2017倉敷音楽祭町並みコンサートY.S.ゴスペルクワイア出演決定★

YSゴスペルクワイア

こんばんは。

今日は春みたいに気持ちのいい天気でしたね。

お天気がいいと、それだけで嬉しい、Maikoです。

今日は土曜日。私の一週間で一番好きな日。

ゴスペル、熱唱してきました。

本当に幸せ。2時間があっという間で、超リフレッシュして帰ってきました。

倉敷音楽祭 町並みコンサート 出演決定

YSゴスペルクワイア

平成29年3月18日(土)14時半から 

Y.S.ゴスペルクワイア

倉敷美観地区内 水上ステージにて

お時間のある方は、是非聴きに来てやってくださいね★

曲目

Kumbaya

I Call You Faithful

Seasons of Love

Always

Oh Happy Day

Amazing

毎年Y.S.ゴスペルクワイアとして倉敷音楽祭の水上ステージで歌わせていただいています。リーダーのKちゃんが強運を発揮して、抽選に毎度当選してくれているおかげさまさまです。

ステージが決まるとがぜんやる気が湧いてくる。今年も頑張るぞ!

熾烈なソロ争い★

ゴスペルコンサート

みんなゴスペルに対する想いがアツくて、今日の練習にもが入りました。

私も複数の曲のソロ名乗りを上げています。

先生は基本スパルタなので、とにかくやると手を挙げたからには自己研鑽で先生の指導にくらいついていきます。ダメだと容赦なく愛のムチで落とされます(笑)

I call you faithful、Seasons of love のソロパートは確定しましたが、AmazingとOh happy dayがまだ決まっていません。

どちらもよきライバルであるKちゃんと切磋琢磨しています。

Kちゃんと私は全然声質も声のタイプも違って、同じ曲を歌っても、全く違う感じに仕上がります。

それがとても面白いし、楽しい。

Oh Happy Dayは、ゴスペル好きな人は全員知っているよな、基本中のの曲です。Kちゃんのソロはめちゃくちゃうまいです。カッコいい。完全に自分のものにしています。

一方私は、今まで何回かトライしてきたけど、いまいちうまく歌えませんでした。

ところが、今日、久しぶりに本格的に歌わせていただいたところ、なんだかものすごく、しっくりきた。自分でも不思議だけど、なんだか一つ、上に進化できた実感があった。

毎日腹筋背筋をしている効果なのか、はたまたゴスペルを教えるというポジションチェンジに挑戦していることで、声に対する視点が変わったおかげか、今まで出せなかった声、歌回しができた実感があった。

もしや、アカペラアプリでマイケルの研究をしているおかげかもしれない。

Acapella from PicPlayPost
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: 無料
 

先生も「いいじゃん!」と言ってくださった!

なんだか、すんごく嬉しかった。

だからと言ってソロが決まったわけじゃないけど、チャレンジ権は持続できたっぽい。

長年歌っていると、本当に突然壁の向こう側にジャンプできる瞬間がある。今までどうやってもできなかったことが、急にフッとできるようになる。

気持ちがいい!!

こんな瞬間があるからやっぱり歌は楽しい。

うまく歌えなくてもやもやしたり、悔しい思いもいっぱいするけど、好きなことを追究するのは本当に楽しい。

指導者になるということ

ゴスペルイベント

先生の指導はいつも的確でためになる。

自分もそんな指導ができるようになりたい。

今日、改めて先生にどうやって指導法を勉強されてきたのか尋ねたら、勉強会にももちろん参加してるけど、何より、経験だ!」っておっしゃられた。「とにかくやりながら感覚をつかんでいくこと。それしかない。」

「指導者はいつも勉強し続けないといけない。何でも答えられるようにならないと。一生勉強。」

指導する側に回って初めて気が付く先生の指導のすばらしさ。奥深さ。何事も視点を変えてみることでまた違った学びがある。

私が先生くらいの年齢になるころには、同じとまではいかなくても、先生レベルの指導ができるようになるようにこれからコツコツ頑張っていこう。一語一句聞き逃さないようにしよう。

そう誓った、土曜日の練習でした。

関連リンク

Y.S.ゴスペルクワイア

Y.S.ゴスペルクワイア YOUTUBEチャンネル

総社ゴスペルHPもよろしくね★

毎週木曜日17時半から18時半まで。

総社市中央公民館 浅尾分館にて

大人から子供まで団員募集中!!

Maiko YOUTUBEチャンネル

関連記事

アカペラアプリでマイケルジャクソン『The Lost Chirdren』9190フォロワー

Y.S.gospel choir クリスマスコンサート2016

「できる」と「教えれる」の壁

経験知をさずけるということ。マニュアルを求めず、自分で考える

アカペラアプリでゴスペル「Lay Down My Burdens」

ゴスペルイベントwith小学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

shoubecchi

子育て、仕事、趣味。どれもあきらめたくない。ホリエモンの本に出逢い、本音で生きること決め、退職を決意。新しい生き方を考え、日々バージョンアップしていきたい。アラフォー母の挑戦の日々をアップしていきます。1980年生まれ。5歳と3歳の娘、旦那の四人暮らし。岡山県在住。趣味はゴスペル、アカペラ、読書。子育てを中心に、岡山県でのリアルな地方育児の情報をアップしていきます。大学を卒業後、国家公務員として会計や健康保険、年金関係の事務に従事するも、まさかの社会保険庁解体を機に教員採用試験を受け、小学校教員に転職。2016年7月に退職。現在公民館講座として幼児向け英語講座FUN!MUSIC!!およびSoja Gospelを立ち上げ、奮闘中。