頼まれごとは試されごと!毎日204回のチャンス★中村文昭さん講演会in岡山

中村文昭さん

おはようございます。

年明けからやたらあちこち飛び回っている、Maikoです。

すてきなお誘いをいただくことが多くなり、幸せだなぁと思っています。学びたい盛りなので、いろいろ講演会に顔を出しています。先日、岡山県の県北の町、勝山まで中村文昭さんの講演『出会いを活かせば道は開ける』を聴きに行ってきました。熱い語り口で2時間があっという間でした。学んだことをシェアします。最近忙しくて時間的にも一度では書ききれないので、これまた何回かに分けてアップします。書きたい記事も渋滞中(笑)

学歴じゃない。人間力だ!

中村文昭さん

壇上の中村さん

中村文昭さんって、誰!?

中村文昭さんは、(有)クロフネカンパニーの社長さんです。現在は講演活動でも日本全国を飛び回っていらっしゃいます。三重県の田舎のご出身で、高校では札付きの悪。「頼むから高校を自主退学してくれ。」と言われるほど誰からも必要とされない毎日だったそうです。東京に上京し、そこでも日雇いのバイトをしながら腐っていたところ、たまたま焼き鳥屋で隣り合わせ、声をかけてくださった26歳の男性と意気投合し、『この人についていきたい!』と弟子入り。師匠の下、厳しい修行を経て、軽トラの八百屋の行商から成り上がり、師匠に「三重で独立しろ。」と追い出され、三重県に帰郷。そこでレストラン経営から始めて周りに様々な才能を見つけてもらい、それを開花させてブラダイダル事業でも大成功をおさめられた社長さんです。

頼まれごとは試されごと。返事は0.2秒!

今回の講演会で一番すぐ実践できそうだったのは「頼まれごとは試されごと」という言葉でした。朝起きてから寝るまでの間、人は毎日204回、人に頼まれごとをされるそうです。ポイントは、「返事は0.2秒」「今すぐ、すぐ動く」です。これは、損得を考えないということです。人に物を頼まれたら、期待を上回る対応ですぐに行動をすること。内容を聞く前にもう引き受ける(笑)

【例】 真夏の炎天下の頼まれごと「ちょっとお茶買ってきて!」

・普通の対応 

 「…はい。」『なんでこのくそ暑いのに俺が行かなあかんねん…。』思いながらタラタラ歩いて買ってくる。「買ってきましたぁ。」と声をかける。「あ、そこ置いといて。」で終わる。

・中村式対応 

「はぁい!!」0.2秒で間髪を入れずにめちゃくちゃ元気に返事をする。『よっしゃ、今俺に頼まれごとしましたねぇ!みとけよ、感動させたるわ!』思って、炎天下の中猛ダッシュで汗をダラダラかきながら速攻で買って戻ってくる。さらに、わざとらしくハァハァ言いながら「社長!買ってきましたよ。お茶ぁ!」言って勢いよく渡すお前、このくそ暑い中走って行ったんか!!アホかぁ、お前!!言いながら相手が感動する(※口調は中村さん調です(笑))

これを一日204回チャンスがある思って喜んでする。こんなしょうもない、誰もみてないような仕事を一生懸命してくる人が、仕事で手を抜くわけがないとみんな思う。結果、仕事が回ってくる。仕事場でなく、どんなときでもこんな対応をどんな人にもしているとみんなが感動してくれる。感動したらそれが評判になって周りにどんどん波及する。

本当の仕事とは、「喜ばせること」

いつも喜ばせようとすること。困っている人が頼みごとをしてくる。困ってる人を喜ばせるなんて、こんな簡単なことはない。『ありがとう』を毎日204回言われて生きることはそんなに難しい事じゃない。普通の人は頼まれたら面倒くさい、邪魔くさいって思うんです。中村式対応は、心の中に飛び込んでいく。みんな度肝を抜かす。小さなこと、日常的にできることをしていくこと。これだけで人間力が格段に違ってくる。

Maiko的まとめ

中村さん

汗をふきふき熱く話してくださいました。

  1. 返事は0.2秒!
  2. 頼まれごとは試されごと
  3. そのうちと言わず、今出来る事をする。
  4. 出来ない理由を云うな!

中村さんの名言ベスト4です。パンフレットにも必ず書いてあります。

一日204回。まずはアンテナを立てて頼まれごとというチャンスに気づくこと。絶対断らない!楽しみながら相手を喜ばせることを考え、それを実行する。

こんなこと書いちゃったので、私も実践しようと思います。何事も『聴くは易し、実践は成り難し』だなぁと最近つくづく思います。

「できない理由を云うな!!」中村さんの声で活を入れてがんばろ★見かけたらじゃんじゃん頼んで修行させてね(笑)

第一弾はここまでです。「才能は他人が見つけてくれる」「天命追求型人生」『「でも」を「こそ」にかえる』「人生を24時間に表すと…。」などなど。面白い話がいっぱいです。

次回、こうご期待を★

関連記事

「愛」か「怖れ」か。自己開示と自己防衛。すべては心は教えてくれる。

子どもの才能を伸ばす方法。子どもは必ず親の影響を受けて育つ

ホリエモン実験進行中★準備万端なんて存在しない。好きなことを仕事にした人のブログ

斎藤一人『変な人の書いた世の中のしくみ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

shoubecchi

子育て、仕事、趣味。どれもあきらめたくない。ホリエモンの本に出逢い、本音で生きること決め、退職を決意。新しい生き方を考え、日々バージョンアップしていきたい。アラフォー母の挑戦の日々をアップしていきます。1980年生まれ。5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らし。岡山県在住。趣味はゴスペル、アカペラ、読書。子育てを中心に、岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。大学を卒業後、国家公務員として会計や健康保険、年金関係の事務に従事するも、まさかの社会保険庁解体を機に教員採用試験を受け、小学校教員に転職。2016年7月に退職。現在公民館講座として幼児向け英語講座FUN!MUSIC!!およびSoja Gospelを立ち上げ、奮闘中。