親子で楽しい『メリー・ポピンズ リターンズ』

岡山ママブロガーのマイコです。

『メリー・ポピンズ リターンズ』を映画館で観てきました。

歌も映像も素晴らしかったのでご紹介です。

最高のショータイム『メリー・ポピンズ リターンズ』

平成31年2月1日(金)公開の最新ディズニー映画『メリーポピンズ・リターンズ』を、初日の朝イチで観てきました。

たまたま合う時間が吹替版しかなかったので、吹替版で観たのですが、吹替版で大正解でした。

平原綾香さんの素晴らしい歌声に、終始魅了されました!

メリーポピンズは、とても哲学的心に残るストーリーも魅力ですが、音楽がまた素晴らしいです。

心が震える歌声とファンタジックな映像が織りなす最高のショータイムでした。

ディズニーの技術が結集した本当に素晴らしいシーンの連続でした。

普段は洋画は字幕版が好きなのですが、この映画は文字を追うのがもったいなくて、吹き替え版でよかったです。

日本語だからこそ響く言葉もたくさんあります。

平原綾香さんの歌う歌声は大迫力で、日本語の響きと重なり合い、空気感まですごくに響きました。

音楽は理屈なしに『今』感じるもの。

感動しました。

ストーリーは観てのお楽しみだと思いますが、子どものころ誰もが想像して遊んだような世界が、ディズニーの世界観壮大な景色になって目の前に飛び込んできます。

アトラクションの中に入り込んだような、そんな別世界感がものすごく楽しかったです。

子どもにも分かりやすいストーリーで、アニメやCGと混ざり合いながら進んでいきます。

3人の小さな兄弟たち全体のストーリーを展開していくので、幼稚園以上のお子様ならきっと終始楽しく鑑賞できると思います。

わが子にも『メリー・ポピンズ リターンズ』の奇想天外な素晴らしい世界観を、映画館ならではの迫力の大画面と音楽体験させてあげたいな。

まとめ

メリー・ポピンズは、たぶん天使。

終始エレガントでステキでした。

今、この時期にこの映画が上映されている意味深さを感じました。

内容はすべて『』の本質を貫いています。

地球そのものが最後の風船のシーンのように舞い上がれるか。

何を観ても、何を読んでも、いかに一人称に受け取り行動に移すか。

自分の脳みその汚れを落として、心を軽くキープしたいと思いました。

素晴らしい映画なので、ぜひ、ご家族でたのしんでくださいね☆

以下、完全にゼロで見たい人は見ないくださいね☆

私の備忘録用に素敵な言葉を集めました。

すてきな言葉たち

  • 今日、この場所にいないだけ。
  • 何にでも、どんな意味にでもなる。

 

  • ダラダラしない!
  • ハイ、タッタカタ!

 

  • お風呂は、体を洗うべき時に入るもの。
  • はしゃいで、脳みその汚れまで落とす。
  • 質問しすぎたら台無し。
  • 変なことは、本当じゃない。
  • 創造力が信じられない。
  • 毎日の隙間。

 

  • 世界がひっくり返ったら、一緒にひっくり返るのが一番!
  • 別の場所に立てば、見方が変わる。
  • 後ろばかり気にして、どこに行くのか考えてない。
  • いつだって、何にも説明しないんだ。
  • きっともう、知ってるよ。

 

  • 自分以外にはなれない。
  • いつも選べる。暗闇に負けるか、小さな灯をともすか。

 

  • 考えすぎる人もいる。
  • やるよ!それしかない!
  • 中身こそが大切。

 

  • 自分にぴったりの風船を選んで。
  • 立場を超えて認め合えば、笑顔でつながり合う