Gospel(ゴスペル)大好き!

スポンサーリンク




岡山ママブロガーの、マイコです。

無宗教ですが、音楽としてゴスペルが大好きで、ずっと歌っています。

 

ゴスペルとの出会い

アリオ倉敷コンサート

Y.S.ゴスペルクワイア

日本で一番有名なゴスペルと言えば、映画「天使にラブソングを」の 「Oh Happy Day」です。

大学時代にこの映画を観た私は、雷に打たれたようにゴスペルの魅力に取りつかれました。

 

歌と私

子どものころから、歌だけはとにかく大好きでした。

3歳で瀬川英子の「命くれない」を熱唱w

小学校3年生でマイケル・ジャクソンにはまり、6年生の時、地元の合唱団に入りました。

 

中学校ではコーラス部で全国大会を目指して、本格的に歌いました。

高校生でマライア・キャリーの歌声に出逢い、ホイットニー・ヒューストンの 「I Will Always Love You」に感嘆。

 

二人ともゴスペルシンガーです。

 

大学ではバンド活動をし、社会人になって、ゴスペル講座をを発見し、通い始めました。

 

それから、約15年間歌い続けています。

 

最初のころは「天使にラブソングを」の曲を中心にしていたが、最近ではどんどんマニアックになってきて、Kurt Carr やHezekiah Walker などを中心に歌っています。

 

ゴスペルを通して人生を学ぶ

ゴスペルは、魂の歌。

人生に役立つメッセージをたくさんもらえます。

 

ただただ、無心に歌い、集中した時間が気持ちいいんです。

ゴスペルの世界を、ブログでも発信していきます☆

 

関連記事

『Oh happy day』歌詞の意味

『For every mountain』歌詞の意味

『God Speaking』歌詞の意味

ジャマイカゴスペル体験記