、今までのようには活動できなくなりましたが、自分にできることをできる範囲で活動しています。

 

真夏の雪まつり

真夏の雪まつり

今、国際協力NGO:ピース・ウィンズジャパン様よりお声掛けいただき、広島県神石高原町ティアガルテンで開催される、『真夏の雪まつり』というイベントに、子育て支援企画として、ご家族さま、お子様を託児で無料招待する企画を進めています。

薗小学校の避難所会議で、この先、【SOSU(素数)】で子育てに関する支援をしたいと考えている旨を発言したことがきっかけで、実現しました。

詳細リンク ↓↓↓

 

ピース・ウインズジャパン様が、バス・アトラクション・バーベキュー・保険加入などを提供してくださり、【SOSU】は、広報・集客・企画・当日の運営スタッフを担当しています。

 

全くの無名の子育て支援団体に、こんなふうにお声掛けをいただき、本当に感謝しています。

 

そして、託児ボランティアに志願してくださっているのは、元保育士さんや、小学校教諭保健師さんも。

 

『子どもたちと、ご家族の皆様に、楽しい夏の思い出を。』

 

その想い一つで、たくさんのチカラが集まっています。

 

避難所のトマトとOさん

学童保育の前に並ぶトマト

先日、子どもを預けれたので、久しぶりに薗小学校を訪れ、託児ボランティアを一緒に開催した、現地リーダーのOさんと再会。

お話を伺いました。

 

Oさんは、学童保育のお手伝いをされています。

 

本当に暖かな愛に溢れた方で、お会いするたびに、感動しています。

 

上の写真のトマトは、夏休みに入り、本来なら自宅に持ち帰り、お世話をするはずだった鉢です。

こんな状況になり、持ち帰ることができなくなったトマト…。

 

教室の前に残っていたトマトを、Oさんが発見し、学童保育の前に移動させ、毎日、枯れないようにお水をあげているそうです。

 

また、避難所のゴミ置き場のゴミが、あまり整理されていない様子を見ては、片づけと掃除をされているそうです。

 

きれいに掃除された、薗小学校のゴミ置き場。

 

Oさんは、薗小学校近くにお住まいで、被災は免れましたが、お知り合いのご自宅の片付けを手伝っていらっしゃいます。

『私は自転車のほうがいいから、回れる範囲で…。』

様々なボランティア活動を地道にされながら、自転車で真備内を走り回り、現地の様子を見つめていらっしゃいます。

 

話は、たまたま置いてあった、廃棄おにぎりの袋に。

 

在宅避難者の方が、この袋を見て、『捨てるものでもいいから、持って帰りたかった。』とおっしゃられていたこと。

学童保育の子どもたちが、毎日同じパンばかりで、お腹が空いて、パンが目の前にあっても、『食べたくない!』といって、食べないこと。

『野菜がほしい。』という、切実な声をきくこと。を、教えてくださいました。

 

3連休託児のあと、2週間近く立っても、状況がなにも変わっていないことを知りました。

 

学童保育で子どもたちの話を聞き、様子を見ながら、家庭の教育への関心の度合いによって、子どもへの関わりや、学習面への支援が全然違い、学力への影響も懸念されていました。

 

先日、Oさんに伺ったお話と自分が気がついたことを元に、久しぶりに出席できた避難所会議で、いくつか発言をして帰りました。

 

支援者の想い

神原呉服店さん

 

今日は、【SOSU】の体制づくりを、ずっと一緒に頑張ってきたNさんが、めまいを発症。

イベント企画会議、補助金申請、クラウドファウンディングの勉強など、長期的なサポート体制を実現させるために、幼い我が子を3人みながら、猛烈なスケジュールをこなし、寝る間を惜しんで準備をしてくれていました。

私の気遣いも、足らなかったと、反省しました。

 

災害発生直後の非常時を超え、夏休みに入って、身動きが取れなくなったこともあって、少し落ち着き、普段の友達と話す時間も戻ってきました。

ホッとするとともに、みんな、様々な課題を抱えながら、自分にできることを、一生懸命していました。

 

精神的に、たくさん受け取ってしまった、という友達。

家庭とのバランスに悩む友達。

熱くなりすぎて、周りとの距離ができてしまった人の話。

警報発令時、旦那さんが会社に呼び出され、幼い子供を抱え、母子だけで、いざというときにどうすればいいのか、怖かった話。

 

みんな、大変だなって思います。

自然災害は、本当に、みんな、大変だなって、思います。

 

支援する側も、自分のしていることが、本当に役に立っているのか、押しつけではないか、自分の仕事や生活とのバランス、金銭面でのバランスをどうとればいいのか…。

想いだけではどうしようもない課題を抱えながら、災害に向き合っています。

 

マイコ的まとめ

辻田地区のゴミの様子(7月28日)

 

今回の災害を機に、一ヶ月前には思いもよらなかった方向に、物事が進んでいます。

ものすごいスピードで様々なことが進み、急激な流れに圧倒されながらも、段々と客観的に物事を捉えることができるようになってきました。

昨日、倉敷災害ボランティアセンターの方から、がむしゃらに取り組んだ、岡田地区のニーズ調査が役立ったと、わざわざお礼のお電話をいただきました。ずっと気になっていたので、本当に、嬉しかったです。

 

子育て支援企画も、様々な方と一緒に、少しでもホッとできる時間を創出できるように、アイデアを出し合っています。

たくさんの方に出会い、たくさんの方にご協力いただいています。

感謝感謝な毎日です。

 

やりながら、今、思うことは、支援者は、意識して、自分を休ませないといけないということです。

被災者の方も同じだと思いますが、支援者は特に、セルフマネジメントが大切だと感じています。

 

休むことや、日常に戻ることに、罪悪感を感じている自分に気が付きました。

心の、危険信号だなぁと思います。

 

そして、私が意識していることは、

  • 決して、一人にならないこと。
  • 人を非難しないこと。
  • 人に認めてもらいたいと、思わないこと。
  • 自分にできることを、できる範囲ですること。
  • 無理をしないこと。
  • 向き合うのは、いつも、自分自身であるということ。
  • やりたいからやっている。その自分を認めること。

 

特に、最後の1行は、大切だと思っています。

 

決して、周りに押し付けないこと。

 

支援者が明るく元気でないと、支援なんてきっと、できませんよね!

 

Oさんのトマトへの水やりのように、自分にできることを地道に一つ一つ。

一日も早い復興を祈りながら、自分自身も大切に、頑張っていこうと思います。

 

関連記事

西日本豪雨発生から10日間

個人ボランティアの役割

7月17日から7月25日活動備忘録

真夏の雪まつり企画