マニュアルを求めず、自分で考える。




岡山ママブロガーのマイコです。

自分の才能を生かして仕事にするというチャレンジをしています。

学んだことをメモしています。

経験知を授ける

経験知
一生をかけて、もしくは、その人の研究や実体験に基づく経験を通して学んだことを授けていただくこと。

その言葉にはすべて真実があふれています。

先日、仕事の打ち合わせ中に、経験知を授けるという言葉が出ました。

指導者心得

マニュアルに頼ろうと思ったら、先生に絶対それはダメだと言われたよ。

自分の経験して学んだこと、身に着けてきたことを教えないといけない。そうじゃないと本当の指導じゃない。

いつも、そう諭されんよ。

マニュアルがあると、「これをしとけば一応身につくことが保証されていて、大丈夫だ。」と指導している側に安心感があるよね。

だけど、本に書いてあるようなことは誰かの知識であって、それは自分が経験し、学んだことじゃない。

本当にその通りだと思いました。

こんな素晴らしい信念のもとに指導してくださっている先生に出逢い、こんな風に価値観を共有できる人と仕事ができることに、改めて感謝の想いでいっぱいになりました。

経験知を授ける。

このことを、忘れないでいたいと思います。

実践を重ね、一回一回、また新たな経験を創造していく。

指導者は教えながら、もう一度学ぶ。

自分が今までやってきて、確信を持てたこと、効果を実感していること、方法、知識、感情。

それを伝えていきたいな。

完璧な答えなんてないから、自分で考えないといけない。

「考える」って、きっと、そういうこと。

 

何か新しい事を始める時、スタートを切るのは一人でも、協力者がいてくれたら心強いですね。

そのジャンルの先輩は、圧倒的な経験をもとに言葉をかけ、はっきり言ってくれます。

誰かにとって、私もそんな人になりたいな。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください