Natural Healing 

イチョウの絨毯




こんにちは!

マイコです。

 

冬ですね☆

冬は、イベント盛りだくさんで、ワクワクしますね。

 

山道ヒーリング

山の木々

静かにたたずむ木々たち

 

今日は久しぶりに、家族でお出かけしました。

 

ずっとやりたくて、できてなかったこと。

 

朝からおにぎりをにぎり、卵焼きを焼いて、ピクニック。

 

自然の中を、散策してきました。

 

疲れた時は、どっぷり自然に浸かるのが一番です。

 

岡山はいいですね…。

 

自然スポットなら、うじゃうじゃあります。

こんなに身近に、素敵な自然スポットがたくさんある場所も、そうそうないんじゃないかな。

 

ちょっと車を走らせれば、癒しの空間が手つかずのままで拡がっています。

こういう場所は、これからどんどん、貴重な場所になっていくんだろうなぁ…。

 

先日、お友達に案内してもらった、とっておきの自然探検スポット。

 

案の定、子どもたちは大喜びでした。

 

静かに立ち並ぶ、木々のトンネルを抜けていくと、

突然、明るい黄色が、パッと、目に飛び込んできました。

 

見事な、イチョウの絨毯です。

 

イチョウの明るい黄色

明るい!!

 

黄色という色の持つ、明るいパワーをいっぱいもらいました。

 

イチョウで遊ぶ子どもたち

イチョウに大喜びの娘たち

 

道々には、のびのびと、雄大に立ち並ぶ樹木

どんぐりや赤い実を拾いながら進みます。

 

整えられていない山道は、枯れ葉がたっぷり

足元を滑らせないように、一歩一歩、踏みしめて進みます。

 

子どもは走ってもこけないから不思議。

 

ケガをしないように配慮された空間ばかりに出かけると、野生力が育ちません。

子どもたちには、あえてこういう、ちょっとドキドキする、危険が潜む空間に、たくさん連れ出したいなぁと思っています。

 

桜の幹

見事な桜の樹

 

大きな岩が集まる場所が、最終ゴール。

もも子(7歳)は、昔から石が大好きです。

 

きっと喜ぶだろうなぁと思い、ここへ連れてきました。

 

八畳岩

石の集まる場所。ラピュタの岩じいを思い出しますw

 

岩によじ登り、穴を見つけ、枯れ葉にまみれて、大はしゃぎ。

 

ちょっぴり、神聖な雰囲気がある場所なので、大人はなんとなく遠慮して近寄りがたい雰囲気がありますが、子どもは、全くお構いなしw

 

無邪気っていいなぁと思いました。

 

邪(よこしま)な感情が全くないって、こういう状態なんだろうなぁって、子どもから学びました。

 

岩

巨大な岩で遊ぶ子どもたち

 

ほとんど、誰にも会わない、静かな山の中。

山の香りに満たされて、心の芯まで、リラックスできました。

 

最小単位に『愛』を

イチョウで遊ぶウメ子

締めは、我が家の恒例、安富牧場のアイス☆

 

11月の終わり頃から、すごくイライラして、全然、ダメダメ星人でした。

子どもといると、特にひどかったんです。

 

怒ってばっかりで、最悪な母親でした。

 

あまりにひどかったので、おばあちゃんに協力してもらいながら、初めて、セッションも受けてきました。

 

家族という、最も身近で最小単位の存在に『愛』が注げないと、何をやっても意味がない

分かっていながら、怒ってばかりの自分が、すごく苦しかったんです。

 

この一年、いろんなことがあったので、自分は大丈夫だと思っていましたが、結構、積もりに積もってたんだなって、自覚しました。

 

変わると決めたので、具体的に行動しました。

 

教わったのは、まずは、自分の抱えるネガティブ気づくこと。

そして、気づいたら、まず、呼吸すること。

 

吐くことが大切。

 

ネガティブな感情のもつエネルギーの重さを、鉄の塊にまでイメージして、手放す

 

自己嫌悪をしない。

 

自分を嫌うと、『悪』になる。

なんて恐ろしい日本語w

 

漢字は真理を表していて、本当にすごい。

たくさん抱えている『嫌』に気づいて、たくさん手放す。

 

Do not judge, just blessing.

 

外に広がりすぎた自己を、一度じっくりと内側に戻し、

しばらく、心を整えることに集中します。