「Begin Again はじまりのうた」秋の夜長におすすめの映画

NY


こんばんは★

久しぶりに風邪で完全に喉をつぶしてしまったMaikoです。

土曜日、辞めとけばいいのにゴスペルに行って歌ってしまった。

効果てきめんで夕方から完全に声が出なくなった。

久々に失った声。

いらないこと言わなくなるからたまにはいいのかもしれない。

秋休み

今週は木曜日が祝日のため、仕事がお休み。

声も出ないし、秋休み気分でTUTAYAにいってDVDを借りてきた。

本と一緒で、DVDもインスピレーションで選ぶ。

今回はたまたまだけど、NYが舞台の映画を二本借りて帰った。

Begin Again はじまりのうた

アマゾンのSTORY紹介からコピペ

≪ニューヨークの街角を録音スタジオに! ?≫
ミュージシャンの彼デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。
偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)との出会いがデビューの話しへと発展するが、
録音スタジオは、なんとニューヨークの街角!?!?
路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。
そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。

音楽は何気ない日常の風景を真珠に変える。

一番印象に残ったセリフ。

NYに音楽を聴きに行きたくなった。

現実にはもちろんそんなことできるわけないけど。

映画を観て一番好きな感覚は、別世界に一瞬飛べる感覚。

想像の世界は無限で自由。

日常を抜け出してNYに一瞬飛べた気がした。

映画だって実話でない限り、誰かが考えた創造の世界だ。

頭の中で考えたことが映像になって感動を生み出す。

音楽も映画も、創造できるひとってホントにすごいと思う。

すごくいい映画だった。

結局月並みなコメントしかできないけど。

音楽がとても素晴らしいし、ストーリーも奥深い。

NYの街中でのレコーディングのシーンは本当に素晴らしい。(←うまく表現する言葉が見つからない。)

どうしようもないことは自然に任せるのが一番。

先回りして考えたって、結局その通りにはならない。

Begin Again 

どんな結果になっても、新しい始まりが必ずある。

「どうしたいかは自分たちが決める。」

二本の映画に共通して出てきたセリフ。

相反するようで一致する。

秋の夜長におすすめの一本だよ。

サントラ買おうかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください