娘の絵が大好きです。

長女の絵




岡山ママブロガーの、マイコです。

 

7歳と4歳の娘を持つ、アラフォーママです。

娘の描く絵が大好きです。

 

もも子(7歳)の絵

長女の絵

長女が描いたぬぐるみの絵

 

この絵は、今日、娘が友達と一緒に遊びで描いた絵です。

みんなで自由帳をちぎって、思い思いの絵を描いていました。

 

別にコンクールに出すわけでも、誰に見てもらうわけでもないけれど、みんな、限られたクレヨンを分け合って、『あーだ、こーだ!』いいながら、楽しそうに、一生けん命描いていました。

 

『お母さん、見て!』

お風呂に入る前、思い出したように、長女が自分の描いた絵を持ってきました。

 

長女もも子は、昔から絵が大好きです。

私も、もも子の絵が、大好きです。

 

上手下手ではなく、何とも言えず、やる気のある顔や、のどかな顔を表現する、味のある、いい絵を描きます。

 

実に単純なものですが、自分で絵本を書くブームがありました。

その時から、ストーリーを感じる絵をよく描くようになりました。

 

この絵も、ぬいぐるみの会話が聞こえてきそうな絵です。

 

もも子は、ぬいぐるみ遊びがとにかく大好きで、妹と遊びながら、どんどん設定を変え、もも子ワールドを創っています。

頭の中で、生き生きとぬいぐるみが動き、話をしているんだと思います。

 

実にたわいのない、何の意味もない絵ですが、私はこういう絵を見るのが大好きです。額に入れて飾っておきたいくらい、大好きです。

瞬間、全部

長女の絵

長女(7歳)が描いた絵

『もも子は本当にいい絵を描くね。一つ一つ気持ちが伝わってくるね。お母さん、もも子の絵が大好きよ。』

 

本当に思ったことを、そのまま伝えたところ、嬉しそうにしていました。

そして、お風呂上り、他にやることはいっぱいあるのに、髪も乾かさずに、せっせとまた、描きだしました。

 

お父さんとお風呂に入ったので、絵はお父さんの大好きな、フットサルを応援するものに代わっていました。

 

思いついたまま、即、表現。

関連性も何も、一切関係ない。

瞬間瞬間、楽しそうだなぁと思いました。

 

おおげさですが、画家の岡本太郎さんの名言『芸術は爆発だ!』を思い出しました。

 

『瞬間』に全魂を込める。

生命の躍動をぶつける。

ただそれだけ。

created by Rinker
¥1,080 (2019/04/19 05:25:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 

時間を惜しんでギリギリまで描き、結局、お父さんに怒られて、しぶしぶ布団に入りましたw

片付けの時間もなく、特に絵を大事にするわけでもなく、テーブルの上に転がしたまま寝てしまいました。

描きなぐったまま、寝た様子

 

熱中して、執着しない。

子どもって、マスターだなぁとつくづく思います☆

 

片付けをしていないのはよくないけれど、それだけ夢中に遊んだ証拠(このままほっといて、明日の朝片付けさせますがw)

 

もも子は、計画的に動くということが苦手な子です。

持ち物の管理もできません。

本当に、気がよそに行くと、忘れきるんです。

 

集中すると周りが見えなくなる、私によく似ています。

両親がよくあきれていたのを思い出しましたw

 

瞬間瞬間、やりたいことを、いつも自己流でやっているので、何をするにも一生懸命です。

 

それゆえ、人から強制されることを極端に嫌います。

自分の気が向かない時には、別のことをするか、明らかにダラダラして、体力を温存します。

 

持久走参観日では、一年生のくせに、『一日ムダに疲れるのはイヤだから、今日は手を抜く!だから、見に来ても、最後を走るからね。宣言をして、本当に実行しましたw

あっぱれな、マイワールドっぷりを発揮してくれました(/ω\)

 

マイコ的まとめ

安富牧場映えスポット!?

何かがおかしい娘たち…。

 

娘の絵が大好きです。

そして、長女も次女も、大好きです。

 

長女と母って、なんだかちょっと手ごたえのある、不思議な関係だなぁと思います。

 

長女は、なんだか、スッと受け入れがたいような、ちょっと引っかかることをいつもしてきます。

悪気は全然なくて、私ができないようなことを堂々とするんです。

 

スピ的に言うと、生まれるポジションも、関係性も全部選んで生まれてきているそうなので、結構そういう関係の方、他にもいるんじゃないかなって思います。

 

次女は、だいたい行動が読めるし、ただただ、かわいいんです。

(※長女も同じ熱量で、かわいいですよ!)

自由で、天真爛漫を絵にかいたような子です。

 

たぶん、私は、長女から一番学ぶ

師匠と弟子のような関係ですw

 

そして、次女に一番、癒される。

 

私のいろんな側面を映し出し、新しい世界を開いてくれる子どもたち。

いつも本当にありがとう。