要は本気かどうか。「覚悟」について考えたサイクリングロード。

岡山ママブロガーのマイコです。

今日は実に小さい出来事からですが、

朝から覚悟について考える日でした。

幼稚園最終日

今日、もも子(5歳)の幼稚園は一学期最終日でした。

この前進級したと思ったのに、月日が流れるのはあっという間です。

去年までは結構泣き虫だったけれど、年長だ!っていう張り合いからかしっかりしてきました。

体も強くなって一学期は初めて皆勤達成!

えらいぞ!もも子☆

幼稚園がないのは寂しいけれど、アツくて送り迎えはもう限界でした…。

数えてみたら夏休みは43日間。

何して過ごそうかな…。

毎年ちょっと、途方にくれます。

せっかくなので、楽しく過ごしたいです。

もも子はやたらラジオ体操を楽しみにしています。

 炎天下の自転車という覚悟

国分寺のヒマワリもしおれる暑さ…。

もも子は幼稚園の学区外申請をして通っているので、幼稚園まで少し距離があります。

歩いていけない距離ではないのですが、うめ子(3歳)がいるのでいつもは近所の実家まで車で行き、実家から歩いて通っています。

一学期最終日の今日、旦那が毎朝通勤に使用している伯備線が土砂崩れで止まりました。

「車つかっていい?」

我が家には一台しか車がありません。

倉敷まで通ってるのに、ダメって言えるわけないじゃん!

ギラギラ照り付ける太陽を見て、心の中は思いっきりガーン…。だったけど、

「いいよ。」

あと一日だったのに!!伯備線め!!!

幼稚園はママチャリで行けるし、用事は実家の車借りたらいいか。

なんて思っていたら、当てが外れました。

父が田舎に帰っていて不在。

車がない…。

15時から国分寺付近まで外せないがあるのに!!!

炎天下の中片道30分、往復で1時間程度自転車で行くしかない…。

炎天下で自転車1時間なんて普段なら絶対にお断りだけど、どうしようもないから覚悟を決めた

他に方法がなければ、仕方ないから何とかなりますね。

意外にも自転車は快適で、「なんだ!全然いけるじゃん!!」なんて、久しぶりのサイクリングを楽しみつつ予定をこなすことができました。

覚悟すればなんでもできる

オーストラリアで上空4,000mからスカイダイビングした時の写真

今朝、竹田和平さん関係のメルマガで戦争体験についての内容が届きました。

中学生の時、いくら考えても戦争から逃げられない。

どうやっても自分は死んでしまう。

そう思って覚悟をしていた。

玉音放送が流れたとき、戦争が終わった!と体から猛烈な喜びが沸き上がった。

斎藤一人さんのお話に、こんなお話もあります。

成功しないのはなぜかって、あまりにも覚悟が足りないだよ。

ダイエットしますって言ってもすぐ辞めちゃう人。

食ったら太るんだよ。

当たり前なんだよな。

禁煙しますって言ってもすぐ吸っちゃう人。

いるよね?

そんな人はみんなやる前から覚悟が足りないんだよ。

タバコ吸ったら打ち殺しますなんて

鉄砲構えて本気で言われてごらんよ。

絶対もうタバコ吸えないよ(笑)

戦争銃口までの極限状態まで行かなくても、本当に覚悟を決めたら何でもできるはず。

要はその覚悟をしてないってだけなんだろな。

決めたら決まる。

決めたら動く。

結果が出る。

決めれないうちは「決めない」っていう選択をしている。

経験から考える。

このNYも、一人で片道12時間。

巨大なシカゴ空港で人生初の乗り換えがあったから、結構ドキドキで実際ギリギリで危なかったけど何とかなった。

子どもの頃からやってみたかったスカイダイビング、バンジージャンプ(もどきだったけど)、スキューバダイビングも結局全部できた。

子どもの頃からの念願だった初ダイビング。グレートバリアリーフにて

移動だけで二日かかるジャマイカ行きだって、一人で往復できた。

ジャマイカの観光地ミュージシャン

やってみたらどれも楽しかった。

そんなもんなんだろうな。

マイコ
要は本気かどうか。

そんなことを考えたサイクリングでした。

それにしても、私は目的が「遊び」だったらうまくいく。

話が「仕事」や「お金」になると一気にブロックがかかっちゃう。

心底同じ感覚でいけたら、うまくいくんだろうなぁ…。

New!