もう4歳?まだ4歳!?寂しかったね、いっぱい我慢してたんだね。ママ反省。

もも子とうめ子玄関にゴロン

広告






飲んでよかった!命の母、効いてます。

命の母を飲み始めて今日で5日目。効いてるかも!

(初めての方はこちらからどうぞ!

ホント、情けない。月経前症候群でイライラが止まらない。)

自分の大失態に反省した効果もあるんだろうけど。普段ならイライラ真っ最中のはずだけど、イライラしていない!いたってノーマルな時の自分で過ごせている。

スゴイぞ!命の母!!ネーミングのすごさに負けてない効果だ!

もも子の涙

意地悪なことをしてしまって、2日くらいもも子とも旦那とも気まずい時間があった。旦那には命の母を飲み始めたことを話し、旦那は「「血の道症」とかいう症状名に初めて触れて興味深そうにパッケージを眺めていた。

もも子は日曜日の夜、寝る前に、

「明日はお弁当あるん?お弁当あるんなら幼稚園行きたくない。」と泣き出した。

お弁当が嫌なわけではなかった。幼稚園が嫌いなわけでもない。「お母さんと一緒にいたい。」と泣いて訴えてきた。「幼稚園早迎えにして。」

胸に刺さった。「本当にごめんね。」何度も謝って、もも子が大切だと伝え、幼稚園の早迎えも、みんなより少しだけ早く迎えに行くことを約束した。いつか、二人きりでお出かけをする約束もした。

お姉ちゃんはツラいよ

約束通り、幼稚園に少し早く迎えに行った。本当はうめ子をおばあちゃんに預けて、一人で迎えに行きたかったけれど、おばあちゃんが風邪をひいていたので結局うめ子も一緒に行った。

うめ子がおばあちゃんと待っていると言ってくれたので、一人だけで幼稚園に送って行ったことがあった。普段うめ子を追いかけてばかりで、もも子の遊ぶ姿をゆっくり見てあげれないので、この日ばかりは、つきっきりで遊んだ。普段はすぐにでもバイバイできるのに、よっぽどうれしかったのか、お母さんが帰る時間になっても、もも子は離れず、「帰ったらいけん。ずっとおって。」と泣いて訴えた。見かねた担任の先生が抱きかかえてバイバイをしてもらったことがあった。

小さいし危ないからって、どうしてもうめ子、うめ子になってしまっていたんだな。もも子だってまだ4才なのに、我慢してたんだな。って、つくづく感じた。寝る時もうめ子が寝てくれないとみんな寝付けないのでどうしてもうめ子優先になってしまう。お母さんの背中で寝るのは寂しいんだろうな。って子どもにとって、すっごい重要みたいね。兄弟ができたら上の子優先でいいとかいうけど、下も育ってくるとなかなか難しいもんだ。全然できてない。

お母さんは3人分

あぁ、分身の術が使えて二人いたらいいのに!っ思う。自分用にもう一人いたら最高だ!旦那に言ったら、「そんなん、3人で喧嘩するわ!」言われた。確かにしそう(笑) 

河合隼雄さんの本に、「今のお母さんはやりたいことがいっぱいありすぎる」って書いてあった。子育てだけでも十分に大変で、やりがいのある一大事業だって。それだけじゃ満足できなくなっている。って。確かにまぁ、そうだ。子育てもしたい、仕事もしたい、自分の時間もほしい。そりゃ大変だよね。でも、そうしたいんよ。方法を探すしかない。どれもあきらめたくないしね。女性だけ新しい領域に突入したりして!しくじりながらも前向きに考えていきたい。

もも子の変化

そんなこんなで大失態以来、自分の未熟っぷりに落ち込む毎日だったけれど、昨日の夜、嬉しいことがあった。

「お母さん!全部食べたよ!!」

明らかに誇らしげに、めっちゃ笑顔で食べ終わった食器を渡してきた。

もう、めちゃくちゃに褒めた。超大げさなくらい。抱きしめてくしゃくしゃにしてやった。

照れくさそうなもも子。泣きそうな母。

雨降って、地、固まる。かな。

また残すかもしれないけれど、今日食べられたこと。もも子が頑張ったこと。本当に嬉しかった!

今度はもっとレベルアップして、上手に話せたらいいな。

お風呂上りにもも子が感動したように言った。

「今日一回もお母さんに怒られてない!」

いつもごめんねぇ、気を付けます。ホント。

幼稚園のももうめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

shoubecchi

子育てと仕事の最適バランスを求め、 正規小学校教員を退職。 教員の経験と歌の才能を活かし、 平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、 同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。 さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。 1980年生まれ。 5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。 岡山県在住。 趣味はゴスペル、アカペラ、読書。 子育てを中心に、 岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。 ホリエモン・本田健さん大好きです。 自己啓発セミナーにも複数回参加し、 『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、 ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。 斎藤一人さんを初め、 スピリチュアルな話も大好きです。 子育てをしながら、 一人の女性としても自分の世界を持っていたい。 平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!