【自己啓発】しんどい人間関係の対処法。そのままでだいじょうぶ。

岡山ママブロガーの、マイコです。

 

納税額日本一の実業家:銀座まるかんの、

斎藤 一人さんが大好きです。

 

目の前の人は自分の鏡

そのままで大丈夫

 

という言葉が、すごく印象に残りました。

 

目の前の人は自分の鏡

Embed from Getty Images

 

人生37年生きてくると、

今までいろんな人に出逢いました。

 

なぜだかやたら好かれる人。

なぜだかやたら嫌われる人。

 

何でこの人は私に

わざわざこんなことを言うんだろう…。

 

なんでこんな目に合うんだろう…。

 

何でこの人、

こんなに腹が立つんだろう…。

 

逆に、何でこんなに

支持してくれてるんだろう…。

 

いままでいっぱい、

そういう経験をしてきました。

 

いちいちそれに反応して、

呼応して生きてきました。

 

 

すごく嫌味を言う人と一緒に

働かざるを得ない時がありました。

 

なんだかすごく、腹の立つ人と

同じ課で働いている時もありました。

 

ただ振り回されていました。

 

胃痛や片頭痛まで引き起こしたりして…。

 

自分を変える。課題に気づく。

Embed from Getty Images

 

今思えば、そういう人は、

私にとって必要だから、

私の目の前にいました。

 

私にふさわしい、

適切な人が配置されていました。

 

嫌な役を引き受けて、

私が学ぶべきことを、

自分に教えてくれている人。

 

目の前の人は自分の鏡。

起きる出来事は必要だから起きる。

 

すべてが用意されている。

避けられないし、作れない。

 

職場を変えても、環境を変えても、

自分の課題が終わらない限り、

 

同じような人に出逢い、

同じような目に合う。

 

周りのせいにしている限り、

その無限ループからは抜け出せない…。

 

無限ループからの脱出法

Embed from Getty Images

 

この人さえいなければ平和なのに…。

何だか気に入らないな。

 

もし、そんな人に出逢ったら、

この人が教えてくれていることはなんだろう…。

 

そういう発想の転換をしてみると

いいのかもしれません。

 

例えば、

あまりに理不尽な扱いを受けている場合、

 

我慢ばかりせず、

自分の主張を相手にできるようになることや、

 

自分を自分で守れるようになることが

今の課題なのかもしれません。

 

今の状況から

自分の乗り越えるべき課題に気づけたとき、

 

その人や同じような出来事からは解放され、

また一つ次のステップに

進めるようになるのかもしれません。

 

さらに、一連の出来事に感謝までできたとき、

そのまた一つ先の段階へ進める気がします。

 

「そのままで大丈夫。」という言葉は、

実に深い言葉だなぁと思います。

 

自分の思い通りになることが、

必ずしもいいことではない。

 

心地いい結果ばかりが、

いいということではない。

 

失敗は素直に反省して、

今できることにベストを尽くす。

 

逆に言えば、

すごく素敵な人に会えた時、

自分もそういう人に近づけている

証拠なのかもしれません。

 

どんな人にも感謝して生きる。

 

エゴを手放し、今に集中できた時、

すべてはうまくいっていることが、

確信できるのかもしれません。

 

私にふさわしい、必要な出来事が、

今この瞬間もいつも起こってる。

 

頭を打ちながらも、学んでいきたい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

子育てと仕事の最適バランスを求め、
正規小学校教員を退職。

教員の経験と歌の才能を活かし、
平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、
同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。

さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。

1980年生まれ。
5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。
岡山県在住。
趣味はゴスペル、アカペラ、読書。

子育てを中心に、
岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。

ホリエモン・本田健さん大好きです。
自己啓発セミナーにも複数回参加し、
『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、
ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。

斎藤一人さんを初め、
スピリチュアルな話も大好きです。
子育てをしながら、
一人の女性としても自分の世界を持っていたい。

平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!