あぁ、失敗。後悔だらけのママチャリ選び。ひっくり返してもう大変!

bikke2 photo

Bikke 2 乗ってます。

ママチャリ選び

今から1年半前、もも子の七五三のお祝いに、実家の父と母がママチャリを買ってくれることになった。もも子は学区外申請で今の幼稚園に通っているので、歩くと結構距離がある。車は一台しかないし、基本的に幼稚園は徒歩か自転車の規則だ。ってことは、「ママチャリ、いるよね。」ってことで買うことになった。

最近のママチャリはすごい。見た目もすごいけど種類もめっちゃあって、はっきり言ってよくわからない。しかも、もも子と、当時赤ん坊だったうめ子を乗せて三人で乗るなんて怖すぎる!!と思っていた。

まだ幼稚園入学前だったので、周りを参考にするにしてもあまりママチャリに乗っている人がいなかった。仕方がないのでネットで調べ、とにかく電動自転車と電動でないタイプとあることが分かった。電動タイプは基本的に10万覚悟だ。第3の乗り物とか言われてる分、楽らしいのは分かった。

高いな。こげばいいじゃん、運動不足解消にもなるし。バッテリー交換で何年後かに、また費用が掛かるというのがかなりネックだった。充電を忘れると重くて悲惨らしい。

結局電動は主に経済面から最初から排除して考えることにした。子乗せに適合した普通の自転車にOGKの子乗せ部分を付けるか、電動でないタイプで探すことにした。いくらネットで見てもよくわからないので、地元の自転車屋に直接行ってみることにした。

店員さんを捕まえて、子乗せ自転車を探していて、何がいいのかわからないので教えてほしいと相談した。

子乗せ自転車選びのポイント BY 自転車屋さん

  1. 子育てに特化した自転車の方が安定感があること。
  2. 子どもの乗り心地がいいこと。
  3. タイヤの幅が広い方が道路と摩擦が多いので、こけにくいこと。
  4. 子どもの乗せ降ろしの際にふらつくと危ないので、前ハンドルを固定するレバーは必須なこと。
  5. スタンドが踏み込めば簡単に立てれること。
  6. 変速切り替えがあれば、走り始めに安心感があること。

とにかくいろいろ試乗してみた。車輪が細いのは普通の自転車を乗っている感じに似ているけれど、安定が悪かった。安定感でいえば、タイヤが小さいかつ太くて車高が低いものがいいとのことで、試乗してみた。もも子を乗せて走ってみて、一番しっくり来たので車輪が小さくて太いタイプで探すことにした。

二人目の座席を自転車のかごの位置に最初から乗せるように設計されている自転車はやたら車長が長い。(参考 YAMAHA PAS)なんだかものものしいので気になった。あんまり長いのは嫌だっていったら、店員さんが現物はないけど、Bikke 2を勧めてきた。二人目を乗せる部分も後付けできるし、前かごもあり、見た目もかわいかった。(ちなみに、うめ子の首が座り、安定するまでは二人目の椅子はつけずに、エルゴの前抱きで通った。)

カタログを持ち帰って検討。結局Bikke 2を購入することにした。

普通が一番!!

結論から言うと、普通の自転車に、OGKをつければよかった。

確かに安定感はある。もも子とうめ子の乗り心地もよさげだ。見た目も可愛い。

でも、はっきり言って、重い!疲れる!! → 失敗!!!

安全に配慮されてる分、作りがやたら頑丈。向かい風だと、しんどくて止まりそうになる。体調悪い時なんてもう、ギブって言いたくなる。死にそう。降りて歩きたくなる。考えてみれば、母・もも子・うめ子、プラス自転車の車体分で、合計100キロくらいを自力で運んでいる。幼稚園につくまで10分もかからないのに、とにかく疲れる。子乗せ部分もシートベルトがやたら丁寧で、乗せ降ろしにも時間がかかる

幼稚園に通い出してから周りを見渡せば、ベテランママさん普通の自転車にOGKをくっつけて軽々と乗っていらっしゃる。見るからに楽そう。おばあちゃんは、「こんな自転車、あたしゃよう乗らんわ!乗車を拒否おばあちゃんに頼む可能性がある人は、ごく普通の自転車をおすすめします。電動なら楽だったのかもしれないけれど、よっぽど坂道でない限り、そこまで費用をかけるのもなんだと思うしね。

あぁ、悲惨。参観日で子どもごとひっくり返す!

参観日の帰り、その日はやたら荷物が多く自転車置き場もツメツメだった。子を二人乗せると荷物の置き場に困る。何とかもも子とうめ子、荷物を乗せて自転車をバックで出そうとした。

ヤバイ!!

足を踏ん張る場所が確保できず、なすすべもなくひっくり返った

もぉ、すべてがスローモーション

自分だけ無傷で立っている。泣きわめくもも子とうめ子騒然とするママさんと先生たち。頭、真っ白。

とにかく自転車から子どもを出そうとするけど二人乗っててひっくり返ってるから、びくともしない。重すぎて持ち上げられない。結局男の先生(今のもも子の担任の先生)が助けてくださった。先生方が集まってくださり、もも子とうめ子の手当てをしてくれた。幸い、頭は打ったけれど、たいしたことなく無事だった。

ショックで泣いてしまった。子供を危険な目に合わせたし、恥ずかしいし、情けないったらありゃしない。

「大丈夫よ、みんな一回は転がしとるから!」先輩ママさんが慰めてくださった。当時の担任の先生が近くまで送ってくださった。優しくてまた涙が出た。

それ以来、自転車に乗るのが怖くなり、よっぽどでない限り乗らなくなった。

旦那はよく乗せて魚とりに連れて行ってくれるけれど。男性にはいいかもね。

ママには向いてない。あたしゃつくづく、そう思ったよ。

Bikke 2 ヘルメット

※子どものヘルメットは必須だよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

shoubecchi

子育て、仕事、趣味。どれもあきらめたくない。ホリエモンの本に出逢い、本音で生きること決め、退職を決意。新しい生き方を考え、日々バージョンアップしていきたい。アラフォー母の挑戦の日々をアップしていきます。1980年生まれ。5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らし。岡山県在住。趣味はゴスペル、アカペラ、読書。子育てを中心に、岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。大学を卒業後、国家公務員として会計や健康保険、年金関係の事務に従事するも、まさかの社会保険庁解体を機に教員採用試験を受け、小学校教員に転職。2016年7月に退職。現在公民館講座として幼児向け英語講座FUN!MUSIC!!およびSoja Gospelを立ち上げ、奮闘中。