人生初プレゼンに挑戦☆唯一無二の未来型コミュニティー『SOSŪ』第1話 始まりの時

こんにちは。

岡山ママブロガーの、マイコです。

 

先日、人生で初めて、

本気のプレゼンをしました。

 

ほんの2週間前まで、

自分がプレゼンをするなんて、

思ってもいませんでした。

 

人生には流れがあって、

ヒョンなことから、

思いもよらない場所まで

運ばれることがあるんですね。

 

きっかけは、

実に気楽かつ些細な事でした。

 

そこからすべてが始まり、

この二週間、

必死で準備してきました。

 

想いも熱いし、長くなるので、

何回かストーリーに分けて投稿します。

お付き合いくださったら嬉しいです。

 

市議にプレゼン!未来型コミュニティーSOSŪ(素数)

自作のSOSŪプレゼン資料

 

もも子の通っている、幼稚園

平成31年度から保育所と合体し、

認定子ども園になることが

決まっています。

 

それに伴い、幼稚園は解体され、

更地になる予定とのこと。

 

ハッキリしたことは何も分からず、

らしい、らしいの話ばかり。

 

私は幼稚園の雰囲気が

とても気に入っているので、

 

こんなに素敵な施設がなくなるなんて、

すごくもったいないと思いました。

 

自分が講座を始めるにあたり、

場所探しに一番苦労しました。

 

公民館は営利目的は不可

さらに、やっと目星をつけても、

年配世代の既存団体がすでに抑え、

いい時間の空きがありません。

 

要は、チャレンジできるがないんです。

 

資金が潤沢にあるなら話は別ですが、

一般家庭のただの主婦

ちょっと何かを始めるには、

敷居もハードルも高い…。

 

なんてチャンスのない世の中なんだ…。

そんな風に腐ってた、

実体験がありました。

 

もう一つ、

自分が行ってみたい講座があっても、

子どもの預け先を確保しないと、

気軽に参加することはできません。

 

幼稚園の園舎で講座を開き、

託児保育的なものが併設されてたら、

気兼ねなく参加できて、

なんだかものすごくいいなぁ。

 

解体されると聞いてから、

そんな妄想をよくしていました。

 

とにかくもったいない。

 

本当に解体するのか、

ママたちに開放される道はないのか、

 

聞くだけなら別になんでもないし、

とにかく聞いてみようと思いました。

 

同級生は市議会議員

母校

 

そこでまず、思い立ったのが、

同級生の市議会議員

萱野哲也さんです。

 

大人になってから、

全く面識はなかったのですが、

友達がつながっていたので、

何となく気軽感がありました。

 

ネットで検索したら、

携帯番号が出てきました。

 

まぁ出るか出ないか分からないし、

かけてみよ!

 

実に気軽にTEL。

 

萱野市議
もしもし、萱野です。

 

わ!本当に出た!!!

 

当たり前(笑)

ちょっとドキドキ。

 

マイコ
あの、中学時代の同級生の、マイコと申します。覚えていらっしゃいますか?
萱野市議
いやぁ…、すみません。ちょっと、アルバムを確認してみますね。

 

地味で目立たなかった私…。

分からなくて当然(笑)

 

マイコ
突然すみません。お伺いしたいことがあるのですが、○○幼稚園が解体されると聞きまして、もったいないなぁと思ったんです。

どこに聞いていいのか分からなからなくて、ネットで萱野さんの携帯番号を見つけて、解体されない方向があるのか、お伺いしたくてかけたんです。

萱野市議
ちょっとすぐには分からないので、担当課に確認して、またご連絡いたします。

 

元ボクサーの萱野市議。

対応は超スピーディー!

 

その日の午後、

早速、連絡をくださいました。

 

萱野市議
解体するのは決まっているみたいですが、それがどうしても動かしようがないのかっていうのは、まだ何ともお答えできないような状況です。

新しく作ることに専念していたので、残った施設についてあまり話は出ていないようです。

何か事業のプランがあるのなら、プレゼンというか、もっと気楽な感じでいいのですが、マイコさんの案を一度聞かせていただけませんか?

 

マイコ
プレゼンですか!?

わぁ、なんかすごいですね…。

萱野市議
今、ちょうど議会中で、議員が集まっているので、来週あたりどうでしょうか?
マイコ
来週!?

いや、ちょっと気軽に聞いてみた状況で、来週はちょっと…。

せっかくならたくさんの人の意見を聞いて、ちゃんと用意してからお話をしたいので、3月になってからはいかがでしょうか。

萱野市議
いいですよ。僕と、文教委員さんと、もう一人くらい、こちらも声をかけてみますので、またご連絡ください。

 

えらいことなった!

えらいことなった!!

 

今思えば、展開型人生のド典型例(笑)

電話を切ってから、

ソワソワ落ち着かない。

 

そうはいっても主婦は現実に

やらなきゃいけないことは

たくさんある。

 

通帳の切り替え手続きをしに銀行へ。

その銀行でまたミラクルが!

 

引き寄せってこういうことなのね…。

 

実感したストーリーはこちら

続きの記事 

第二話 なおさんとシンクロ!『保育事業やりたいんです。』

第三話 結集する仲間たち コア会議

第四話 哲学を凝縮せよ!