見直しと手放しの一ヶ月。【6月】マイコ的気づき

こんばんは!

岡山ママブロガーの、マイコです。

 

7月になりましたね!

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、最近、やたらと忙しく過ごしています。

 

SOSU(素数)、子育て、英語、ゴスペル、リトミック、ブログ。

 

梅雨で遊ぼうリトミックレッスンの様子

 

本当に毎日、色んな理由で、色んな人に会い、色んな話をしています。

あらゆることが、不思議なくらい一気に、見直しの時期を迎えていました。

 

嬉しい再会がありました。

頼もしい、アドバイスもいただきました。

 

やりたかったことが、実現しました。

 

最後の記念写真

 

仲間との、すれ違いもありました。

 

すばらしい映画に出会い、感銘を受け、

家族との関わり方を、見直す機会ももらいました。

 

 

沢山の人に助けられ、この一ヶ月、何も予定がない日が、ほとんどありませんでした。

 

いろいろ感じたこと、学んだことを、自分用の記録として、書きとめておこうと思います。

 

今日は、まとめようとして書いていないので、読みにくい文章なことを、先に、謝っておきます☆

(え?いつもそうだって!?)ごめんなさいw

 

 

 

家族・友だち・仕事と私

Embed from Getty Images

 

旦那は宿直やら補講やら、仕事が忙しくて不在の日が多く、おまけに、普段頼りまくっている、実家の母も、兄夫婦の出産で、東京へ手伝いに行き、不在。

 

子どもと一緒に、時間をなんとかやりくりしながら、あっという間に、6月が過ぎ去りました。

 

母がいないことで、父のお世話をする機会をいただきました。

普段、あまり意識していなかったけれど、ささやかでも、父に親孝行できる機会をいただけて、ありがたいなぁと思いました。

 

運動会の写真

 

父も、本当に嬉しそうに我が家を訪れ、夕飯を楽しんで、帰ってくれます。

ただそれだけで、この時間をもつことができて、幸せだと思いました。

 

旦那は、仕事が忙しい中、朝早く出勤し、周りの目が気になるだろうに、残業は最低限に抑え、できるだけ早めに帰ってきてくれます。

真面目な性格なので、少し、心配です。

 

子どもは、子どもで、学校や幼稚園に喜んで通い、元気にすごしてくれています。

忙しい母が、子どもの目にどう写っているのか、目線を子どもに切り替えて、優先順位をしっかりたてないといけないと思いました。

 

事情を知っているママ友が、『忙しくて困ったら、本当にいつでも言ってね!預かるよ!』って、声をかけてくれました。

そんなふうに言ってくれる友だちがいて、本当に幸せだと思いました。

 

 

仕事のことで、相談をお願いしたら、お忙しい中、時間を作ってくださり、本当に親身になって、大切なことを惜しまず、教えてくださいました。

 

人との距離感と、自分をたいせつにするということ

Embed from Getty Images

 

人と、どう過ごすのか。

誰と、何がしたいのか。

優先順位は?

自分は、何を大切にしているのか。

 

この一ヶ月間で、たくさんの人と話し、新しい自分に出会い、自分というものが、また、はっきりしました。

 

いろいろなことが、少しずつ軌道に乗ってきた反面、多方面から声がかかるようになり、自分がしっかりしていないと、妙なことになる危険性を感じるできごともありました。

 

そして、学んだことがあります。

 

人の本音は、行動に現れること。

言葉ではなく、行動がすべてを語る。

 

自分がその立場になって初めて、過去の自分の行動の恥ずかしさにも、気が付きました。

過去は変えられないので、今から、同じ過ちを繰り返さないようにしようと思いました。

 

人は、本当にやりたいことをしているときでないと、真の力を発揮できないということ。

人の役にも、たてないということ。

 

今、苦しいということは、自分自信をを否定しているということ。

ただ、ればいいわけでも、我慢すればいいというわけでもない。

 

そして、自分を殺してまで、相手を優先させるのは、絶対に、間違っているということ。

 

波風が立っても、伝えるべきことは、伝えること。

結果は、すべて、引き受けること。

 

人に依存しないこと。

執着しないこと。

 

自分が、本当に意味を見出し、価値があると感じるものに対しては、いくらでも頑張れるし、それが負担になることもない。

 

人に認められる必要も、どこかに所属する必要もない。

 

何のためにこれをするのか、その意味が見いだせないことに、時間だけ取られると、ただただ無意味に消耗するだけ

 

優先順位を考えるために、自分の価値観を、ちゃんと洗い出すこと。

 

一つ一つ、足元をみて、今の自分にできることを、丁寧に、積み重ねること。

日々の暮らしを整えること。

 

マイコ的まとめ

Embed from Getty Images

 

以前読んだ、『モリー先生との火曜日』という本に、こんなフレーズがありました。

 

本文より

こうしてあげたいと、心の底から出てくることをやるんだな。

そうすれば、不満を覚えることはない。

うらやむこともない。

人のものを欲しがることもない。

 

逆に、

こうしてもらいたいと、

心の中へ戻ってくるものには、

押しつぶされてしまう。

なんだか、実感をもって、改めて理解できました。

 

関連記事

『モリー先生との火曜日』

ファミリーイベント『ヘアアレンジ講座』×『巨大シャボン玉』