子どもとお出かけスポットIN北海道 札幌・小樽市編 初めての家族旅行

shimarisu

見どころいっぱい!札幌・小樽市

北海道旅行二日目!

二日目は札幌市と小樽市で遊んだよ。

動物三昧の二日目、おすすめスポットを旅行記に載せて紹介します!

その1 北海道大学

北海道大学

朝からおなかが痛いお母さん。痛み止めを飲んで一家そろって出発。

もも子(4歳)めちゃんこ元気!

うめ子(2歳)まぁまぁ元気。朝から抱っこマン。

お父さん、相変わらずの落ち着きっぷり。

今日は13時から小樽市近郊で乗馬の予定。それ以外は何の予定もなかったので、母念願の、野生のリスを探しに行くことにした。

りす!りす!!りす!!!

頭の中はすっかりりすで興奮する3人をよそ眼に、お父さんが、

「北海道大学に行ってもいい!?」

なぜに!?一瞬、え!?って思ったけど、

「クラスの子が何人か北海道大学を受けるんよ。よく分からんとこに送り出すより、雰囲気だけでも見ておきたい。」

高校教師の旦那。今は進学校の3年生の担任だ。なんてすばらしい理由!!

私の絵本の世界再現よりよっぽどしっかりした理由なので、断るわけもなく、さっそく進路は北海道大学へ!

ついてみると、雄大な自然をこれでもか!ってくらい利用してある広大な敷地!立派なポプラ並木に木々たち…。すばらしい環境だった。

岡山大学も田舎だから結構ゆったりしてるけど、もう、スケールが違った。

紅葉しはじめの木々がきれいで、こんなところで勉強できたら、すごく素敵だなぁってあこがれた。

紅葉する木々

大学時代を北海道とか、ホント、すごい楽しそう。

観光目的の北海道大学敷地内への駐車は不可だったけど、さっそく車に酔ったもも子と母と二人降り立つと、泣き叫ぶうめ子。

同情してくれた門番さんが、すぐ隣の北海道大学付属病院の駐車場に停めさせてくださった。料金も無料だったよ。

旦那が一人で駐車場へ車を動かす間、もも子、うめ子と散策開始。

ホントに木が立派!町中にあるとは思えないほど自然豊かで気持ちがよかった。旦那も合流して走り回って遊び、ポプラ並木に見入った。

生い茂る木々

たった30分程度の見学だったけど、なんだかすごく心がゆったりして、立ち寄ってよかったな、って思ったよ。

北海道大学とももうめ

もも子も復活したし、そろそろリスを探しに行こう!ってことで、また移動。

北海道大学散策

その2 円山公園&円山動物園

円山公園

リスについては絶対に見て帰ると決めていたので、ネットで野生のリスに出会えるスポットとして紹介されていた、円山公園に行くことにした。

北海道大学から車で約10分少々ですぐに円山公園に到着。動物園の真ん前の、第2駐車場(有料700円)に駐車し、付近を散策。そのほかの駐車場は、すぐ近くに神社があって、参拝するなら無料で駐車できそうだったよ。

大きな白樫の木が立ち並び、巨大などんぐりがゴロゴロ落ちている。ホントに、絵本の世界に入ったみたい!

丸太

これはリス、期待できるんじゃない!!!

巨木

お母さんの足が自然に早まる。

リスのエサにする!といって、どんぐりを拾いまくるもも子とうめ子。

その姿をみて、そうだ!このどんぐり、幼稚園のお土産にしよう★と思いつき、みんなでせっせとドングリを拾った。

拾ってるそばから「ボトッ、ボトッ!」って音を立てながらどんどん落ちてくる。

袋いっぱいになったところで、リスがいる場所まで実況紹介してくれているYOUTUBEをみながらリスの見れる場所まで移動。

ちなみにこの動画です。

動画を観ながら第二駐車場から、神社の方にいったん降り、神社の前あたりで山沿いの方へ道を渡り、祠の付近を奥に入っていった。

通りかった公園の清掃作業員さんに、

「リスに会いに来たんですけど、どこかにいましたか!?」

と尋ねると、

「さっき向こうの方を走ってたけどね。まぁ、のんびりしてみてください。そこら辺を走り回ってますから。朝の方がリスはいますよ。夕方は巣に帰るからね。」

朝はいるんだ!!光が見えた気がした。

しかし、なかなかお出ましにならない。

リスがたくさん出るってところには、どんぐりを積んであって、何人ものカメラマンがスタンバっていた。

そこで待ちたかったけど、4歳と2歳のやんちゃ盛りが静かにじっとしているわけもなく、迷惑になるといけないので少し離れた場所を探すことにした。

なかなか現れないリスにもも子がしびれをきらし、

「動物園いく!動物園に行けばおるよ。動物園に行く!」

地団太を踏んで怒り出した。

あきらめられないお母さん。だって、今回のお母さんの北海道旅行の一番の目的は、「野生のエゾリスに会うこと!」

しばらく粘ったけどお怒りが激しくなり、うめ子にまで伝染してきたのでしぶしぶ動物園へ向かうことにした。

あきらめきれないお母さん。道々を目を凝らし、耳を澄ませ、必死でリスを探しながら歩いた。

もう少しで遊歩道が終わってしまう!!!っている直前の場所で、

「あ!いたいた!エゾリスじゃ!!」

旦那が見つけてくれた!

一気に色めき立ち、必死で旦那の指をさす方向を探すと、確かにエゾリスが!!!!

野生のエゾリス

分かりにくいけど!見つけにくさは同じレベルかも!?

ドングリを口に含みながらピョンピョン走り回っている。

ふさふさのしっぽ!可愛い顔。なんて愛くるしい動物なんだろう!!!!

もも子もうめ子も大喜びで、

「リスさん!どんぐりあげるよ!こっちよ!」

必死で呼びかけるけど、野生なのでこちらに来るわけもなく、忙しく走り回り、去っていった。

やっと会えた!たった1匹だけど、本当に嬉しかった。

ちなみに、旦那は動物を見つけるのが上手だ。運転をしながら車の中から川にいるヌートリアを見つけられるくらいだ。

今回もひそかに期待していた。

ナイスだ! お父さん!!これからもよろしく★

エゾリス

円山動物園

お次は円山動物園。朝早かったので、開園直後に入園。日曜日だけあって、お客さんはいっぱいだった。

13時から小樽で乗馬の予定があったので、お土産も買いたいし、結構時間がない。

ちびっこふれあい広場へいき、ヒツジを触り、タカ、ワシ、フクロウ、カバ、ライオン、トラ、ペンギン、ハイエナ、ユキヒョウなどなど、大急ぎで見て回り、お土産コーナーへ。

ぬいぐるみの種類が豊富で親子で大興奮!珍しい動物がいっぱい。オオハシやなまけもの、ハダカゲバネズミまである。

もも子はクロヒョウ、うめ子はペンギンの赤ちゃんを選んだ。

ぬいぐるみ

お友だちにはハンドタオルを購入し、大満足。

動物園も楽しかったけど、お土産売り場が小さいけど種類豊富でオリジナリティがあり、すっごく楽しかったよ。子ども向けお土産はここで買って間違いない思う。

でもまぁ、我が家は流れでこうなったけど、北海道まで来て普通の動物園行かなくてもいいかな、って正直思った感じだったよ。動物目当てなら、3日目で紹介する、ノースサファリサッポロのが面白くておすすめだよ。

おなかがすいたのでお土産コーナーの奥のカフェで一服。

ソフトクリームとホットケーキを一つづつ頼み、皆で食べた。

パンケーキ

またまた写メとるまえに切っちゃった(笑)

お昼ご飯はニシンそばにしよう!と決め、乗馬スポットまで移動することにした。

帰りの駐車場は11時の時点で満車で渋滞していた。休みの日に行くなら、開園前に到着がいいかもね★

★乗馬体験★

乗馬体験

乗馬をするのは札幌から車で30分。札幌と小樽の中間の山の上にある。

(有)春香ホースランチ

移動する車の中ですやすや眠る二人。

ニシンそばのお店は駐車できないくらいいっぱいだったし、時間に余裕もなかったのでスーパーでお弁当を買うことにした。

せっかくだから北海道らしいもの、ってことで、北海道産さんまのかば焼き弁当を買った。

乗馬場までの山道は、ここはジャマイカか!っていうくらい細くてぼこぼこ穴が開いていて、すごかった。

駐車場に車を停め、残り10分弱というギリギリっぷりで車の中で食べた。さんまのかば焼き、結構おいしかったし、山の中の気持ちのいい空気の中で食べれて、以外にも素敵なランチタイムになった。

食べ終わったころ、

「ワン!ワン!」と、犬の鳴き声が聞こえたかと思ったら、ゴールデンレトリバーと柴犬がお迎えに来てくれた。

寝起きでぐずってたうめ子も大喜び!

