親だからこそ、楽しく生きる

岡山ママブロガーのマイコです。

もも子(5歳)とうめ子(3歳)のアラフォーママです。

「親の楽しそうな姿をみせること。」

今年出逢った素敵なアドバイスです。

尊敬する人の言うこと、本に書いてあること。

それを実際にやってみるとどうなるのか。

その過程をアップしています。

好きなことをして生きることで起きた変化

昔からスピリチュアル自己啓発が大好きで、たくさんの本を読みセミナーに参加しています。

この一年間で自分の環境がガラッと変わりました。

自分の好きなことを基準自分中心に行動することで、新しい友達がたくさん増えました。

今まで話したこともないような人とたくさん出会い、新しい知識をたくさん吸収しました。

 

そして、周りのせいにすることがなくなりました

好きなことを追究して実際に行動していくと、外側だけでなく内側にも具体的な変化が訪れました。

家族の変化

イチゴ

正規の仕事を辞めて自分の好きなことをしていくこと。

始めはそのことに自信が持てませんでした。

家族に対しても、少し後ろめたい気持ちを持っていました。

1.母の変化

おばあちゃんともも子とうめ子

仕事を辞めるきっかけになった自律神経失調症

車の運転もできなくなるくらい調子を崩していました。

それが、一年たって劇的に元気になりました。

何かにつけ不平不満の多かった母が、孫の世話を楽しみ、徒歩の会という、山歩きの会にも一人でどんどん参加し始めました。

表情も明るくなり、ケンカしていた友達とも時々会えるようになり、物事がいい循環に向かっています。

3.父娘関係の変化

フクロウ

父の仕事過去の家族関係について直接話を聞くことで、普段できないような会話をしました。

自分がずいぶん父を誤解していたことに気が付きました。

37年も一緒にいるのに、父のことは何も知らなかった。

娘への対応に不満に思うことがよくありましたが、ほとんどは、私の先入観からくる誤解でした。

父に感謝の気持ちを伝える機会が増え、父も孫の世話を父なりに頑張ってくれています。

3.旦那の変化

研究職をあきらめ、高校教師になった旦那。

今までのブランクを取り戻すため、かなり無理をしてもとにかく仕事を頑張っていました。

子育てにも決して手を抜かない。

休みの日には子どもと遊ぶのは当然。

早朝に出勤し、18時半を目指して帰宅。睡眠時間を削って深夜まで自宅で準備。

自分のために時間を割く暇などありませんでした。

子どもが生まれ、教師に転職して以来、ずっとそんな日々が続いていました。

 

心配でした。

そして、そんな状況の中、私だけ好きな事をしていることにお互いギグシャグした時もありました。

それが、最近になって

  • ギターアンプが欲しい。
  • フットサルをしたい。

など、自分の好きなことに時間とお金を使うようになりました。

もちろん大賛成です。心底嬉しかったです。

すぐにギターアンプを購入し、時間を見つけては練習をしています。

今日は、高校の文化祭で一緒にステージをする先生とのセッションしに出かけていきました。

フットサルは、近くのチームに本当に加入しました。

筋肉痛に加齢を感じつつも楽しんでいます。

今日は、昼のスタジオ練習に続けて夜はフットサル。

後ろめたそうな顔をしていたので、

マイコ

好きなことをするのに、遠慮することなんて1mmもないよ。

そう言うと、安心して出かけていきました。

 

うめ子が三歳になり、また、仕事にも慣れて来て落ち着いてきたことも大きいと思いますが、私の変化も大きかったと思います。

4.私の変化

FUN!MUSIC!!

FUN!MUSIC!!リトミックタイムの様子

正規職員だったころは、私が大黒柱。

今と真逆の状況でした。

お互いに頑張らなきゃ!みたいな暗黙のルールがありました。

お互い手を抜かない。抜けない…。

「頑張りすぎたらお互いしんどくない?」

そんな話をして、何とか持ちこたえてきていました。

「夫婦は敵か味方か。」

そんなことを友達に相談するくらいでした(笑)

 

去年から、私は好きなこと中心に動き始め、いろいろその都度悩みはありますが、

それも含めて本当に思いっきり楽しんでいます。

自分が楽しいと、精神的周りに頼る必要がなくなります。

ほとんどの感情を自分で処理できるからです。

「ま、いっか。」そんなことが増えました。

これは、とても大きな変化だと思います。

ある意味、旦那をあてにしない。誰も、あてにしない。無理して合わせない。

それは寂しい事ではなく、精神的に自立したということ。

非協力的なことではなく、むしろ、感謝が増え喜んで協力したくなる感情

お互いを個人として尊重できるようになりました。

 

お互い好きなことをしていると、ただそれだけで幸せです。

その空気が、周りに伝染します。

ストレスを自分で発散できるので家族に優しくできるんです。

子どもがいるから今は我慢する。

子どもがいるから、親も楽しく生きる。

家族全員がそんな価値観に変容してきています。

子どもがいるからこそ自分の時間をとることはバランスをとるために必要だと思います。

委ねて、受け取ること。

今日は子どもが調子を崩し、予定が大きく変わりました。

偶然、母くらいの年齢の女性お悩みを聞く流れになりました。

以前は年上の方にアドバイスなんておこがましいと思って遠慮していました。

 

今日はしっかりと話を聞き、解決策を一緒に考えることができました。

遠慮せず、対等に話ができました。

そのことに自分が一番びっくりしました。

価値観の形成過程を知るために自分の過去の感情を探ることで、また、自分の過去と向かい合ったことで、母との関係を解消できたようです。

その女性の話を聞くことになったのも必然の流れだと思いました。

 

人生にはそういう流れがいつも存在しています。

そして、私自身、目の前に起こる物事を委ねて受け取ることができるようになりました。

感謝して受け取ること。

瞬間瞬間、心を込めてベストを尽くすこと。

  • 自己啓発
  • スピリチュアル。

こんなに面白い領域はありません。

自分で一つずつ実証していきたいな。