SOSŪプロジェクト第6話 なおさんの涙。あなたはどうありたいか。

こんにちは。

岡山ママブロガーの、マイコです。

 

今日はあったかいですね…。

嬉しい。

 

桜のつぼみが膨らみ始めました。

 

幼稚園も残すところ、

あと3日。

 

毎日、元気に楽しく通えたことに、

感謝です。

 

空中分解寸前!?SOSŪプロジェクト

プレゼン前の4人

 

この物語は続き物です。

初めての方はこちらからどうぞ。

第1話 え!?市議にプレゼン!?

第2話 なおさんとシンクロ

第3話 結集する仲間たち

第4話 哲学を凝縮せよ

第5話 モンスター現る 覚悟はあるか。

 

プレゼン前日。

 

それぞれの覚悟を問うような、

そんな、深くて鋭い、

本音トークが繰り広げられました。

 

何とも後味の悪いまま、

めぐちゃんマリさんが仕事で帰り、

残ったのは私となおさん。

 

起きる出来事にはすべて意味がある。

今、この二人がここに残った意味

 

話せってこと。

 

神様は全部用意してる。

最近本当に実感していること。

 

本で読んで知ってたけど、本当に現実でいろんなことが起こり始めると、その圧倒的な流れに、ついて行くのがやっと。

 

スピリチュアルが好きだというと、地に足のついていない、フワフワしたイメージを抱かれるかもしれないけれど、その実は全然違う。

 

全てが自己責任。

 

今、何が起きてるのか、

何の確証もないけど、

だいたい分かるようになる。

 

それこそ、

今、何を求められてるのか、

どんなお試しが届いてきてるのか、

メッセージを読み取れるようになる。

 

そして、

そのメッセージはいつも、

自分行動選択権がある。

 

  1. 立ち向かうか
  2. 逃げるか

 

いつだって、この二択が用意されている。

 

どっちを選んでもいい。

自由意思は尊重されてるし、

どっちを選んでも、それが正解。

 

その選択は、

決して強制じゃないけれど、

 

逃げたらその後、

自分がどうなるのか、

それももう分かってしまっている。

 

一時的に逃げたら、結局また繰り返すことを知ってる。

 

もっと長い間、その案件を引きずることになるって分かってる。

 

ブログにもも子に絡めて、

怖れについて書いたとたん、

 

本当に私が、大人バージョンでそれを実行できるか、試されるような出来事がこうして起こる。

 

関連記事 もも子、トイレが怖い。

 

容赦ないな (*´Д`)

グイグイ来るねぇ!(*_*)

 

そんな感じです(笑)

ってことで、なおさんと話すことに。

 

 

なおさんの涙

Embed from Getty Images

 

マイコ
二人とも、引いてるよね…。

なんとなく、こうなる予感はあったんよ…。

二人ともどこまで本気でコミットしてもらえるのかなって、ずっと不安に思ってた。

そこまでのつもりはなかったけど、結果的に私が無理やり巻き込んだ感はいなめないしね…。

なおさん
うん…。そうですねぇ…。

まぁお二人とも、今、一生懸命されてることがおありだからね。

お二人の気持ちは分かります。わざわざこんなことしなくてもってのはね、それは当然ありますよ。

マイコ
うん。それは本当に分かる。

私も今、やりたいことを仕事にしてるし、これからうめ子が幼稚園に入れば、もっと動けるようになって、収入的にも多分上がってくるはずだし。

わざわざこんなことしなくても、十分満足してるっていうか…。

私は何をやってんだ!?みたいな感じはずっとどこかにあって…。

なおさん
ええ。分かります。ホントそうですよね。

わざわざ背負うリスクっていうか、やりがいはもちろんあるんでしょうけど…。

今のままでも十分なのに、プラスより、リスクになるっていうのは、否めないですよね。

マイコ
そう!そうなんよ。

SOSŪをホントにするってのは、リスクの方が大きいんだよね…。

こういうことやってる方って、すごいなって何となく思ってたけど、本当にスゴイよね。

こんな状況になってみて、ホントよく分かるけど、勇気があるよね…。

なおさん
うちの旦那が言ってました。

こういのはね、だいたい一人減り、二人減りってなって、結局一人になるパターンが多いんよ。って…。

マイコ
うん。まさに今、その危機だよね。

これが始まってからね、ずっとどこかにね、お前に本当に覚悟があるのかって問われてるって気がしてるの。

こういうこと進めていくときは、たった一人になっても、それを実現しようとし続けるだけの想いがないと、絶対に途中でダメになるっていうじゃん。

いつか試される時がくるってね、分かってたんだ。

そこに向き合うのはさ、何となく怖いから、そこはあんまり見ないように進んでたんだけどね。

ほんと、容赦ないよね。

なおさん
今日出たようなリスクの話。

それを分かっててもできるかってことですよね。

この先どうなるのかわからないけど、私はこれがどうなっても、例えもし実現できなかっても、この時間が持てたってことがね、すごく意味があった。

 

泣き始めるなおさん…。

 

なおさんはずっと倉敷に住んでいて、昨年、総社に越してきたばかり。

 

旦那様はすごく忙しい方で、ほとんど家にいない。

 

いつも、「うちは母子家庭ですから、」って笑いながら言っているなおさん。

一人でやんちゃ盛りの3人の子どもたちを育て、旦那さんの仕事の裏方事務をしている。

近くに頼れる場所もない。

 

なおさん
ごめんなさいね、こんな、泣いちゃって…。

最近、私、ちょっとね、おかしかったんですよ。ホント…。

引っ越して途中から入ったから、皆さんみたいに幼稚園にも友達がいないんです。いつも3女を背負って、疲れ果てて半分寝てたような状態もあったしね(笑)

ずっと子育てばっかしてて…。毎日毎日それの繰り返しで…。

 

だけど、皆さんと知り合いになれて、こうやってSOSŪのことやり始めてね、総社がね、初めて楽しくなったんですよ。

今までホントにね、病んでたんです。

 

マイコ
なおさん、ホントに一人でよく頑張ってますよね。

私の友達にもいるんです。一人ですごく頑張ってる人が。

私なんて実家も旦那も協力的で、すごく恵まれたイージーモードな環境で子育てさせてもらってるけど、本当に頼れない人は、仕方ないから、しなきゃしょうがなくて、本当に一人で頑張ってますよね。

そりゃぁもう、大変だと思います。

結構いますよね、そういうお母さん。

なおさん
いますいます。ホントにね…。

まず旦那と話せって、それしなきゃいけないんでしょうけどね(笑)まぁ、言っても無理って分かってるし。

 

なおさんのように、ハード型育児を頑張っているお母さんは、本当にたくさんいる。

だいすけお兄さんの歌が炎上したのも、当然の結果だと思う。

 

マイコ
本当にね、息抜きって必要なんですよ。

第2の居場所っていうか、遊びの部分がないと、ホントに病んじゃうと思います。女性だけでなく、男性もね。

 

だから、やっぱりSOSŪって価値、ありますよね?

本当に実現して、そんな場所になれたら、すごくそれは社会的に見て、いいことですよね。

 

こういう時ってね、これが本当にいい事なら、絶対にうまく進んでいくんだと思うんです。

自然と道が開けてくるはず。

 

私はスピリチュアル好きだから、なんか嫌だったらごめんね、傲慢とかそういうんじゃなくて…。

もしこれが神様的に見て、本当に善のことなら、いろんなことが起こって、多分うまくいくって思ってるんです。

宇宙銀行とか、よく言うじゃないですか。

そうじゃないなら、空中分解して終わると思う。

 

どうなってもそれはいいんですよ。結果はいつも正しい。

どうなってもいいって言ったら、語弊があるかもしれないけど、全部勉強。

必要だから学んでる。そう思ってるんです。

 

そうはいっても、覚悟ですよね。

めぐちゃんもマリさんも、私にその覚悟がまだ固まってないのを見抜いていて、そこを言ってるんだと思う。

 

ごまかしがきく二人じゃないから。

いつだって本質を見てる。

 

弱いですよね…。私。

自分にその危うさがあるの、分かってるんです。

今こうなってるのも、当然の結果。

 

ここからどうするかですよね…。

なおさん
昨日行った講演会の講師の人にね、私、聞いたんですよ。

何でそんなことができるんですか、ってね。

そしたら、周りがどうだとか、人のためにどうだとか、そういう問題じゃないんだって。

自分がどうありたいか。なんです。って言われちゃって。

私、それ聞いて、もぉ、涙が止まらなくなって。

 

自分がどうありたいか。

Embed from Getty Images

 

自分がどうありたいか。

人としての、在り方の問題…。

 

すごい言葉…。

 

この言葉に出逢えて、

SOSŪは息を吹き返した。

 

 

その日の夜の実際のLINE。

私のLINE。なおっさん⇒プレゼン後、おっさんはやめようってことで、なおさんに変更w

私のLINE

マリさんのLINE

マリさんのLINE

めぐちゃんのLINE

めぐちゃんのLINE

めぐちゃん⇒私のLINE

私のLINE

なおさんのLINE まさかのまちゃん(笑)マイコですw

なおさんのLINE

なおさん、長文過ぎて別枠(笑)初めてこんなLINEの機能を知る。

めぐちゃんのLINE

マリさんのLINE

 

マイコ的まとめ

未来も、過去もどうしようもない。

いつだって、「今」の連続。

働きかけれるのは「今」しかない。

 

愛か、怖れか。

 

人生はいつだって、

選択の連続

 

選ぶのは自分。

 

SOSŪは誰にも強制しない

否定もしない。

 

それぞれの在り方を追究すればいい。

 

目指すものは、みんな違う。

いろんな価値観を認め合うこと。

 

自由意思による選択。

自分の意志でまとまった集団は、

きっと、強い。

 

SOSŪ実現に向け、

ギリギリで4人の覚悟が

決まりました。

 

そして、夜が明け、

やってきたプレゼン当日

 

続きは第7話。

市議にプレゼン!譲れない想い(執筆中)

 

なおさんが講演会で話した西野さんのHP

なおさんが参加した講演会