人生初のプレゼンに挑戦☆未来型コミュニティー『SOSŪ』第2話 結集する仲間たち

こんばんは!

岡山ママブロガーの、マイコです。

 

先日、人生初のプレゼンをしました。

流れるように立ち上がった、

『未来型コミュニティーSOSŪ』

プロジェクト

 

(プロジェクト内容は、

また熱苦しく書きます(笑))

 

きっかけは実に些細な事でしたが、

 

たった2週間で、

 

これが自分の志命かと思うような、

そんな熱い想いの詰まった

プロジェクトが立ち上がりました。

 

人生初の本気プレゼンに至るまでの

過程をアップしています。

 

第一話はこちら

えらいことなった!SOSŪプロジェクト 始まりの時

 

なおさんとシンクロ。『保育事業やりたいんです。』

プレゼン終了後、記念撮影をパチリ!左からなおさん、私、マリさん、めぐちゃん。萱野市議と深見市議

 

萱野市議との電話を切り、

突然いただいたプレゼンのお話…。

 

これはまた、やっちゃったなぁ!!

 

どうしよう、どうしよう…。

 

でも、またとないチャンス!?

チャンスってなんだ!

私は何だ!?何してんの!?

 

んーー…。

本当にどうしよっかなぁ…。

 

頭の中をグルグルさせながら

所用で銀行へ。

 

番号札をとり、椅子へ向かうと、

 

あれ!?

なんか、あの人見たことあるな…。

 

銀行の待合椅子なおさんはいました。

 

私の、幼児向け英語講座に

来てくれているお母さんです。

 

年明けくらいから、

一度ゆっくりお話がしたいと、

声をかけてくれていました。

 

なかなか都合がつかず、

実現しないまま数か月…。

 

マイコ

○○さんですよね?

 

マイコ

マイコ先生!?あらまぁ、こんなところで!

マイコ

奇遇ですねぇ!

こんなところで何ですが、せっかくなのでお話って何なんでしょうか?

なおさん

えぇ!?ここでですか?

ちょっと、あの、本当は落ち着いて話したいのですが、確かにせっかくなので…。

実はね、保育事業やりたいと思ってるんです。

 

なんと!!!!!

 

多分、私の小さい目が、

1.5倍は大きくなったはず(笑)

 

マイコ

えぇ!?えーー!?

それ、今、すんごいタイムリーなんですけど!!

怖いくらいです!!

 

本当にさっき電話が切ったばかりで…。

ちょっと、えーー!?

 

あ、1人で興奮してすみません(笑)

そういうことなら実は、

最適な物件の話があって…

 

そこから、

なおさんの保育施設プランを聞き、

今までの流れと、

自分の構想を話しました。

 

普段は長く待たされる銀行に

イライラだけど、

今回ばかりは、それがありがたい。

 

それでも時間が足りず、

近日中に会って話す約束をしました。

 

困ったときの、めぐちゃん頼み

めぐちゃんとパチリ。2月12日、神田昌典講演会にて

 

なんじゃこりゃーー!!

 

なおさんと別れた後、

何だかすんごい流れに

圧倒されながら帰宅

 

こういう時は、めぐちゃんだ!!

 

めぐちゃんって、誰?

めぐちゃんのアロマレッスン

 

めぐちゃんは、

  • リンパマッサージ
  • アロマ
  • 美人レッスン 

 

自宅サロンでしている、

とっても素敵な2児の母です。

 

予約はいつもいっぱい

人との対話を大切にする人柄が、

とても魅力的な女性です。

 

めぐちゃんに会いたくて、

通っているお客さんもたくさんいます。

 

私が立ち上げたゴスペル講座に、

一番に来てくれたのが、

めぐちゃんです。

 

もともとの出会いは、

同じアパートの、

上と下に住んでいたという、

何とも不思議な出会い。

 

それからお互いに家を建て、

総社ゴスペルを始めたことで、

再会しました。

 

以来、ことあるごとに集まって、

相談に乗り合いっこをしています。

 

そんなめぐちゃんに、

帰宅後すぐにLINE。

 

めぐちゃんとの実際のLINE

 

めぐちゃんも、

いつもとってもスピーディー。

 

翌日、早速めぐちゃん邸で

子どもを寝かしつけた後、

旦那様にお願い☆

 

夜中にいそいそと家を出て、

20時過ぎから夜中の0時すぎまで

二人でわちゃわちゃプランを検討

 

コーチングのように、

私の本音を引き出していくめぐちゃん。

 

めぐちゃん

マイちゃんは結局どうしたいの?

何が一番したいの?

 

マイコ

ん~、そうだよね。

ずっと思ってるんだけどさ、これからって、協調性を育てるのって違うと思わない?

管理するための教育じゃなくて、もっと個を際立たせて、オリジナリティを追究する教育じゃないと、ダメだと思うんだ。

そういうとこ、総社にないじゃん。

あの場所を一番有効に使うには、森のようちえんとか、モミの木保育園とか、プレーパークとか、ああいう大人が子供を邪魔しないような、好奇心を深堀できる場所になったらいいよね。

それに、さらに講座併設型で大人も生き生きしてる、みたいな。

めぐちゃん

うんうん。私もそう思う~!

マイコ

それからね、あそこまで極端すぎなくていいと思うんよ。

大人からの提案ももっとあってもいいと思う。

強制じゃなくて、あくまで子供の自由選択を尊重してね。

対極に未来に対する教育も必要だと思う。

AIとか、VRとか、そういうものって、大人もだけど、よく分からないじゃん。

でも、確実にこれから世の中を作っていくじゃん。

最先端技術に触れ合える環境設定も対極に絶対必要だと思う。

自然にそういうものに触れ合って育つの。

例えば、Googleスピーカーに子どもがいつでも質問出来て、答えてもらうとか。

毛嫌いせずに、得意な人に教えてもらったらいいんよ。

めぐちゃん

うんうん!

私も森のようちえんとか、そういう自然ばっかりでいくのがいいってずっと思ってたけど、未来のことをちょっと知ってから、それだけじゃダメだって思うようになったんよ。

あと、講座やるにしても、本気がいいよね。ふわっとしたのじゃダメ。本気の人じゃないとね。

 

そこから学童の話、

大人講座の話、習い事の話、

総菜販売の話、などなど…。

 

湧きまくるアイデア!

勢いが止まらない!

 

これが本当にあったらスゴイ!!

みんな嬉しいじゃん!!

勝手にワクワクする二人(笑)

 

マリさんにも声かけてみようよ!!

 

私、めぐちゃん、そしてマリさん

 

昨年春から付き合い始めたばかりなのに、とにかくこの三人が集まると、

濃い。

 

昨年5月。初めての3人会。真ん中、マリさん。

 

この一年、

すっかりいつものメンバー的な関係。

 

友達ともまた違う感覚で、

同志としか言いようのない

不思議な関係となっています。

 

長くなったので、第3話へ。

続きの記事

SOSŪプロジェクト第3話 コア会議

SOSŪプロジェクト第4話 哲学を凝縮せよ