耳の痛い絵本『大好きだから言えないだ。』スマホと子育て。

岡山ママブロガーのマイコです。

ついついスマホを見過ぎてしまいます。

ちょっと耳の痛い絵本ですが、ご紹介です。

先日、幼稚園のPTA副会長さんからのお誘いを受けて、岡山県幼小中高PTA連合会連絡協議会に参加してきました。

さすがPTA連合会、親の痛いところを突き、啓発するような内容でした。

絵本ママのスマホになりたい作曲:弓削田健介さん

コンサートでこの曲を聞いた時、次女のうめ子(2歳半)のことを思い出し、おもわずが出ました。

うめ子、ひとりぼっち…。

うめ子と私

うめ子(2歳半)はよく胸に刺さる一言をつぶやきます。

仕事の後「うめ子、寂しかった…。」とか、玄関で泣きながらつぶやく子で、毎回ナイフのようにストレートに心に突き刺さってきます。

長女のもも子(5歳)が幼稚園に行っている間、昼寝をしてくれなかったりしたらついついスマホをみながらあやしていました。

最近自分のやりたいことが多すぎて、スマホを見る時間が多くなってきていました。そのうしろめたさをごまかしごまかし、空き時間ととらえて、何も言わない子どもたちに甘えていました。

子どもに空き時間なんてないんだ。って反省しました。

どんなお説教を受けるより、弓削田さんの小田和正似の声で、絵本『ママのスマホになりたいの画像をみながら聴くと、何の抵抗もなく自分の間違いを反省することができました。

いのちのまつり「ヌチヌグスージ」

ご先祖様といのちのつながり命の大切さを感じる絵本の紹介と、弓削田さんの動画を紹介します。

子どもに視覚的によく分かる、いい教材だと思いました。

いのちのつながりを感じる絵本いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」

以上、学びの多い研修会で、本当に勉強になりました。

壇上の井村コーチ

必ずメダルが取れる目標達成の秘訣。シンクロ井村雅代コーチ講演会 in 岡山

2017年1月20日

New!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください