『ねぇ、お母さん、どうして水はつかめないの?』親子問答

もも子
ねぇ、お母さん、どうしてお水はつかめないの?
マイコ
え!? どうしてだろうねぇ…。 どうしてだと思う?

 

岡山ママブロガーの、マイコです。

6歳の長女:もも子とは、お風呂の中で、よく語り合うことがあります。

 

今日の質問は、

『どうして水はつかめないのか。』

 

き、きたな…。と思いながら、臨戦態勢に入りましたw

 

私は、こういう類の子どもの質問は、いつも、一回聞き返すようにしています。

マイコ
どうしてだと思う?もも子なら、なんて説明する??

 

だいたいこう言うと、

もも子
ん~、分からん。

と、すぐに言いますw

 

マイコ
なんだか、言葉にしにくいね…。

言葉に出来ないことって、結構あるよね。

そういうことに、新しく言葉をつけれたら、これも一つの発明なんだろうね!

 

ここから、水について考えていきました。

 

『なんで、水はつかめないの?』

 

マイコ
なんで水はつかめないんだろうね。

水って何?

つかめないって、どういうことかなぁ…。

 

手をお椀にしてすくったら、ちょっと、持てること。

洗面器に入れたら、持ち上げれること。

でも、水そのものは、つかめないこと。

 

人間もほとんど水でできている話。涙や鼻水、汗やおしっこのこと。

 

そんな話をしながら、どんな切り口で行こうか思案し、お風呂の中だから、水の温度について質問してみました。

 

マイコ
お水ってなんだろうね…。

なんだか難しいね。

温度で、お水は、何か変わるかなぁ?

もも子
ん?変わるよ。

熱いと、泡になる。

マイコ
泡ね(笑)

確かに、すっごく熱いと、泡になるね。

お茶を沸かす時、お水がコポコポしてくるよね。

沸騰っていうんだけど、泡の中には何がある?

もも子
泡の中?

シャボン玉。

マイコ
(笑)シャボン玉みたいだよね。

シャボン玉の中には何があるの?

もも子
石鹸。
マイコ
石鹸は、シャボン玉の周りの膜だよね。その中には何がある?
もも子
・・・・・。

 

首をひねるもも子。

話をもとに戻してみた。

 

マイコ
水がアツ~くなったら、どうなる?
もも子
湯気!
マイコ
そうだね。湯気だね。熱くなったら湯気になる。

じゃぁ、水の温度が下がって、つめた~く、つめた~くなったら?

もも子
氷!!
マイコ
氷になるね!

氷はつかめる?つかめない?

もも子
つかめる!!
マイコ
つかめるねぇ!

水は、氷になったら、つかめるんだね。

じゃぁ、なんで氷はつかめるの?

もも子
ん?固くなる。だから、つかめる。
マイコ
そうだね!固まるから、つかめるようになるんだね!

答えが出たじゃん!

つかむって何?

もも子
ん?トンカチとか、うめちゃんの手とか。鉄棒とか。
マイコ
うんうん。つかむって、そんな感じだよね。

じゃぁ、最初の質問に戻るよ。どうして水はつかめないの?

もも子
氷じゃないと、持てないから。水は、氷になったら、つかめる。

 

やっと、もも子の答えにたどり着きました。

これ以上は、もも子も飽きてきたし、ちょっと難しすぎると思ってやめました。

 

確かにあるけど、つかめないもの。

Embed from Getty Images

ここから、水みたいに、確かにあるけど、つかめないものの話をしました。

空気、気持ち、声、幽霊、音楽…。

 

どれも、形がないもの。

形がないと、つかめない。

 

形がないものを形にしようとして、人はいろんなものを生み出してるのかもしれないね。

例えば、に形を与えるために、文字を生み出したんじゃないかな。

 

音楽を形にはめるために、楽譜ができたんだろうね…。

 

そんな話をしました。

 

もも子がお風呂から上がったあと、しばらく、つかめないものについて考えていました。

お風呂の中の、もも子との対話は、いつも、私に深い気づきを与えてくれます。

 

子どもは神様に近い存在だそうです。

 

子どもからの質問ピュアな分、より、本質的なものに迫ってくるものがあります。

もも子の口から、また、私にメッセージが届いたんだと分かりました。

 

人は目に見えない気持ちを表現するために、プレゼントをあげるのかもしれない。

次女うめ子(3歳)

 

をつかみたくて、子どもを生んだり、パートナーを見つけるのかもしれない。

 

つかめないものを、つかむために。

 

頭の中は、いつも思いを巡らせている、SOSŪプロジェクトとリンクしてくる。

 

目に見えるもの。形のあるものは、値段が付けやすい。

だけど、目に見えないもの、形のないものの値段は、つけにくい。

 

人がお金を払う時、本当に買っているものは、そのモノが与えてくれる気持ち

 

 

物の値段とはなんだろう。

正当な値段ってあるんだろうか。

 

例えば、自動販売機の缶ジュースは130円。

思考停止で自動販売機のボタンをを押してる。

そういうものだから…。

 

提示されている値段と自分の関係。

 

お金とはなんだろう…。

 

公務員として公的機関で雇われて働いている間、給料になんの疑問も感じずに、そういうものだと思って、ただ受け取り、消費していた。

労働も目に見えないし、つかめない。

 

目に見えないものに、形を与えるためにお金が使われている。

物々交換だと不便だから、道具としてのお金が生まれた。

 

もう一つ、気持ちを表す評価基準としての値段がある。

 

自分が感じた価値で、値段を決め、お金を払う。

 

SOSUプロジェクトの一貫として始めた、『チャッカmanマイコ企画』のもうひとつの価値は、お互いのお金のワーク

関連リンク チャッカmanマイコ企画

 

相手が自分で値段をつけ、私はそれを受け取る。

自分が相手に与えた価値が、数値化される。

その平均を取れば、社会的にみて、妥当な値段が分かる。

 

だけど、もう一つ疑問がある。

 

社会的に妥当な値段って必要だろうか。

 

アンティークも美術作品も、価値を感じる人がお金を払う。

価値を感じない人にとっては、ゴミと同じ。

 

一般受けしても仕方がない。

 

価値を感じてくれる人へアプローチしないといけない。

そして、そういう人と繋がれば、自ずとWIN-WINな関係が築ける。

 

そこにアプローチするには、どんな方法があるのか。

 

相手の気持ちにする。

 

私がSOSUでやろうとしていることは、形がないもの。

これがそうです!』と、ハッキリとは、目に見えないもの。

 

関連記事 SOSUプロジェクト

 

数値化するのが、すごく難しい。

 

見える化、できたらいいですね。』

ある方に、とても重要なアドバイスをいただきました。

 

そのことについて、ずっと考えています。

 

すべてのことが、数字に表せるものじゃない。

数字にしないほうがいいものがある。

旦那にもらったアドバイスです。

 

事業計画を具体的に立てるに当たり、どうすればいいのか。

「見える化」の意味は?

 

もも子が自分で答えを見つけたように、私も、自分の答えを見つけたい。

 

マイコ
ももこちゃん、ありがとう!

関連記事

お金を受け取る許可を出す。

お金の価値観を問い直す

チャッカmanマイコ計画

 

SOSUフェスへのご支援も、よろしくお願いします!!