卒業旅行

岡山ママブロガーのマイコです。

私は旅に出ると気持ちがスッキリする人です。

特に海外旅行に行ったときは異文化のただなかにいることで、自分の偏見や当たり前に気づき、枠を超えれる気がしてすごくワクワクします。

いままでの卒業旅行を振り返ってみました。

バスの運転手さんに助けられた高校の卒業旅行

バスの運転手さんのご厚意に助けられるの巻

高校卒業の時はハウステンボスへ。

初めて友達とバスで1泊2日旅行をしました。

何故だか友だちが帰りのバスの予約日を間違えていて、帰りのバスに乗れないなんて事態に!!

時刻は17時。

全員今夜泊まるお金まで持ち合わせていない状態…。

「どうしよう…。」ってみんなでパニクッてたら、バスの運転手さんが「会社に絶対内緒だからね!」って言いながら、リスクを冒してご厚意で乗せて帰ってくださったことを思い出しました。

あの時の運転手さんのご厚意は一生忘れません。

謎の猫犬に出逢った大学の卒業旅行

タイの像

タイで象に乗ったよ

大学卒業の時は友達とタイのバンコクへ2泊3日の旅行へ。

象に乗り、タイ料理を食べ、民族衣装に身を包み、寺院巡りをしました。

初めて値段交渉をして買い物をしぼったくられました(笑)

日本とタイの通貨価値の差を実感し、為替というものを初めて言葉でなく実感で理解しました。

タイの民族衣装

タイの民族衣装

タイ旅行で印象に残ってるのは『猫犬』に会ったことです。

話しても誰一人信じてくれませんが確かにこの目で見たんです。

『神の使い』だったと信じています。

なんのために私の目の前に現れたのかはいまだに分かりませんが…。

タイには野良犬がウヨウヨいました。

どこにでもいるような一匹の白い中型犬がこちらをクルッと振り返ったところ、

顔だけ猫でした。

超巨大な猫 !

体は完全に犬!!

目が合った見た瞬間背筋がゾクッとして戦慄が走りました。

もののけ姫の『しし神』をアシタカが見たときはこんな感じだったんだろうと思います。

衝撃的な経験でした。

ジャマイカで死にかける

ジャマイカ

最初の職場を7年務めて転職するまでの間、3か月間空白期間がありました。

このときはジャマイカに約一か月間滞在しました。

ジャマイカはすべてがワイルドで、ジャマイカ人の体つきから植物、音楽にいたるまで、すべてが生命力あふれる国でした。

物乞い経験、穴だらけのアスファルト、危険すぎて決して窓を開けてはいけないと言われた地域の訪問、ゴスペル体験など、普段できない経験をたくさんして帰りました。

牧歌的な風景もそのまま残っていて、ロバが日常生活で活躍していました。

ライムキー

ライムキー。すぐそばにサンゴ礁が広がる。

ライムキーというの首都キングストン付近の美しい無人島でシュノーケリングを楽しんでいたところ、潮に流されかけました

ものすごい勢いで急に沖に流されかけ、必死でもがいて何とか流れから脱出できましたが、急に潮目が変わる境目に入り込んでしまい、人生で初めて、具体的に生命の危険を感じました。

あのまま死んでいてもおかしくなかったと思います。

薬局の特賞で北海道旅行

北海道でカヌー

2度目の退職は子育て中で旅行なんて全く考えていませんでしたが、懸賞で北海道旅行を当てるという奇跡が起き、家族旅行で北海道に行ってきました。

友だちが「前向きに頑張ってるから神様からの退職旅行のプレゼントだよ!」と言ってくれ、とても嬉しかったです。

娘と初めての空の旅。

子供中心の旅をして、なんだか自分中心の時代から周りを優先する時期に移行したんだな、ってしみじみ思いました。

北海道大学

まとめ

あなたにとって、『卒業』とはどんなものですか?

私にとっては切り替えの時でした。

毎回旅行で慣れ親しんだものへの喪失感を忘れ、執着を手放し、完全に異世界にぶっ飛び、新しいエネルギーを充電する期間。

身の危険を感じたり、初めての体験を重ねて自分というものを外側からみる貴重な時間でした。

大人になったら転職でもしない限りわざわざ『卒業』っていう区切りはないですが、物事の節目節目に旅行に行って多様な価値観を肌で吸収していきたいな。

振り返ってみてそんなことを思いました。

それにしても猫犬、何のために現れた(笑)

また会えるかな!?

New!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください