【西日本豪雨】被災地子育て支援『真夏の雪まつり』活動報告と支援ニーズ

おはようございます。

岡山ママブロガーの、マイコです。

 

『真夏の雪まつり』行ってきました

真夏の雪まつり 雪で遊ぶ子どもたち

 

平成30年8月5日(日)

広島県にある、神石高原ティアガルテン『真夏の雪まつり』へ、総社、真備で被災した子どもたちとそのご家族バスツアーへ行ってきました。

 

人生初の、日帰りバスツアー主催。

一ヶ月前には、自分がこんなことをしているなんて、思いもしませんでした。

 

実は、学生時代に、国内旅行業務取扱主任の資格を取得していました。

こんなふうに役に立つ時が来るとはw

 

人生はつながっていて、本当に何一つ、無駄なんてないんだなぁ…。と、感慨深い思いでした。

 

この一ヶ月で、すっかり生活が変わってしまいました。

 

子育て世代が、今、困っていること

真夏の雪まつり スタッフと遊ぶ子どもたち

 

『真夏の雪まつり』アンケートに、、困っていることも記載していただきました。

 

  • 学校園のことがどうなるのか。
  • 学用品への不安。
  • 送迎への不安
  • 保育園がどうなるのか…。

 

これからお仕事を始めるお母さんもいらっしゃると思います。

 

兄弟がいて、保育園・幼稚園・小学校にまたがって通うご家族もいます。

 

車が2台あるご家庭ばかりではなく、お父さんが仕事に使ったら、自由に使える車がない…。

 

倉敷市教育委員会学事課へ依頼

真夏の雪まつり BBQの様子

 

昨日(平成30年8月6日)、倉敷市教育委員会学事課に早速、電話しました。

 

みなし仮設に入り、真備内の学校園へ通う場合の送迎について。

 

現在、バスルートを検討中とのこと。

幼稚園・保育園などは、今の段階では自力での送迎

 

学用品については、現在、学校が再開してからの、助成金を検討しているとのこと。

金額や最終的にどうなるかは未定だが、金銭面での支援を、現段階では、検討しているそうです。

 

真備内の保育園は、

  • まきびの里保育園
  • まびカナリヤ保育園

 

まきびの里保育園は、2階まで浸水し、今、完全に使えない状態。

真備カナリヤ保育園は、2階部分で小規模保育を再開

 

先生の確保も難しく、完全復旧は、11月以降、もっとずれ込むかも…。とのこと。

 

みなし仮設付近の学校園への転園の相談は、教育委員会保育・幼稚園課へ被災者本人が直接問い合わせか、直接、近くの幼稚園等へ問い合わせればいよいとのことでした。

 

要望内容
  • 車がなくては、自力送迎は不可能なこと。
  • 預かり保育等を活用して、お迎えの時間を合わせてほしいこと。
  • 待機児童がいる中、保育園へ入れるのか不安なこと。
  • 学校園の選択に困っていること。
  • 情報を早く出してほしいこと。

依頼して電話を切りました。

保護者への説明会は、またいろいろな方針が確定次第、実施されるそうです。

 

マイコ的まとめ

 

明後日から、一ヶ月間お休みをもらっていた講座を再開します。

今回の災害で被災した子も、レッスンに来てくれると連絡がありました。

 

目一杯、楽しいレッスンを組み立てて、楽しい時間を創造しようと思います。

久しぶりにみんなに会えるのが、本当に楽しみです。

 

【SOSU(素数)】活動報告記事を書きました。

これからも、SOSUへのあたたかいご支援をよろしくお願い致します。

 

 

関連記事

避難所のトマト 支援者の想い

西日本豪雨発生から10日間

7月17日から7月25日の活動記録

個人ボランティアの役割