迷ってるなら、やめちゃえば?私が転職を決めた訳。アラフォーママの決断

Scary Scary

広告




こんばんは。神経が高ぶって全然眠れない、Maikoです。(只今AM3時半。)

2回目の退職届、出してきました。

退職の意志を伝えてから3か月近く。慰留してくださったり、講師の先生の任期の関係などなどを考慮し、一番職場にご迷惑のかからない形で、ということで、夏休みに入った今日、学校に行ってハンコついてきました。

ほんと、退職は紙切れ一枚。入るのは大変なのにね(笑)

7月末退職のため、今日は書類だけかと思いきや、なんと職員全員の前で急に挨拶する運びとなった。皆さんの前に立つと、急に学校であったあれやこれやがウワッと頭の中でいっぱい思い出され、涙が出てしまった。

転機は空から降ってくる

教員採用試験を受けたのは29歳の時。

新卒で国家公務員2種の試験を受け、岡山社会保険事務局に採用された。健康保険、会計事務、年金事務に従事し、社会保険庁バッシングの嵐の中、年金問題のごたごたでもまれ、生き方を考え直して転職を決意した。

人生には転機が何回かあるらしい。私の場合、結構わかりやすく、否応なく天から降ってくる感じ。

1回目の退職。

社会保険庁問題なんて、就職当時誰もそんなこと考えてなかった。特に入って数年の私なんて、まさに青天の霹靂

「は!?何それ!?」って感じ。

3年たたないうちに県内で職場も職務内容も変わるので、一生懸命仕事を覚え、我ながら頑張ってた。

江角マキコの国民年金未納問題が浮上し、その後、職員のデータのぞき見問題が出、年金記録問題が芋ずる式に出て、もう職場はてんやわんやだった。まぁ、ずさんとしか言いようがない。

職場は問題が浮上するたびに苦情の電話が鳴り響き、窓口は長蛇の列。精神を崩してうつ病になり、病気休職、続出。さらに人手が減って残った職員に負担がどんどん回り、もうほんと、大変だった。おまけに過去の記録を照合する作業と言ったら気の遠くなるような作業で、紙の台帳と向かい合って何日も何日も休みを返上して必死で記録を一個一個探していく。街頭に立って、謝りながら罵倒を浴び、ビラを配った

それにしても選挙があるごとに見事に問題がほじくり出されてきたのには見事としか言いようがなかった。政治で世の中だいぶ左右されるんだなぁって、実感したな。

政治家、ホント、パワー絶大。

何か事が起こったとき、どう行動するか、その問題をどう捉えるかってすごく大事だと思う。

何で今、このタイミングで、他でもないこの私が、この問題を抱えているのか。そこに学びがあり、メッセージがある。

みんな身を粉にして働き、首切りに怯え、あきらめ感が漂っていた。

おまけに組織解体。公務員の身分はく奪。いままで一緒に働いていた仲間が3つの組織に分割される。希望調書もあったけど、またその人選が私にとっては非常に納得がいくものじゃなかった。いろいろ考慮した結果、苦心されたのはよく分かってたけど。

職場の方々は本当に素敵な方もたくさんいらっしゃったし、よくしていただいて感謝しているけれど、もうここにはいたくない。って思った。

3つの組織、どこにも行きたくなかった。

私はこんなことしたいんじゃない。今までふわっと生きてきたツケが回ってきたんだって思った。

28歳。三十路目前。27歳で結婚し、夫はジャマイカへの留学直前。子どもを作るのはもう少し先になりそうだし、今しかないって思った。

夫に相談の上、私は収入面では大黒柱だったので、働きながら教員採用試験を受けることにした。女性が一生働いていくのに素晴らしい職場だと思ったから。

そっから半年間は猛勉強だった。残業を減らす努力をし、帰宅後は毎晩採用試験の勉強と旦那に協力してもらって近所の公園で逆上がりの練習(笑)と 筋トレに励んだ。

「猫の怨念岩をも通す」

なぜか昔読んだ漫画「みかん絵日記」の言葉が頭の中をグルグルしてた。

試験直前に旦那はジャマイカへ1年留学に旅立ち、合格したら年末にやめて1月から1か月ほど遊びに行く約束をした。

職場には当然完全に秘密裏に進めていたので、非常に休みを申し上げにくい中、苦しい言い訳をし、怪しまれながら数日の連休を申し出てスーツを着、駅で見つからないようにコソコソと隠れながら教員採用試験を受けた。

教員採用試験1次試験筆記、小論文、集団面接二次試験模擬授業、個人面接、集団面接、実技(水泳、唱歌弾き語り、鉄棒、マット運動、跳び箱、バスケットボール)が行われる。二次試験は会場も日にちもまちまちで、合計で5日くらいあるので休みをとるのが大変だった。

一応大学は小学校教員養成課程だったけど、公務員試験を受けたので、教員採用試験は初めてだった。大学を卒業してから何年もたってるし、教員採用試験について、ネットで調べたり、参考書で勉強はしたけど、その他の情報は何もなかった。もっと周りに聞けばよかったと思う。

水泳の試験の日、何も知らずにハイビスカスのワンピースの水着、およびひらひらスカートで臨んだ私は周りを見て目の前が真っ白になった!

なんと、周りは全員競泳用の水着!!

こんなリゾートチックな南国な人は私一人だった( ゚Д゚)

試験を待つまでの間、当然水泳キャップを頭にかぶり、体育座りハイビスカスで並ぶ私…。

穴があったら入りたかった。

しかも、スイミングに通っていたのでフォームはやたらきれいだったと思う。まさに悪目立ちの赤っ恥。試験官も受験生も「すごいのがいた!」って、後からさぞかし笑ったと思う。

こんな馬鹿なやつ、絶対、落ちた。って思った。

できなかった逆上がりは、やっぱりできるようにならなかった。力があるときは一回くるっと行けるくらいで。不安のまま迎えた当日、なんと、雨のため鉄棒は中止になった!神の助け!!

ダメもとの気楽さが良かったのか、猫の怨念だったのか、結果、見事一発合格だった。神様からのGOサインだと思った。

それから職場に退職を申し入れ、12月末で退職。1月から1か月間ジャマイカへとび、帰国後は授業の勉強をして4月からの新生活に備えた。

長くなったので、続きはまた今度。to be contenue…

関連記事

転職一年目のごたごたはこちら

自力で講座始めます!アラフォーママの挑戦

音楽教室を開くためにした10のこと

無料体験イベント成功!一歩踏み出せば何とかなる!

ホリエモン実験進行中★準備万端なんて存在しない。好きな事を仕事にした人のブログ

近況記事(平成29年6月現在 試行錯誤しながら順調に活動を拡げています。)

子ども大喜び!リトミック即時反応を実践!FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

shoubecchi

子育てと仕事の最適バランスを求め、 正規小学校教員を退職。 教員の経験と歌の才能を活かし、 平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、 同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。 さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。 1980年生まれ。 5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。 岡山県在住。 趣味はゴスペル、アカペラ、読書。 子育てを中心に、 岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。 ホリエモン・本田健さん大好きです。 自己啓発セミナーにも複数回参加し、 『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、 ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。 斎藤一人さんを初め、 スピリチュアルな話も大好きです。 子育てをしながら、 一人の女性としても自分の世界を持っていたい。 平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!