『サラとソロモン』本田健さんお勧めの本を読んだよ。「すべてはうまくいっている」

サラとソロモン

こんばんは。

たくさんの本に引き寄せられている、Maikoです。

敬愛する、本田健さんお勧めの本を手に取りました。

『サラとソロモン』少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

あらすじ

サラは内気な女の子だった。嫌なことが起こるのを恐れ、下を向き、できるだけ一人で考える時間をたくさん持ちたいと願っていた。

学校なんて大嫌い。弟も意地悪でお母さんも口うるさい。

何で一人でゆっくりさせてくれないんだろう。

そんな毎日を過ごす中、弟のジェイソンが「ソロモン(ふくろう)をみた!」という。

どうせ悪戯だと思って無視しようと思ったけれど、弟のあまりの熱意にただならぬものを感じてソロモンを探しに出かける。

サラはジェイソンのおかげでソロモンに出逢い、ソロモンと語りあう。

ソロモンと語り合うことで、サラはどんどん心を開放していく。

「ソロモンの言っていることが分かった!」と思ったら、それを試すような事件が起き、そのたびに引き戻され、翻弄されるサラ

サラの話を時には黙って聞き、時にはアドバイスをし、サラの気づきを促すソロモン。

やがてソロモンは弟たちの悪戯によって殺されてしまう。

殺されても尚、ちっとも怒りもせず、むしろジェイソンに感謝するというソロモン。納得がいかないサラ。

ソロモンは死なんてものは存在しない。肉体が滅びて、今までより自由に語らえるようになっただけだという。

実際にサラが呼びかければ、ソロモンは実体こそなくても答えてくれる。

樺太フクロウ

 

「すべてはうまくいっている」

時に怒り、時に打ちのめされ、時に最高な気分を味わうサラと同化していくことで、たくさんの気づきを得られる本でした。

質問したいことを考えること

実はね、サラ、僕はただ、君が話すことについて話しているだけなんだ。君が何か質問をしたときにだけ、僕の答えは君にとって価値のあるものとなるんだ。誰も質問していない時に与えられる答えは、誰にとっても本当に時間の無駄なのさ。

君が質問したいことを考えるだけでいいんだ。たくさんの人々や生物が、想念によって気持ちを伝えている。その方がずっと多いんだ。言葉を遣うのは人間だけだ。でも人間でさえ、言葉を遣わずに気持ちを伝える事の方が多いんだよ。

「求めよ。さらば与えられん。」という言葉を思い出した。本人が心の底から尋ねれば、必ず答えは現れる。臨んだような形ではないかもしれないけれど、今、必要なことが起こる。

聞く耳さえ持てば、いつでも語り掛けてくださっている。本当に聞きたいことを、質問すること。答えを求める事

しゃべりたい時はいつでも、何を話したのかをはっきりさせてから、それに意識を集中させて、とてもいい気持を感じさえすればいいっていう意味なんだ。そうすれば僕は君と一緒にここにいられるんだよ。

私の経験上、答えは言葉とは限らない。目の前の現象、夢や偶然の出来事によって、時にはショックを受けながらも気づかされてきた気がする。

心の扉を開く

ただ、≪心の扉≫を開けばいいんだよ、サラ。嫌な気持ちがしている時は、君の≪心の扉≫は閉じているんだ。だから、君の≪心の扉≫が開いてくるまで、いい感じのする考えをどんどん考えるようにしてごらん。

自分がどう感じているのかを感じるいい感情なのか、いやな感情なのかに注意する。自分が欲しくないものはいやな気持ちがする。怒り、落胆、恥ずかしさ、罪の意識、怖れを感じる。次に、自分が欲しいものは何かを決める。そして、それがどういうすばらしい感じがするのか、という実感を見つけ、実際にありありと感じること。

物事や人々について考えながら、君に最高の気分を感じさせてくれるような考えを見つけるんだ。物事や人々をいつもできる限り味わい愛でるんだ。それが最高の方法だ。

これがいいとか悪いとか、判断をし、分類することは人生の浪費にしかならない。周りを変えることは決してできない。自分の考え方を意識する。「これがいい!」という考えを意識的に選択し、それをただ実行する。

いやなことを手放す

フクロウ先生

サラはソロモンに言われて、どれだけ人が『いい』という代わりに、『いいえ/いや/だめ』といっているのか、調べてみたところ、一日でうんざりするほど膨大なリストが出来上がった。

ソロモンが嫌な気持ちを手放す方法をレクチャーする。

「遅く帰ってきてはだめ」

時間を守ろう。

「冷たい空気を家に入れてはだめ」

私たちの家をあたたかくて居心地よくしておこう。

「学校に遅刻してはだめ」

始業時間に間に合うことは最高の気分だ。

「教室に犬や猫などのペットを連れてこないこと」

ペットたちは家に残っている方がずっとうれしい。

マイナス言葉を遣わずに、プラスの言葉で意識的に考える。

これを楽しんでみることだ。サラ。「いや/だめ」ということ自体を押しのけようとしている場合だって、君はまだ「押しのけること」をやっているんだ。重要なことは、君が望んでいることについて、もっともっとたくさん話すということだ。そうしているうちに物事はどんどん良くなっていくんだ。

