冬の寝かしつけに最適!冬眠がテーマの絵本『くまくん、はるまで おやすみなさい』

くまくん、はるまでおやすみなさい

スポンサーリンク




岡山ママブロガーの、マイコです。

 

幼稚園の読み聞かせボランティアに参加しています。

冬の寝かしつけにおすすめ絵本

『くまくん、はるまで おやすみなさい 』

この本は、冬眠がテーマのドイツの作家:ブリッタ・テッケントラップさんの本です。

初めて冬眠するくまくん。

お母さんと一緒に森の動物たちに「おやすみなさい。」の挨拶をしにいきます。

アナグマ、きつね、鹿、ウサギ、ねずみ、りす。

くまくん、はるまでおやすみなさい

聞いている子どもたちは、目をキラキラさせてかわいい動物とのやり取りを楽しんでいました。

ちょっぴり怖ぁいフクロウさん。

低~い声の灰色オオカミのおじいさんにあいさつをするときには、子どもたちが、くまくんと同じように、ドキドキしながら様子を見守っているのが分かりました。

あいさつが終わると、お母さんと一緒に暖かい巣穴に帰り、お母さんにひとしきり甘えます。

くまくん、はるまでおやすみなさい2

 

「おかあさん、ずっと いっしょに いてくれる?」

「ずっとそばにいますよ。」

 

「もういっかい、ぎゅって してくれる?」

おかあさんは くまくんを、やさしく ぎゅっと だきしめました。

 

やがて、眠くてたまらなくなったくまくんは、お母さんと一緒に冬眠に入ります。

 

寒い冬の寝かしつけにぴったりです。

親子でほっこり、あったかい気持ちに包まれます。

 

お勧めなので、是非読んでみてくださいね!

こちらもおすすめです。

↓↓↓

関連記事

おすすめ絵本

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください