リトミックって何!?リトミック教室に見学に行ったよ。

イベントの様子コラージュ

こんばんは。無印良品のパイル地パジャマが大好きな、Maikoです。(ちなみにうめ子のお気に入りで、寝る前に必ず引っ張るので、首もとヨレヨレです。)

リトミック!?

今日は、知り合いの方がやっている、リトミック教室の見学に行ってきた。

なんとなく知ってはいても、詳しいことは何にも知らないリトミック。

調べてみると、だいぶ昔からあるかなり体系化された学問の1ジャンルらしい。

講座を始めるにあたり、自分のやってる内容に、リトミックという言葉を使っていいものやら分からなかった。

イベント後、友達がほかの人に紹介してくれる時、「英語のリトミック」って紹介してくれているらしい。

そう呼んでもらっていいものかどうか、よく分からないので、本格的に調べてみることにした。

一緒に講座をしてくれる友達の紹介で、ゴスペルつながりの知り合いの方のリトミック教室へ行ってきた。

リトミック教室見学

岡山市の公民館で、就学前の子どもたちに隔週でリトミックを教えている。

3歳以下クラスと、4.5歳クラスと一時間ずつ行っている。

もも子とうめ子を引き連れて中に入ると、広い畳の間で円になり、楽しそうに子どもたちが音楽で遊んでいる。

活動の流れ

あいさつの歌

輪になって音に反応して方向転換しながら、飛んだり跳ねたりして走る

ウサギや蛇などの曲があって、その音に合わせて帽子や手袋をつけて動く

楽器あてゲーム(目をつむって音を聞き、その楽器の名前を答える。)

音符カードのリズムに合わせ、「タン、うん、タン、うん…」と口で言いながらリズムで手をたたく

親子手遊び歌

今月の歌を歌う

絵合わせゲーム

お別れの歌

シール貼りと希望者はキーボードで音階を弾く

だいたい以上のような流れで活動していた。

もも子もうめ子も大喜びで参加した。楽器を触れたのも嬉しいし、輪になって走りながら方向やスピードが変わっていくのが楽しかったらしい。

先生に質問タイム

もうかれこれ10年近くこの講座をされているとのこと。スゴイ!

対象としているのは、バリバリに音楽家にしたいんです!!っていう子供ではなく、もう少しゆる~い感じで、音楽を楽しむことを目的にされている子どもたち向けにプログラムを組んでいるそうだ。その点は、私の講座と同じだと思った。

音楽の要素をどう混ぜ込んでいけばいいのか困っていたので、今日の見学はすごく参考になった。

講座の後、聞いてみたいことをたくさん聞いてみた。

質問タイム

質問1 そもそもリトミックの定義って何ですか!?

ものすごくざっくりいうと、音に合わせて動く、即時反応を含む活動をリトミックと呼ぶらしい。

講座でやるつもりの活動を説明したら、音に合わせて動く活動だから、リトミックと呼んでもいい内容とのこと。

質問2 リトミックと銘打つには、資格みたいなものが必須ですか?

特に必要ないらしい。

リトミック協会というのがあり、指導員の養成講座もあるらしいけど、その会員向けの会報にいろいろ詳しく書いてあるらしいので、貸してくださった。

(たくさんあるのでまだ読めてない。会報に書かれている活動内容は少し高度らしい。本格的に音楽を目指していないような子にそのまま実践してうまくいくかは微妙な活動例みたい。これから勉強しようと思う。)

質問3 まっさらで、字も読めないような子供に、どうやって歌を教えるの!?

歌詞カードを必ず配り、そこに書いてあるに触れて曲のイメージをもたせ、あとは耳で覚えてもらうようにして進めていくそうだ。お母さんが一緒だったりしたら、歌っている場所を歌詞カードの文字をなぞって文字に意識を向けさせているお母さんもいるらしい。

質問4 なぜ隔週にしているのですか?

公民館からの依頼内容が隔週だから。習得という意味からは間違いなく毎週がいいらしい。あとは単発でイベントを行っていたりするらしい。

質問5 月謝はいくらですか?

月額1,000円で、欠席しても返金はなしで設定している。定員は10名で区切っている。

などなど、いろいろ率直にわからないことを聞いてみた。一生懸命説明してくださり、本当に勉強になった。

相手は子供なので、毎回反応や元気具合も違って、様子を見ながら活動内容をその場で組み立てていっていること。

指導者とアシスタントと、二人体制がベスト。一人だと子どもに目がいきわたらないことがあること。

注意点ももらったし、今日は本当に勉強になって収穫いっぱいだった。

特にゴスペル講座で使えそうなことがたくさんあったので、ガンガン取り入れていきたいと思う。

あと、講座の話をしていると、「YAMAHAの英語の講座みたいですね。」ってよく言われる。今回も言われた。行ったことないし、見たことないのでどんな内容なのか分からないけど、皆さん曰く、似てるらしい。

もも子と見学を装ってみに行くべきか迷うな。あんまり見ちゃうと自分のやりたいことがそっちに引っ張られてもいけないしな。でも、知っといて損はないし。また行ってみようかな。

ご褒美はアニア(ガチャガチャ)

岡山まで出たのは久しぶりで、そのまま帰るのは何だかもったいない。もも子とうめ子も最近は仕事につき合わせてばかりだし、何かご褒美をあげようと思った。

おなかがすいたので虎屋でラーメンを食べて満足(お子様セット、ラーメンとゼリー、リンゴジュース、おもちゃ付きで280円だった!!!)した後、イトーヨーカドーのディズニーストアへ寄って帰った。(本当はイオンに行きたかったけど、もも子とうめ子を引き連れて歩くことを想像しただけで無理だった。)

せっかくのディズニーストア。うめ子はやたらと高い大きなクマの着せ替えぬいぐるみを欲しがり、もも子は「なにもかも可愛すぎて何にもいらない。」と言い放ち、結局店の雰囲気だけ楽しんで、アニアのガチャガチャがご褒美になった(笑)

しかも、もも子がやって、出てきたの、ワニ! 母的には微妙…。

すぐとれるけど、一応お口が動く。

うめ子はパンダだった。

もも子はカッコいいもの好きだから、以外にもワニで満足していた。ディズニーを蹴り、ワニで喜ぶとは…。

うめ子はなんでも喜ぶお年頃。安くついてよかった。

しかし、このアニアのガチャガチャ、一回300円。もも子とうめ子で600円。

お金は本当にすぐに飛んでいく。そして自力で稼ぐのは大変だ。

今日行ったリトミック教室も私の講座も一回の料金に換算すると500円。

何に価値を置くかだよね。ホント。

改めてお金の使い方。商品の価値について考えさせられる帰り道でした。

FUN!MUSIC!!ホームページ

関連記事

アラフォーママのラストチャレンジ 講座を開講します!

一歩踏み出せば何とかなる!イベント成功

英語の歌で遊んで子どものコミュニケーション能力を高めよう!イベント前日準備

音楽教室を開くためにやった、10のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

shoubecchi

子育て、仕事、趣味。どれもあきらめたくない。ホリエモンの本に出逢い、本音で生きること決め、退職を決意。新しい生き方を考え、日々バージョンアップしていきたい。アラフォー母の挑戦の日々をアップしていきます。1980年生まれ。5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らし。岡山県在住。趣味はゴスペル、アカペラ、読書。子育てを中心に、岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。大学を卒業後、国家公務員として会計や健康保険、年金関係の事務に従事するも、まさかの社会保険庁解体を機に教員採用試験を受け、小学校教員に転職。2016年7月に退職。現在公民館講座として幼児向け英語講座FUN!MUSIC!!およびSoja Gospelを立ち上げ、奮闘中。