第3弾 小さい子でも安心!子どもとおでかけおすすめスポット in 岡山 池田動物園 

池田動物園コラージュ

スポンサーリンク




岡山ママブロガーの、マイコです。

子どもとお出かけするのにちょうどいい、お出かけスポットを紹介しています。

 

池田動物園

池田動物園園内MAP

岡山唯一の動物園:岡山市内にある池田動物園に遊びに行きました。

 

岡山インターからは車で15分くらいです。

JRだと岡山駅西口からバスかタクシーに乗らないと徒歩では無理です。

 

動物の数はそんなに多くないけれど、エサやり体験ふれあいコーナーがあるので、小学生低学年くらいまでは十分に楽します。

特に、ホワイト?ライオンのエサやりは迫力があってオススメです。

馬肉を串に刺してライオンの口元まで持っていくことができます。

興奮したライオンの毛が飛んでくるくらい近くです。

ライオンのえさやり

3歳のもも子とライオンのエサやり

 

動物園は山沿いにあって坂だらけです。

傾斜がきついところがあるので、歩きやすい靴で行くのをおすすめします。

 

トイレにチャイルドシートがありません。

まだ一人で待てなくらい小さい子供と行くときには、お母さん一人だと自分がトイレに行けなくてキツイです。

大人二人以上で出かけたほうがいいです。

おむつは、プレハブの授乳室があるので、そこで替えれます。

 

きつい坂道

きつい傾斜の坂道

 

楽しいふれあいコーナー

ひよこをつかむうめ子

 

お目当てはいつもふれあいコーナーです。

ひよこ、モルモット、鶏、ウサギが放し飼いになっています。

隣にはヤギ、ヒツジ、ロバがいて、顔をのぞけてきます。

 

やぎ

 

ひよこモルモットの抱っこができるので、いつもそれを楽しみにしています。

時間が決まっていて、朝は10時15分から

昼休憩があって、

午後は13時15分からまた再開されます。

 

もも子とモルモット

小さいころからこのコーナーのためだけによく通っていました。

ひよこから離れないので結局山の上まで上がらずに下の方だけで楽しんで帰ることが多かったです。

 

ももこガイド

柴犬ともも子ガイド

アカミミガメエゾヒグマにエサをやり、トラ、ホワイトライオン、サルどもに挨拶して、一通り見て回ることに。

※動物のエサはいろんな動物の前にあるけれど、数に限りがあるので、あげたい人はお早めに!

 

エサ槍コラージュ

羽を広げたクジャクに喜び、カビパラの横にある立派な檻に入った柴犬を見て、フラミンゴをスルーし、山沿いのきつい坂道を上がっていくと、フクロウたちがいます。

次女は、やたらフクロウに感動していました。

お母さんは疲れてフゥフゥ言いながらミーヤキャットのコーナーへ。

 

アグレッシブなミーヤキャット

めちゃくちゃいっぱいいます。

赤ちゃんまでいてかわいい!

しかし、やたらと走り回って喧嘩しています。

よく見ると、どう見てもオスがメスを追い回している!

もう、ひっちゃかめっちゃか、大騒ぎw

もしかして発情期!?こんなにアグレッシブなミーヤキャット、初めて見ましたww

 

「なにしょん!?」って無邪気に聞かれて、コメントに困りながらプレーリードックを見て、「かわいいかわいい!!」とか言いながら、レッサーパンダのコーナーへ。

 

レッサーパンダ

この辺りは動物の骨の展示場や、洞穴があったりして、やたら物々しい雰囲気です。

鹿にせんべいをあげ、やらハイエナやら見て回って、ダルダルライオンを横目にメダカナマズで騒ぎ、途中の機関車の中で遊び、元のふれあいコーナーへ。

結構な運動量です。

おなかペコペコになったのでお弁当TIME。

機関車で遊ぶ

 

食堂はあるけれど、今回は持参したお弁当を外の休憩スペースで食べました。

もう一回ふれあいコーナーへ立ち寄ってひよこモルモットを抱っこし、最後にキリンを見て、それぞれお気に入りのぬいぐるみを買って帰りました。

 

キリンになりきるうめ子

キリンになりきるうめ子

 

暑くなる前の梅雨の合間の晴れの日。ほとんど汗もかかず、快適でした。

 

七夕に向けて短冊を書くコーナーや射的、スーパーボールすくい、金魚すくいコーナーも出ていました。

どうぶつが次々死んじゃって、寂しくなっているけれど、岡山にお越しの際は、ぜひ出かけてみてね!!

※夏場は虫よけ必須です!

 

池田動物園コラージュ池田動物園案内池田動物園料金池田動物園お楽しみ池田動物園の動物たち

 

関連記事

関連記事

子どもとお出かけおすすめスポット in 岡山 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください