子どもはマスター

Now

岡山ママブロガーのマイコです☆

今日は雪が降りました。

子どもはもう、大喜びです。

雪と子ども

家の前に飛び出して、雪に向かって口を開ける子どもたち

雪が降れば外に飛び出して口を開け、雪を食べる。

夜になれば、氷実験でワクワクし、

氷実験

好きな容器で氷の仕込みをする二人。

朝が来れば、外の雪景色に歓声をあげ、あっという間に布団から飛び出し、外へ☆

雪だ!

雪に大興奮の二人。

寒さなんて感じないかのように、雪を集めて雪を丸める。

氷実験

実験結果を確かめ、手を真っ赤にしながら氷で遊び、その場でみかんとバナナを食べました。

バナナは冷えただけだったけど、みかんは半冷凍ミカン。

シャリシャリおいしくて『また食べたい!!』の嵐。

雪で凍ったというだけで、超特別なミカンです。

氷実験

子育てはインナーチャイルドの癒し

子どもを育てるって、本当に幸せなことだなぁ、ってしみじみ思いました。

親にとっては、幼少期の追体験です。

自分がしてもらって嬉しかったことを、子どもにしてあげられる喜びはもちろんですが、自分がしてほしかったことを、子どもにしてあげることで、インナーチャイルドの癒しになります。

『今』ってこういうこと

子どもを見ていて思いました。

『今』の連続にいるって、こういうことだなぁって。

先日、ディズニー映画の『プーと大人になった僕』を観ました。

くまのプーと、大人になった、クリストファーロビンが電車に乗っているシーンを思い出しました。

クリストファーロビンは、車内で仕事の資料作りを必死でしています。

プーは、車窓の外を見て、

『木。屋根。牛。車。…』

目に見えたものを、ただただ、口に出していきます。

クリストファーロビンは、そんなプーにイライラして、『ちょっと黙っててくれ。』と怒ります。

ちょっと我慢しても、すぐにまた、口に出すプー。

 

クリストファーロビンは、『未来』と『過去』にいます。

プーは、『今』にいます。

『今』の連続にいることが、マスターの生き方らしいです。

子どもはいつも、『今』にいる。

子どもから生き方を学び、子どもの『今』を消さないようにしたいなぁって、思った朝でした。

皆さま、素敵な雪の日を☆