もも子はゴールデンがお気に入りの様子。うめ子は柴犬の方が小さいから、「うめちゃんの犬!」と、勝手に所有権を主張しだした。

犬と乗馬場

ゴールデンの案内で山の上のログハウスで受付。

乗馬受付

犬に大喜びの二人。はしゃいで一緒に遊んでいた。

犬とももうめ

ヘルメットを選び、お馬のところまで移動。全部犬がついてきてくれる。

馬のいるところへ

馬の性格の説明を受け、今回は、お父さんともも子はそれぞれ一人で1頭乗り、私とうめ子が二人で1頭に乗った。

乗馬のコツは姿勢よく座らずに、ダラっと腰を落として馬の揺れを感じることらしい。結構揺れるのでドキドキ。

うめ子は「お馬!お馬!」と鬣を触って余裕で楽しんでいる。

もも子もニヤニヤ嬉しくて仕方がないって顔でもう乗りこなしていた。

お父さんは手綱を持つガイドなしのため、自分で馬に合図を出している。手綱を引くたり、足でおなかを蹴ったりして上手についてくる。

お父さんともも子

コースは山の中を10分くらい回る。山ブドウやドングリを観ながらのんびりお散歩。気持ちが良くてうめ子、ウトウト。

キツネがついてくることもあるときき、期待したけど、残念ながらキツネは出てきてくれなかった。

帰り道は石狩湾の大パノラマをみながらお散歩。きれいだった。冬も乗馬はやっていて、真っ白の白銀の世界をお散歩できるらしく、人気だそうだ。

昨夜行った「糸末」というラーメン屋、ガイドさんが学生時代に通い詰めたラーメン屋だった。つながってて、なんだかうれしかった。

数回馬のうんちタイムでストップしながらコースは終了し、記念写真をパチリ★

乗馬体験

コーヒーをごちそうになり、犬と戯れてお別れ。

犬とお別れ

旅の情報は現地の人に聞くに限ると思っているので、今回もガイドさんに聞いてみた。

「これから小樽に行くんですけど、子連れにおすすめの場所がありますか?あと、リスやキツネに会いたいんですけど。」

「小樽ですか!いいですね。小樽はおいしいものいっぱいですよ。ルタオでチーズケーキ食べたり、そうですね、子どもはスライダーがいいですよ。天狗山ロープウェイにのって山の上に上がると、シマリス公園と、ボブスレーにのってスライダーを滑ることができますよ!」

またしても素晴らしいスポットを教えてもらった。

ガラス細工のアクセサリーがほしかったので、とりあえず小樽の運河付近に行ってみることにした。

小樽運河

小樽運河

オルゴール館にも興味があったけれど、車の駐車場がよく分からず通過してしまった。運河付近に車を停め(有料)、付近を散策することにした。

それにしても中国人が多くてびっくり。どこに行っても中国人に出会う。

チャイナマネーの勢いを感じながらお店を見て回った。

しかし、相手はオルゴールやらガラス細工。

2歳と4歳連れで落ち着いて見れるわけもなく、疲れて探すのをあきらめた。

子どもも楽しくない。

仕方がないのでジュースを飲み、川を覗いてびっくり!

小樽でも鮭が川にウヨウヨいた!海から上がったばかりの鮭が頑張っていた。

このころからうめ子が調子悪くなってきた。グズグズ言いっぱなしで抱っこはお母さんじゃなきゃダメ。

ここじゃみんな、楽しくないね、ってことで、ガイドさんに聞いた、天狗山へ行くことにした。

小樽の町ともも子

時は15時半。シマリス公園とスライダーが閉まるのは17時。

今日は一日時間に追われながら移動。

天狗山ロープウェイ

運河からは車で10分ほど。すぐだった。上り坂の傾斜がすごくてびっくりしながらロープウェイ乗り場に到着。

もも子とうめ子はロープウェイにも大喜び。石狩湾と小樽の町を見下ろしながら山頂へ。

ロープウェイ

結構涼しかったのでパーカーを一枚はおった。

シマリス公園へ直行。

ガチャガチャでヒマワリの種を買い、シマリスを探す。

いない。

朝、円山公園で言われた言葉がフラッシュバックした。

「夕方になると巣に帰っちゃうからね。」

もう、巣に帰っちゃったのかな…。

あきらめかけていたら、公園によくくるという小学生のお兄ちゃんが教えてくれた。

「リス、いるよ!」

ピョンピョン飛び跳ねるシマリス!かわいい!!!!

シマリス

もも子は興奮してエサをやたら投げる。リスに一個当たったくらい投げまくる。

「かわいそうだから優しくあげなさい!」

ようやく我に返ってもも子が落ち着いた。

うめ子もリスに興奮し、やっと抱っこから降り、

「リチュ!かわいいねぇ!」とニッコニコ。

でも、あっという間に巣に入ってしまった。

それからまたしばらく出てこない。

ボブスレーの時間も気になる。後5分待って出てこなかったらスライダーへ行こうね。

そう言って待っていると、また出てきてくれた!しかも、今度のリスさんは人懐こく、観光客の手のひらに乗ってエサを食べている。

手乗りシマリス

エサを使い切ったもも子。うらやまし気に見つめていたので、お姉さんがエサを分けてくださった。優しい!

