【西日本豪雨】【総社】【真備】個人ボランティア活動記録(7月17日~7月25日)


7月17日から7月25日までの活動備忘録

【趣旨説明】

こういった記録も、今後の対策になにか役に立つかもしれないこと。

 

また、今後、長期的なサポート支援を行っていくためには、信頼性の確保も大切です。

前に出ることをずっと、恐れていましたが、それでは何もできない覚悟も決まりました。

 

積極的に発信することで、SOSU(素数)の知名度を上げ、ちゃんと体力のある団体となり、実のある活動ができるよう、これから尽力していきます。

 

とはいえ、時間がなく、忘れないための書きとめ記事なので、つらつらと、読みづらくてすみません。

7月17日(火)

自宅で今までの活動をまとめ、ブログに記載

ツイッターやフェイスブックで、現地の実情をどんどんアップしました。

 

娘の個人懇談へ。

 

3連休託児を一緒にしてくださった保育士さんと意気投合し、今後も、子育て世代を対象に、長期的な支援に当たれるよう、体制を整えていくことになりました。

SOSU(素数)へ招待。日程調整。

 

7月18日(水)

娘を幼稚園へ送った後、朝から友達の家の片付けの手伝いへ。

道中、自衛隊が、岡田地区のゴミを片付けてくれている様子に感動。

 

『自衛隊がいるうちにゴミを出そう!』と、ゴミの運び出しと、壁紙剥がしを手伝いました。

 

神原呉服店へ行き、昼食を食べ、情報交換

 

薗小学校の幼稚園託児担当の先生の元へ。

3連休、お隣の岡田小学校避難所では、セイブ・ザ・チルドレンという、プロボランティア団体の方が、充実した内容で、3連休託児を行っていました。

薗幼稚園で必死に人数をかき集め、3連休託児をしたのですが、一緒にやった現地リーダーのOさんと、『私達は結局、いらないお世話だったんだろうか…。』と、なんとも言えない気持ちになっていました。

 

薗小学校へ聞きに行くと、土日の託児はこれからも実施してほしいとのこと。

緊急託児として、呼びかけ、リアルな友人を伝ってやっと集めたボランティア託児だったので、ずっとやっていけるだけ、人が集まるのか、そして、その託児内容も全部、自費で行っているので、どこまでできるのか、確約できないと思いました。

 

それでは、避難者の方が困ると思ったので、どういった経緯で、セイブ・ザ・チルドレンさんが岡田幼稚園で託児を行ったのか、知りたいと思いました。

そういったしっかりとした団体が、託児ボランティアを請け負ってくださる方が、避難者の方にとっても、学校側にとっても、一番いいと思ったからです。

 

あとから、岡田小学校へいき、直接経緯を聞いてみることにしました。

 

14時から、薗小学校避難所会議『薗の会』へ。

そこで、長期的な子育て支援について考えていることを発言。

 

会議後、連携を声掛けくださった、プロボランティアの方とミニ会議。

素敵な企画を連携していただけることに!

 

岡田小学校へ。

 

校長先生に、託児ボランティアについて直接聞きました。

団体ボランティアの方がたくさん来られた中に、託児のチラシがあったので、そこへ直接、連絡したとのこと。

 

今後も、ワールド・ビジョンさんに頼むとのこと。

やっと、仕組みがわかりました。

 

岡田小学校からの帰り道、『ランドセルの寄付を学校単位で取りまとめてほしいなぁ。』という声を聞いていたのを思い出したので、岡田小学校の先生に、そういった声が出ていることを、伝えて帰りました。

 

夕方、長期的にやっていくためには今までのように、完全ボランティアでは、絶対に無理です。続かない…。家族の理解も得られない。

ちゃんと長期でやっていくためには、資金が必要なので、クラウドファウンディング等、資金集めの相談をお願いした、Tさんと総社で相談会

来週の金曜日に津山の会社に相談しに行くことに。

すぐに駆けつけてくださり、感謝です。

 

帰宅後、岡田で3連休託児をした、セイブザチルドレンさんに電話し、経緯を確認。

セイブザチルドレンさんは、今週は、県からの依頼を受け、県立大学での託児のコーディネートを行っていること。

 

プロボランティアでいつまで、どこまでできるかも、運営体制によるのは同じこと。

いずれは地元団体に引き継げるのがベストなのは違いないこと。

 

何をどこまでできるのか、期間や人数など、しっかりと学校側へ伝えてあげないと、現場は困ること。

たくさん情報とアドバイスを頂きました。

 