私のパターンに気づく

距離のある猫

今日は久しぶりに泣いた。

自分がやりたいことができると、私は必ず周りの反対にあってきた。

家族のだれも応援してくれない。むしろ迷惑そうに思い、バカにされる。

悲しくて犬小屋に逃げ込む(笑)

それを今まで何回も繰り返してきたことに気が付いた。

今回また、繰り返しそうになった。

夫は自己啓発は大嫌いなタイプ。リアリストでいつも合理的に物事を考える。

講演会の企画ことも、新しい仕事のことも、あまり快くは思っていない。

今日はそれを実感することがあって、悲しくなった。

夫がジャマイカの研究をすることも、留学することも、それをあきらめると決めた時も、一言も文句を言ったことはない。むしろ、サポートしてあげたいと思った。

だから、一番応援してほしかった。

だけど、これは自分のフィルターを通した、一方の見方でしかない。

『サラとソロモン』を読んでいてよかった。ただありのままをみること。私はまた、実践の場を与えられたんだ。

夫は夫で心配しているだけなのかもしれない。私のような危なげな人にはこれくらいリアリストで警告を与えてくれる人がそばにいないと物事はうまくいかないのかもしれない。

真剣に考えるからこそ、壁になってくれているんだと思う。そして、「やるな。」とはいつだって一言も言わない。たとえ失敗しても、受け入れてくれることは分かってる。

因果応報

猫と柵

 

斎藤一人さんの言葉も今日、タイミングよく入ってきた。

「因果応報。自分が嫌だと感じることは、過去や前世で自分がやってきたことなんです。自分が過去に相手にしてきたことが、今、カルマとして起きているです。カルマが起きたら、もう過ぎたと思うことそれでカルマは終わるんです。よかったね。」

「それを誰かのせいにしたり、恨みつらみをやっていると、いつまでも解放されない。何回も何回も気づくまで繰り返すんです。」

夫婦は、一番相性の悪い人を選ぶらしい(笑)

最も自分の嫌がることをする人と修行をするために一緒になるんだって。

本当にその通りでなんだか笑っちゃう。

恋心は苦行に人間を進んで向かわせるための神様からの魔法らしい(笑)先にご褒美を与えてくれるんだって。これは一人さんが言ったことじゃなかったかも。

でも、本当にそうだと思う。

私はきっと、前世で人の夢を否定して反対してきたんだろう。された人の気持ちが分かってよかった。

いい面に目を向けて、いい気持ちを選択するように意識を向けよう。

しばらくはそれに集中しようと思う。

『サラとソロモン』きっとあなたにもたくさんの気づきを与えてくれると思います。ソロモンの声が届きますように。

関連記事

斎藤一人『変な人の書いた世の中のしくみ』しあわせの「しくみ」を学ぶ

講演会を開く★ヒロカズマさんを岡山に呼ぶ。

本田健さん自己啓発ウェブセミナー「2017年未来はえらべる」で学んだこと

『見てる、知ってる、考えてる』中島芭旺10歳の哲学者 親の宇宙を広げる

一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生編』想定外を想定する

おばあちゃんカメラマン西本喜美子『ひとりじゃなかよ』いくつになっても楽しく生きる

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
shoubecchi

shoubecchi

子育て、仕事、趣味。どれもあきらめたくない。ホリエモンの本に出逢い、本音で生きること決め、退職を決意。新しい生き方を考え、日々バージョンアップしていきたい。アラフォー母の挑戦の日々をアップしていきます。1980年生まれ。4歳と2歳の娘、旦那の四人暮らし。岡山県在住。趣味はゴスペル、アカペラ、読書。子育てを中心に、岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。大学を卒業後、国家公務員として会計や健康保険、年金関係の事務に従事するも、まさかの社会保険庁解体を機に教員採用試験を受け、小学校教員に転職。
shoubecchi

投稿者: shoubecchi

子育て、仕事、趣味。どれもあきらめたくない。ホリエモンの本に出逢い、本音で生きること決め、退職を決意。新しい生き方を考え、日々バージョンアップしていきたい。アラフォー母の挑戦の日々をアップしていきます。1980年生まれ。4歳と2歳の娘、旦那の四人暮らし。岡山県在住。趣味はゴスペル、アカペラ、読書。子育てを中心に、岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。大学を卒業後、国家公務員として会計や健康保険、年金関係の事務に従事するも、まさかの社会保険庁解体を機に教員採用試験を受け、小学校教員に転職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です