もも子の手からもエサを食べてくれ、大満足。

シマリスにエサやり

残り20分でスライダーへ移動。

小学生以下は親と一緒に乗り、操作するのは大人というルールだった。

お父さんともも子、お母さんとうめ子がセットになり、出発。

スライダーリフト

リフトで自動で上まで上がり、下りは滑り台のコースを自分で加速やブレーキを操作しながら滑走する。

スライダー滑走

結構スピードがでて、カーブはスリリングだった。うめ子も大喜び!気持ちがよかった。

滑走中

スピード感、伝わるかな!?

ボブスレーを終え、うめ子がまたぐずり出し、下痢をしたので記念写真だけ撮って、すぐに山を降りることにした。滞在時間1時間。ロープウェイに乗り、願いが叶うという天狗の鼻を触り、シマリスに会い、ボブスレーで滑走。濃い一時間だった。

天狗山ともも子

うめ子の調子が気になる。泣いてお母さんから離れないので、後部座席に3人並んで座った。安心したのかすぐに寝てくれてホッとした。

もも子もすぐに寝息をたて始めた。助手席に移り、夕食の相談。

乗馬のガイドさんに、

「北海道の回転寿司はすごいですよ!普通のとレベルが違います。花丸トリトンという回転ずしにいったら、すごくおいしいですよ。北海道の人からしたら、海鮮丼より断然回転ずしですよ!」

という情報をもらっていた。すっごく行きたいけど、うめ子の様子が気になる。

「今なら、札幌オータムフェスタっていうのやってますよ。北海道中からおいしいものが集まってるのでせっかくなら行ってみたらどうですか?」

こっちを採用することに決定。

屋台で何か買って、ホテルでゆっくり食べようってことになった。

札幌のホテルに着き、車を停め、歩いて5分ほどの道を会場まで歩いた。

ぐずるうめ子を抱きながら結構しんどかったけど、会場はすごい熱気だった。

会場はものすごく長い。見て回る元気はなかったので、到着した近辺で物色。

結局エゾシカのピザ、シーフード全部焼き、牛櫛、ステーキ丼、粒貝のバター炒めを買い、ホテルへ移動。

ホットワインにものずごぉく心惹かれたけど、これ以上持てないし、飲んだらうめ子のお世話ができなくなったらいけないので泣く泣く我慢した。

今回の旅行の心残りはホットワインときつね。

地ビールとうめ子用に、好きそうなおにぎりとパンをコンビニで買い、ホテルに到着。

あまりの眠たさにぐずるうめ子。

大急ぎで歯磨き、着替えを急いで済ませたら、うめ子は即ご就寝。

ご飯も食べずに眠ってしまった。

3人で乾杯。

オータムフェスタ

エゾシカピザはサラミみたいでおいしかった。シーフード全部焼きには焼きウニがあり、めっちゃおいしかった。粒貝もコリコリおいしいし、牛櫛もやわらかくておいしかった。でも、重い!!どれもこれも濃厚で。おいしいんだけど、サラダ買えばよかった…。食べきれず、シャワーを済ませてみなご就寝。

夜中何度かうめ子が唸った。ごめんね。無理させて。

北海道に来てよかったって思うけど、苦しそうなうめ子を見ていると、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

そんなこんなな、札幌の夜。

次回は北海道旅行最終日!

札幌卸売市場、動物いっぱいのノースサファリ、支笏湖編です。

ではまた!

関連記事

熱中症で救急車→懸賞で北海道旅行当選!怒涛の一週間

北海道パニック!前日編

小さい子どもでも安心!子どもとおでかけおすすめスポットIN北海道 千歳市編

支笏湖編 子どもとおでかけおすすめスポット

【札幌周辺】北海道家族旅行子どもとおでかけおすすめスポット ベスト3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

子育てと仕事の最適バランスを求め、 正規小学校教員を退職。 教員の経験と歌の才能を活かし、 平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、 同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。 さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。 1980年生まれ。 5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。 岡山県在住。 趣味はゴスペル、アカペラ、読書。 子育てを中心に、 岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。 ホリエモン・本田健さん大好きです。 自己啓発セミナーにも複数回参加し、 『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、 ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。 斎藤一人さんを初め、 スピリチュアルな話も大好きです。 子育てをしながら、 一人の女性としても自分の世界を持っていたい。 平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!