【幼児向け英語講座】子ども大喜びリトミック即時反応を実践!FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ

こんにちは!

岡山ママブロガーの、マイコです。

好きなことで人の役に立つ!をモットーに、昨年10月に幼児向け英語講座ゴスペル講座を立ち上げ、奮闘しているアラフォーママです。

楽しいぞ!リトミック★

FUN!

春から、リトミック指導者養成校コ―スに通い始めました。

リトミック、本当にすごく面白くて自分がすっかりハマっています(笑)

昨日は幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』のレッスン日でした。

『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』では、2歳半から6歳までの子どもたちが一緒に遊んでいます。

英語と音楽が好きになる。今この瞬間が楽しい!!第1目的にしています。

遊びから学ぶのが一番子どもに身に着くと考えているからです。

英語と音楽の相性は抜群です。実践していく中で確かな手ごたえを感じています。

そんな中、さらに価値を高めたくて、リトミックを導入することにしました。

昨日のレッスンでは、早速、リトミック講習で習ったことを実践してみました。

何事も実践あるのみ!頭で理解しても、指導力を習得するためには、実践回数を重ねるのが一番です。

とにかくやってみることにしました。

運よく昨日のレッスンには、いつも参加してくれない娘が、奇跡的に気が向き、参加してくれていました。

そして、お姉ちゃんのもも子(5歳)が、家でやっていたので、リトミックタイムをリードしてくれました。

図らずも「Good Job!!」だったもも子(5歳)★

1人分かってる子がいるだけで、あっという間に流れができてびっくりしました。次回も送り込もう(笑)

リトミックって何!?

 

リトミックとは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズによって考え出された音楽教育法です。

音楽教育は、人間の心とからだの発達段階を考慮して行うべきだという考えから、1902年に創案され、1905年から100ヵ国国以上で実践されています。

リトミックは、音楽と動きの関係で成り立っています。からだを動かす経験を通して、「音楽がこうだから、からだがこうなる。」というように、音楽を感じ取っていくのがリトミック教育法です。

音楽は、以下の3つの要素でできています。

  1. ビート
  2. リズム
  3. メロディ

さらに細かい構成要素としてテンポ、強弱、音調などあります。これを一つ一つバラバラにして学びます。

リトミックの動きの基本は、歩くことです。歩くことは、一番単純な全身運動です。上体、首上、手の動き、すべてバランスをとってないと歩けません。人は自然にバランスをとって歩行しています。

リトミックの歩き方は、普通の歩行と違い、以下の点を意識します。

  • つま先から足をおろす。
  • ヒザを柔らかく曲げて、膝を伸ばしていきます。
  • そして重心(丹田:おへその下あたり)を前へ動かします。

なぜ、そうするのか。それは、

  1. Time(時間)
  2. Space(空間)
  3. Energy(エネルギー:カロリー消費量)

を感じるためです。

テンポが遅ければ、スペースは広くて、エネルギーは強い。

テンポが速ければ、スペースは狭くて、エネルギーは弱い。

その始まりをハッキリつかむため、また、スペースとエネルギーを体全体で感じるためにつま先から着地し、歩き始めます。

などなど、ちょっと小難しい話になると専門的なことになるのでこのくらいにしますが、音楽と動きの関係を本当によく研究してあって、すごいなぁ!おもしろいなぁ!と知るたびにワクワクします。

リトミックの即時反応

昨日のレッスンでは、即時反応という指導を行いました。

駆け足したくなるようなメロディーのピアノを弾きながら、子どもたちを走らせます。

優しく走るように言いました。思いっきり走ると危ないので…。

何の説明もなしに、急に、低い音ドン!!低音を響かせます。

これは、座れ合図です。

ほとんどみんな座ってるじゃん!!ビックリ★

驚いたことに、何にも説明してないのに、3分の2以上の子どもが座っているんです(笑)

マイコ
なんで分かったの!

どうやらこれがもも子効果っぽかったです。一人が反応すると、後の子は即座にそれに倣うんですね。面白かったです。

何回か繰り返して、これに慣れてきたら、今度は高い音トゥルン!!と入れます。

これは、ジャンプの合図です。

しばらくこれに慣れさせたら、今度は低い音と高い音をミックスしていきます。

子どもたち、大喜び(笑)指導している方も盛り上がってきました★

さらにもう一つ、音楽が止まったら、動きストップ、息もストップ(笑)を差し込みます。

こうなってくると、3つの合図をランダムに入れていくのでかなり混乱する子続出!!

でも、初めてにしては上出来★子どもの反応力はすごいですね…。

とにかく、楽しい!そして、音をしっかり聴くので、集中力が付きます。

リトミックが脳にいいのはやってみたら即納得です。

音に反応すること、動くこと、集中すること、この3つが重なり合うことでとても脳を使ってる感がめっちゃ実感できます。毎回リトミック講習後は、疲労感があります。

今回は1回目だったのでしませんでしたが、これにさらにお友だちとの活動(例:向かい合って手合わせする)などを入れていくので、人間教育的にも効果があります。

馴れて来たらもっと反応も良くなるし、歩き方の指導も入れていきたいと思います。

ホントに面白いんですよ!!リトミック★そして、子ども大喜びです。

大人がやっても楽しいですよ!

来年、うめ子が幼稚園に慣れたら、リトミック専門教室も始めたいな。

現段階ではFUN!MUSIC!!でゲーム的に差し込んでいこうと思っています。

ご興味のある方は、是非、『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』体験レッスンにお越しください。

先着順でご案内しています。(現在4名空きがあります。)

FUN!MUSIC!!ホームページ

関連記事

父の日イベントFUN!MUSIC!!

イースターパーティーFUN!MUSIC!!

ABOUTこの記事をかいた人

子育てと仕事の最適バランスを求め、 正規小学校教員を退職。 教員の経験と歌の才能を活かし、 平成28年10月、自力で幼児向け英語講座『FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ』、 同年12月にゴスペル講座を立ち上げ、奮闘中。 さらに、リトミック講座の開設を目指してリトミック指導者養成講座に通っています。 1980年生まれ。 5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らしのアラフォーママ。 岡山県在住。 趣味はゴスペル、アカペラ、読書。 子育てを中心に、 岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。 ホリエモン・本田健さん大好きです。 自己啓発セミナーにも複数回参加し、 『好きなことで人の役に立つ!』をモットーに、 ライフワークでライスも食べれるようになることを目指しています。 斎藤一人さんを初め、 スピリチュアルな話も大好きです。 子育てをしながら、 一人の女性としても自分の世界を持っていたい。 平成28年5月からブログにも本気で取り組んでいます!