7月19日(木)

SOSU活動拠点となる場所となおさん

娘を幼稚園へ送った後、岡田地区へ団体ボランティアが派遣される体制を整えるため、岡山防災司会支部長さまをご紹介いただき、岡田小学校で落ち合いました。

 

待っている間、避難所単位で、岡田地区にボランティアを呼び込むことについて、話が出ているか確認

そういった話は全く出ていないとのこと。

 

岡山防災士会さまに、現状を説明し、私の友人のご実家を頼りに、岡田地区のトップを探すことに。

 

まさに、口伝で、地道に情報を追って、最終的に、またまた岡田小学校へ舞い戻り、まちづくり協議会会長にお会いすることができました。

 

岡田地区のために動いている地区関係の人は、会長と会員2人の、3人だけ

 

町内会は、持ち回り役員ばかりで、体をなさず、機能していない。

それぞれの地区の地区長も全くわからない状態とのこと。

 

その3名の方も、避難所の運営の要で、全く休みなし、ぶっ通しでボランティア。

会長のご自宅は高台に有り、被災を免れたけど、周りの手伝いに駆け回り、避難所を切り盛り。

 

他のお二人は被災しながら、同じように避難所のボランティアに尽力されていました。

避難所生活でのお話、今までのお話を伺いました。

 

団体ボランティアのための拠点づくり、地元の受け入れ体制について説明しましたが、大変お疲れの様子で、これ以上、何かを求めるのは、本当に無理だと思いました。

 

団体ボランティアを呼び込む方法については、全くご存じなかったです。

学校の市役所の担当者に確認しても、『電話で、避難者が直接ボランティアセンターへ連絡してください。』の繰り返しだったとのこと。

 

やはり、必要な情報が、必要な方に全然リーチできていないことを、ここでも実感しました。

避難所でこの状態なので、在宅避難等の岡田地区の方が、ボランティアを呼び込む方法を知っているとは、とても思えませんでした。

 

そして、運営側が休める体制づくりも必要だと思いました。

ツイッターやフェイスブックでとにかく、わかったことを、つぶやきました。

 

岡田避難所で全体指揮をとっていらっしゃる、防災士の方も会議に加わり、今、避難所の自治体制を築き始めたばかりとのこと。

 

お昼が来たので昼食を食べ、昼から再開することに。

 

スキマ時間で、薗小学校へいき、託児現地リーダーOさんと、幼稚園の先生に、わかったことを説明

 

薗小学校さんも、『やっと仕組みがわかった!』と喜ばれ、プロボランティア団体へ相談することに。

もし、それでも、確保できなかったら、こちらもできるだけ頑張るのでお知らせください。と伝えました。

 

ランドセルの寄付について、薗小学校の先生に確認。

 

朝、ちょうどその話が出ていて、取りまとめに向けて動いているとのこと。

 

岡田小学校へ行って確認したところ、取りまとめの話はストップしたとのこと。

 

『確実なことが知りたい。』といったら、『教育委員会学事課に聞いてください。』とのことだったので、すぐ電話。

 

ランドセルや制服について聞いたら、『そこまで手が回っていない。』とのこと。

 

被災者の方はだんだんみなし仮設場所が決まり、学校関係全般について、どこまで自分で用意するのか、何をしたらいいのか、被災者の方は、どうしたらいいのかわからなくて、今、不安に思っていること。

現状わかっている範囲でもいいから、eコネット等で、一度、出せる範囲でいいから、保護者あてに発信してほしい依頼しました。

 

結局、岡田地区ボランティアについての午後の会合は実現せず、この件に関しては、岡山防災士会さまに、引き継ぎました。

 

14時から、薗小学校避難所の『薗の会』に出席。

 

ずっと支えてきた、先生方も限界に来ていると、薗の会でも、運営体制の話が出ていました。

 

子育て支援策について、プロボランティアの方と連携のお話

SOSU(素数)副代表のなおさんも現地入り。

 

被災地を案内し、実情をリアルに見てもらいました。

なおさんは、SOSUで、子育て世代の方を対象とした、ホッとする居場所づくり的サロン運営を、実際に行うための建物自費で整えてくれています。

【設備工事を自費ですでにしている】なんて、なおさんご夫婦の意気込みに、また、力をもらいました。

でも、自費は、正直きついはずなので、補助金等で補填できないか、今、さっぱりわからない『お金』という苦手分野に取り組んでいます。

 

7月20日(金)

子どもが夏休みに突入。

子どもが、毎日、家にいるようになり、実家の母も子守り疲れで、だんだんボランティアへの理解も求められなくなり、子連れで真備は迷惑になるので、思ったように身動きが取れなくなる。

 

ほったらかしだった家を片付け、SOSU会議で朝からなおさん宅へ。

今後の活動方針や、スタッフ集めについて各種相談。

 

今後、サロン運営していく予定の物件を確認

なおさんのお母様に、子どもたちをみんな預け、薗小学校へ。

 

薗の会には間に合わず、プロボランティアの方と、企画の相談

 

バスを出す企画なので、バス停を探すことに。

民の企画だし、この状況なので、行政関連施設は頼めない。

 

どこかいい場所がないか、頭をぐるぐるさせながら、直接交渉するしかないと決める。

 

ディオ真備店を思い出し、その足でいってみる。

 

趣旨と企画を説明すると、『皆さん思いは同じなので!』と、即時OK!!

感動しました!!

ディオさん、本当にすごい!!!!!

 

真備の拠点はできたから、今度は総社の拠点探し。

清音夢テラスさんへ。

こちらも、即時OKでした。

 

今回、活動して、『総社市』『倉敷市』行政の壁をすごく感じていました。

行政は、仕方がないんだと思います。

 

倉敷市からの要請がないと、何もできないそうです。

最初から、いろいろと無理を承知で聞いてきた中で知り得たのですが、倉敷市から、総社市に要請がないそうです。

 

総社と真備は、もともと地縁が濃い間柄なので、本当に真備に親身になるのは、総社市民のほうが多いと思います。

要請があれば、動けるのに、と、もどかしい気持ちをお持ちの行政の方にも接しました。

 

総社市長は、それでも真備の支援も念頭に動かれていて、素晴らしいと思います。

避難所でも、たくさんの真備からの避難者を分け隔てなく受け入れ、支援物資も、どなたでもどうぞ、と提供されています。

 

総社市は、本当はしてはいけないところまで、手をだしている、精一杯しているんだと、教えてくださった方もいます。

 

この先、総社と真備は、お隣同士

励まし合いながら、復興していけるのが理想です。

 

行政の壁が今後の妨げにならないことを、総社市の行政の方たちも、私達のような個人市民も、願っていると思います。

 

総社も倉敷も、困っている被災者の方にとって、行政の単位なんて関係ない

 

たちまち民は、そのを自由にまたいで、色んな事ができます。

そのポジションを生かして、これから子育て支援活動を行っていきます。

 

駐車場は確保できたので、団体のかたからの提案があった、高校生ボランティアを募りに、総社南高校・総社高校を回る。

なかなか厳しい感触。

 

高校生で小学生託児は不安も伴うので、大人か大学生で考えることに。

 

夕方、帰宅してラインをみると、岡田地区の友達から、『とにかく人手が足りずに、全然片付かなくて困っている。5人くらい、なんとかならないかな?』と連絡が入っていました。

たちまち旦那にいってもらうことにし、友人に声掛け。

もうひとり、託児ボランティアにも駆けつけてくださった友達の旦那様が志願してくださったので、感謝してお願いしました。

 

岡田地区に、まだボランティアが入っていないことがわかりました。

実情をツイッターでつぶやきました。

 

夜、ツイッター経由で、岡田地区のことについて関心を寄せてくださる方から連絡があり、DMのやりとり。

わかっている情報を提供。

 

ツイッターなので、どこまで信頼していいのか迷う

 

結構、グイグイ情報を欲しがられたので、どう対応していいか困る

 

防災士会さま、フェイスブック支援者グループの方に対応を相談する。

 

7月21日(土)

SOSU施設での会議の様子。

 

朝からツイッターの方に急かされたので、町づくり協議会会長様に電話。

 

あれから、何かことが動いたのか聞くと、社協の会長さんが来られて、岡田地区に団体ボランティアが入っているとのこと。

後のことは、避難所専門だから、分からないとのこと。

 

お礼を言って電話を切りました。

 

ツイッターの方に、そのことを伝え、ご協力に感謝しました。

あとから、現地のために、一生懸命活動されている方だとわかりました。(*^_^*)

ありがとうございます。ありのままに書いているので、ご了承ください。

 

岡山防災士会さまにも連絡。

明日、真備でボランティア活動をするので、様子を報告してくださることに。

 

旦那が岡田地区の友人宅へ。

 

繋がりのある、総社市議の方も、ずっと、総社・真備で力仕事のボランティアをされています。

その方が、お忙しい中時間を作り、友人宅へ向かってくださることに。

力仕事をしてくださいました。

 

旦那の帰宅後、ボランティアを見たか聞いたら、見ていないとのこと。

どうなっているのか、結局わからない。

 

自宅で、なおさんとやりとりしながら、子育て企画について検討。

 

7月22日(日)

岡山防災士会様より、岡田地区に団体ボランティアが入っていることを確認。

ツイッター、フェイスブックで、つぶやきました。

 

後から、薗サテライトができていることを確認。

すごく嬉しかったです。

 

民生委員さんたちも、戸別調査に動き始めたとの報道も。

ホッとしました。

 

家事掃除を済ませて、子どもと約束していた、プールを買いに行く。

 

9時半からSOSU会議。

 

メンバーがなおさん宅に集まり、子供がワイワイ遊びまわる中、今後の活動方針プロボランティアの方との直近の企画の計画人集め開始施設の下見。

 

下見の際に、プロボランティアの方もきてくださいました。

 

なおさんの旦那様に、今後の活動のアドバイスをいただく。

 

資金面のアドバイスをいただける方を紹介していただき、翌日、早速、相談することに。

 

『みんなで頑張ろう!』と盛り上がる。

仲間がいるのはありがたいなぁと、心底思う。

 

一日、SOSU会議で終わる。

 

7月23日(月)

朝から車検へ向かう。

こんなときに、車検ww

 

倉敷へ向かう道中、酒津の手前の清音黒田あたりの道路に、土砂が流れ込んでいたことを確認。

道の脇に土砂が残り、周りの植物が土砂で白くなり、粉塵が道路にこびりついていました。

ここでも、川の水が溢れていたことがわかりました。

 

すんでのところで、倉敷市中心部の水没が免れていたのではないかと、見ながらゾッとしました。

 

車の整備説明の際、車の奥の方まで、粉塵が入り込んでいてびっくりする。

車の掃除も頻繁にしないと、この粉塵が中まではいりこんだらどうなるんだろう、と心配になりました。

 

今、現地で活動されている皆様、詳しいことはわかりませんが、素人目に見て、車の下側の清掃を、こまめにされたほうがいいと思います。

 

車検の帰り、ずっと我慢していた子どもたちに、ご褒美を買う。

イオンへ行き、イオンの中は、真備が嘘のように、すんごい日常生活で、なんとの言えない、妙な感覚になる。

 

帰りに子どもに被災現場を見せ、自分のしていることを説明

 

神原呉服店へ。

 

託児の手が足りていなかったので、子どもも一緒に、託児を手伝う。

 

娘の小学校から電話があり、個人懇談をすっかり忘れていたことに気づく!!!

またも、ウッカリ発動…。

 

そのまま、個人懇談へ…。

 

ぐったり疲れるw

 

7月24日(火)

補助金等、仕組みについてお勉強。

朝から、自宅で、10日間の活動記録を、書き直し、発信。

 

資金調達の相談

補助金の申請方法等、全くわからない『お金』方面の知識をいただく。

 

昼から、なおさんと、自宅で会議。

子どもたちが大騒ぎする中、各種、検討事項を検討

 

何をどう、補助金申請するのか、よく分かるように、企画内容を組み直す。

 

某補助金のヒアリング日程が決まる。

それに向けて準備

 

総社市議の方もきてくださり、友人宅のボランティアのお礼と、情報交換

熱い想いで現地の支援活動に励まれている様子に力を貰う

 

7月25日(水)

昨日と同じく、午前中は片付け、買い物をして、昼からなおさんと自宅で会議

 

ブログつながりで知り合った方が、わざわざ総社までお越し下さり、子育て支援の楽しい夏休み企画について協議しながら検討。

なんだか、久しぶりにワクワクする。

 

こんな気持ち、久しぶりだなぁと思う。

 

日常から一瞬抜け出し、子どもも大人も、楽しい気持ちになっていただけるような、そんな企画になるよう、協力して取り組むことを確認。

 

被災者の方のお気持ちがどんなふうに推移していくのか配慮を忘れずに、一緒に考えていけるように留意していきたいと思っています。

 

関連記事

西日本豪雨発生から10日間

浸水した建物について

3連休託児について

個人ボランティアとして活動してわかったこと