「愛」か「怖れ」か

ハートカード

岡山ママブロガーのマイコです。

読書が趣味で、学んだことを書き留めています。

『奇跡のコース』に書いてあった、最近すごく勉強になったなぁ、役に立つなぁと心から思ったことを紹介します。

それは、「」か「怖れ」か

ハートカード

なにかを決める時、それがに基づくものか、怖れに基づくものかを常に自分に問うこと。

」を選択するようにすれば、すべてがうまくいく。

【例】

 目の前を重たそうな荷物をもって歩いているお年寄りがいる。

「大変そうだな。」って思う。

「荷物を持ちましょうか?」って声をかけて実際そうしてあげる。

もしかしたら有難迷惑かもしれないって迷う。

「そんなに年寄りじゃない!」って怒られるかもって心配する。

そのまま通り過ぎる。

 

この場合、に基づく行動は、「荷物持ちましょうか?」って声をかけて実際そうしてあげることです。

優しさから出た親切だからです。

親切も優しさも、に基づく行動です。

後半の、有難迷惑かも、怒られるかも、というのは、自分がをかくことや嫌われることへの怖れ基づく行動です。

心配自己防衛です。

人生は選択の連続で作られる。

行くか止まるか

毎日、一瞬一瞬が選択の連続です。

こんなに分かりやすい状況でなくても、一日のうち何回も何回も」か「怖れ」かの選択を経験します。

愛に基づく行動

  • 親切
  • 笑顔
  • 優しさ
  • 明るさ
  • 自己開示

怖れに基づく行動

  • 恐怖
  • 心配
  • 怒り
  • 暗さ
  • 自己防衛

自分の行動がどっちだったかは、自分の心がすぐに教えてくれます。

に基づいていれば「喜び満たされ、「怖れ基づいていれば「後悔でもやっとします。

自己開示すること

アカペラアプリ画像

この一年間、自分を開示することに努力してきました。

周りの目や常識にとらわれずに、自分の考えを持ちたいと思って自分なりに取り組んできました。

ブログを書くことも、自分の講座を始めることも、すべて自己開示の一種です。

本音で生きたいと思ったからです。

本音で生きれば嫌われる可能性もあります。

鼻で笑う人も、離れていく人もいます。

逆に、今まで出会ったこともないような方と出逢うこともできました。

周りの目を気にするのをやめました。

本音を探ると自分に興味が湧きました。

それで自己啓発関連の情報に触れるようになりました。

世の中のことを何も知らない。

自分が自分で分かってないということが、よく分かりました。

もっと知りたいと思っています。

親から引き継がれてきた根強い価値観とも葛藤しています。

ただ、一つだけ確信しているのは、自分のありのままを表現するのは「愛」に基づく行為だということです。

人はもともと「愛」に基づいて作られたからです。

本来の自分を表現しようと思うと「愛」を表現することにつながると思いました。

どう行動すればいいかは、いつもが教えてくれます。

選択を間違えたら、一つ勉強した、「ツイテル」って思えばいいんです。

今は心からそう思っています。

ネガティブな感情も受け止めて、自分が損することは考えない。

愛に基づいて行動することは自己犠牲とは別物で、自分も嬉しくないとダメなんです。

本当に本音で生きるには、自分を囲っているフィルターをはがさないといけない。

勝手な判断を挟まない、ただありのままに事実をみれるようになること。

「愛」か「怖れ」か。

ひとつの視点が入っただけで、自分の具体的な行動が変わってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください